無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

パフォーマンスを自在に操るには、○○するだけ!

さて、今回は私が担当するリーダーシップ研修や、労働安全意識の研修の時に必ずやる「ルーティーン」についておはなしをします。

あなたの行動やパフォーマンスに良い結果が現れますよ。

 

声を出して パフォーマンス アップ!

チョット恥ずかしいかもしれないけど、声を出すことで驚きの効果が!

私たちの脳は、自分の行動を抑制するリミッターの様な機能があり、本来得られるはずのパフォーマンスを下回る結果が多く出てしまうコトが解っています。

これを「リミッター効果」と私は読んでいます。
私たちの脳は、気分が高揚しモチベーションが高まってくると、普段よりも行動が活発になります。
しかし、あまり活発になりすぎると「ケガ」をしたり「筋肉痛」になってしまったり、自分にとって良くない影響が起きてしまう可能性もあるわけです。

脳は、これらの「良くない影響」を予防しようと、リミットスイッチのON・OFFを繰り返しながらモチベーションが高まり過ぎないように行動の制御をしているのです。

とはいえ、ずっと脳の行動抑制を受けていたら、いざという時、力を発揮することができなくなります。
例えば、スポーツのトレーニングや試合中に鋭敏性を高めたいときや、仕事で集中力を高めたいといった時などです。

 

ある意識と行動だけで、リミッターを自在に操れるようになります

このようなときには、ちょっとした意識と行動でリミッターを外してモチベーションを高めることができます。

ポイントは3つです。

  • 自分の大きな声を
  • 自分の耳で聴きながら
  • 全身の筋肉に力を入れる

そこで、これらのポイントを試しながら垂直跳びをするという実験が行われました。

その実験では
①何も言わずに飛ぶパターン
②「ジャンプっ!」と声をだして飛び上がるパターン

を分けて測定すると、②の方が5%も高く飛べるという結果が得られたそうです。

 

この実験から、何かに集中したいとき、『しゅうちゅうっ!!』って声を出してみたり、ちょっと重い物をもあげるときも『よいしょっ!』と声を出してみることで、パフォーマンスを高めることができることが解っています。

でも、リミッターを外すたびに声を出すことは、恥ずかしい気持ちがわき上がってしまうかもしれません。
こんな時は、心の中でその言葉を念じるだけでも同等の効果が得られることが実験から解っています。

私は、椅子から立ち上がってプリンターへ移動しようとするときに『よいしょっ』って無意識に声を口にすることがあるのですが、これも無意識に行っているリミッターカットなのかも知れません。

えっ?それは年齢を重ねているからですって?
まあ、そうかも知れませんが、リミッターを外すために声を出しているってことで(^o^)

 

あなたのパフォーマンスを、最大限に引き出してみませんか?

声を出すことで、さらにパフォーマンスアップ!
だからこそ、私は研修前の意識やモチベーションアップにこのルーティーンを取り入れているのです。
チョット恥ずかしいかもしれないけど、驚きの効果が得られます!
集中力が高まったり、居眠りが無くなったり、研修の効果を最大限に引き出すことができます。

同じように、あなたの行動やパフォーマンスに良い結果が表れますよ。

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • コミュニケーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。
等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。
問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍します。

坂田 和則(サカタ カズノリ) 株式会社知識経営研究所マネジメントコンサルティング2部 部長

坂田 和則
対応エリア 全国
所在地 港区麻布十番

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

上司・人事部が納得した女性社員の成長

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント)

先週から、ある技術系企業の女性活躍推進プロジェクトの一環で 全女性社員約60名との個別面談がスタートしました。 本ブロ...

2021/11/30 ID:CA-0003836 男性社員比率が8割超の企業の女性活躍推進