無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

企業で1on1が導入されている理由

皆さまの企業では「1on1=上司と部下の定期的な面談」を実施していますか?

 

2017年3月に『ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法』(本間浩輔著 ダイヤモンド社)が出版された後、1on1を導入する企業が増えました。

 

なぜ、これほど1on1が広まったのか? その背景には「若手の離職」があると見ています。

 

私は、2019年度、企業・省庁の1000名以上の管理職の方に、1on1(コーチング)研修をご提供いたしました。そのご相談のほとんどが

「以前よりも、若手が辞めるようになっているんです・・・」

というお話から始まりました。

 

若手の離職を防ぐ鍵となるのが、「エンゲージメント」です。

 

ウイリス・タワーズワトソン社は、エンゲージメントを

「従業員の一人ひとりが企業の掲げる戦略・目標を適切に理解し、自発的に自分の力を発揮する貢献意欲」

と定義しています。

 

私は、多くの企業の方々とお話をしてきた経験から、もう少しシンプルに

「社員の『この職場で働き続けたい』という意欲」

と定義しています。

 

では、社員が「この職場で働き続けたい」という意欲を持つためには、何が重要なのでしょうか?

 

若手〜中堅といわれるミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭までに生まれた世代)が重視する仕事のモチベーショントップ3は下記です。

「仕事の意味=社会的価値」

「学習」

「家族のような人間関係」

※ATD International Conference & Expo 2016での発表

 

これらが職場に欠けると、今の若手は転職活動を始めるといわれています。

(余談ですが、最近は、スマホだけもって人材紹介会社に訪問し「なんかいい仕事ないですか〜?」とキャリアアドバイザーに相談する若手も増えているそうです。)

 

1on1を実施することで、

・忙しく、視野が狭くなっている部下に対して、自分たちの仕事の意味・社会的価値を実感してもらう時間を創ることができます。

・「日々の仕事を回しているだけだ」と思っている部下に対して、仕事を通してどんな学び・成長があったかを掴んでもらうことができます。

・上司は以前よりも部下に関わる時間が増え、部下に「この上司にお世話になっている」と思ってもらうことができます。

 

これらを通して、

「今の仕事の意味・社会的価値を感じることができている」

「仕事を通して、学ぶことができている」

「私は、上司と良い人間関係を築けている」

と、社員に思ってもらい、エンゲージメントを高めていくことが可能になのです。

 

若手の離職にお悩みで、1on1をまだ導入していない企業の人事部の皆さま、ぜひ1on1をご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • コーチング・ファシリテーション
  • チームビルディング

エグゼクティブコーチング、Purposeを軸にした組織変革を支援するプロフェッショナル

エグゼクティブコーチングを通して、経営者・ビジネスリーダーの行動変容を支援します。管理職向けコーチング研修の実績多数。また、組織のPurpose(存在意義)を明確にし、組織を変革するコンサルティングを得意としています。グロービス講師。

後藤 照典(ゴトウ アキノリ) アイディール・リーダーズ(株)COO

後藤 照典
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム