企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

エグゼクティブコーチングとは? 第2回

今回は、エグゼクティブコーチングが、「コーチング研修」や「一般的なコーチング」とどのように違うのか、ご紹介します。

 

コーチング研修:コーチになることを目指す

 

コーチング研修では、管理職やリーダーが部下とどのように関わるのか、コミュニケーションスキルとしてのコーチングスキルを学びます。

 

「部下が何を考えているのかが分からない...」

「チームメンバーの主体性を引き出せていない」

「どう指導すればいいのか分からない...」

 

このような声に応えて、部下のやる気を引き出す関わり方をコーチングスキルをベースに習得していきます。

つまり、コーチング研修=コーチになるための研修なのです。

 

一方、エグゼクティブコーチングでは、経営者がコーチになることは目指しません。あくまでも、コーチとクライアントという関係性は保ちます。

コーチングセッションにおいて、クライアントである多忙な経営者が、自分の声に耳を傾け、落ち着いて考える時間をつくることで、より良い経営判断をできることを目指します。

つまり、エグゼクティブコーチング=経営者の意思決定や行動の質の向上をサポートするためのサービスなのです。

 

より良い経営判断のためのコーチの関わり方は、例えば以下のようなものが挙げられます。

    • 経営者自身の価値観や志を引き出し、可視化する
    • 経営者の持つ前提や思い込みを共に発見し、客観視する
    • 経営者に問いかけ続け、経営者自らの答えを導きだす
    • コーチは聴き役に徹し、アドバイスはしない
    • 社内外を調査し、考える情報を提供する
    • 頭の中を整理し、優先順位を明確にする

 

一般的なコーチング(ライフコーチング):人生全般に関するテーマを扱う

 

では、一般的なコーチング(以下、ライフコーチング)とエグゼクティブコーチングとはどのような点が異なるのでしょうか。

それは、扱うテーマの種類にあります。

 

ライフコーチングセッションの中では、個人が望んでいることに焦点を当て、その実現をサポートします。そのため、テーマは「人生に関するすべてのこと」となります。

 

「ダイエットしたい」

「職場の人間関係をよくしたい」

「苦手意識を克服したい」

「自分のキャリアを見つめ直したい」

 

などもライフコーチングにおいては扱います。

 

一方、エグゼクティブコーチングで扱うテーマは、経営に関するものに焦点が絞られることが多いです。

多くの経営者は、「緊急ではないが重要なテーマ」について、コーチングセッションの中で扱います。

例えば、下記のようなテーマです。

  • 【夢】 企業のPurpose・ビジョン(中期経営計画より先の目標)、人生を通して実現したいこと
  • 【人】 自身のリーダーシップスタイルのチェンジ、モチベーション向上、人材育成、後継者育成
  • 【組織】 経営陣の一枚岩化、組織の一体感の醸成、企業文化の醸成/変革、組織としての学習能力の向上

 

上記の他にも、その時々の関心や、課題に沿ってその都度テーマは決めていきます

 

では、エグゼクティブコーチングのセッションでは、具体的にどのようなやりとりがなさるのか、疑問が湧いてきた方も多いかと思います。

次回は、エグゼクティブコーチングの場面(どんな会話や進め方をするのか)をご紹介していきます。

 


関連情報

●セミナー
【無料オンライン】次世代リーダー育成の近道「エグゼクティブコーチング」人事担当者向け個人体験セッション
この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
後藤 照典
後藤 照典(ゴトウ アキノリ)
アイディール・リーダーズ(株)COO
エグゼクティブコーチング、Purposeを軸にした組織変革を支援するプロフェッショナル
エグゼクティブコーチングを通して、経営者・ビジネスリーダーの行動変容を支援します。管理職向けコーチング研修の実績多数。また、組織のPurpose(存在意義)を明確にし、組織を変革するコンサルティングを得意としています。グロービス講師。
得意分野 モチベーション・組織活性化、リーダーシップ、マネジメント、コーチング・ファシリテーション、チームビルディング
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

産業カウンセラー養成講座 無料体験会開催

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...


従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...