無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ブレインストーミングで豊かな発想を生み出すテクニック

会議中、「他に何かアイデアはないの・・・?」と言われても、何も思い浮かばなかったり、他の人が考える様なコトばかりが頭に浮んでしまい、焦るコトってありませんか?

こんな時の打開策として、ファシリテーターは、 あるテクニックを使いながら発想を促す様にします。

この方法を続けると、アイデアが少しずつ出はじめ、最終的には思いもよらなかった素晴らしいアイデアが生まれたりすることがあります。

今回は、発想を豊かにするファシリテーターテクニックについてのおはなしです。
ブレインストーミング を行う際も、さらに効果的で効率的になりますよ。

 

『アイデアは質より量で勝負』プラス、時間配分が決め手

ブレインストーミング を行う際には、

  • 自由な発想で、相手のアイデアを否定しない。
  • どんなアイデアでも受け入れる。
  • アイデアの内容より、量で勝負する。
  • 他の人のアイデアを使って、さらに発想を盛り込む。

というルールのもと雰囲気を作りあげ、誰もが思いつかなかったアイデアの発想を促そうとするのが、ファシリテーターのテクニックです。

これは、アイデアを発想するとき、『余計なコトを考えず、発想に集中』させる雰囲気を盛り立てるために必要なルールです。

どうしても、アイデアを出そうとするときには
・誰もが考える一般的なことじゃないかな~
・内容がクールじゃないしな~
・これを言ったらバカにされるのではないかな~
など、自分の意見に対してネガティブな自己評価をする傾向になりがちです。

また、メンバーから発想されたアイデアを耳にする他の参加者も
・そんなふざけたコトをいって(-_-)
・もっと、真剣に考えろ(-_-)
・論理的でないし、因果関係が解らない(-_-)
など、これもネガティブな他己評価をする傾向が表れます。

そこで、発想に関するルールを決めて、極力ポジティブマインドで発想に挑むよう、環境を整えるのが ブレインストーミング です。

 

ブレインストーミング に「発想タイムマネジメント」を取り入れる

発想タイムマネジメントとは、設定された一定時間中はメンバーに対して、発想に向けて粘り強く考え続けてもらうことを指しています。

というのも、私たちの脳は、時間と共に発想力が増すことが実験から解っています。
例えば
①任意の時間を使って発想した場合、前半では1個。後半では2個の発想が生まれる。
②任意の時間を使って発想した場合、前半では4.84個。中盤では5.09個。後半では5.81個といったように、時間と共に発想力が高まる。

つまり、私たちの脳は、時間の経過と共に(時間の経過に比例して)発想力が高まっていくのです。
後は、その時間に集中し続ける『粘り強さ』があれば、どんどんアイデアが湧き上がってくるのです。

だからこそ、発想を持続させるファシリテーションが必要になります。

 

この『粘り強さ』を続けるのには、困難が伴うものです。

そこで、少しでも『粘り強さ』を阻害するストレスを軽くするためにも、 ブレインストーミング のルールを徹底させる必要があるのです。

  • 論理的でクールなアイデアかどうかを考える時間を発想に充てる
  • 発想時間中は、発想に対して集中するよう進める
  • ストレス軽減のために、 ブレインストーミング のルールを活用する

『アイデアは質より量で勝負する』プラス『時間配分』が決め手です。

ブレインストーミング をさらに効果的で効率的に進めるためにも
この3つを理解しながら、発想をファシリテートすると良いでしょう。

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。
等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。
問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍します。

坂田 和則(サカタ カズノリ) 株式会社知識経営研究所マネジメントコンサルティング2部 部長

坂田 和則
対応エリア 全国
所在地 港区麻布十番

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

上司に気づきを促す伝え方/部下の共感を引き出す3つのポイント

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/中小企業診断士)

上司と部下それぞれの伝え方にちょっとしたコツを取り入れて、よりスムーズな意思疎通につなげていくヒントについて 考えていき...

2022/05/18 ID:CA-0004093 技術系企業に特化したダイバーシティ推進PJ