無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ソクラテス式質問法

【ヒューマン・タッチ レター vol.85】 

みなさんこんにちは。ヒューマン・タッチの森川です。

コロナに大雨に、災害が立て続けに発生しています。

来年の夏こそ、平穏なお盆が過ごせますように、と願うばかりです。

 

今回は、「ソクラテス式質問法」についてお話させてください。

聴きなれない言葉かもしれませんが

「下向き矢印法」ということばで聞いたことがある方もあるのではないでしょうか。

 

ウィキペディア(抜粋)によると、ソクラテス式質問法は

「この方式は問いを立て、それに答えるという対話に基づいている。

これは批判的思考を活性化させ、考えを明らかにするためである。

この方式は弁証法であり、しばしば次のような議論を伴う。

その議論においては、一方の見解を擁護することは疑問にさらされる。

この議論において、一方の参加者は、他方の参加者に、

何らかの仕方で矛盾したことを言わせることができ、

その結果、後者の探究者の見解を強化させることができる。

ソクラテス式問答法は仮説の排除という否定的な作業をする方法である。

この方法においては、矛盾につながる仮説が徐々に見定められ、

排除されることによって、より良い仮説が見つけられる。

この方法は一般的で通常受け入れられる真理、なおかつ我々の見解を定めるような真理を求める。

アリストテレスはこの定義の方法と帰納法を発見したのはソクラテスだとしている。

アリストテレスはこれらの方法を科学的方法の本質だとみなしている。」

とのことです。

物事の本質を見極めるための、本人に考えさせる「質問」の総称、という感じでしょうか。

 

私達の分野、特に認知行動療法の立場からは、この質問を用いることが多くあります。

認知行動療法では、ある「状況」にて生じる特有の「認知」の癖や偏りを取り扱い、

そこから生じる「感情」「身体反応」「行動」を、結果として、

より適応的なものに変化させていくことを目的としています。

「認知」(考え方)に焦点をあて、自身の非合理な「認知」に気づき、

より合理的な「柔らかい考え」を身に付けていく作業でもあります。

 

例えば、

「自分(夫)が仕事から疲れて帰ってきたときに、妻が玄関まで出迎えにこなかった」

(状況)場面で「怒り」(感情)が強くなり

玄関先の傘立てを蹴って倒してしまう(行動)、人がいたとします。

 

私達は、「感情」を最も良く感じることが出来ます。

クリニックやカウンセリングルームでも、

まずは「感情」から語られることが多くあります。

上記ケースでは「怒り」の感情ですね。

「怒り」をおさめるために、傘立てを蹴ってしまったのかもしれませんが、

家族にとっては「暴力」と捉えられても仕方がない場面です。

このような人に「傘立て蹴ってはだめですよね」「暴力ですよね」

と説教して通じるでしょうか。

表面上は理解した風に反省するかもしれませんが、

「なぜ蹴ってしまったのか」「なぜ怒りが強く出てしまったのか」について、

分析とその対応(認知の変容)が無ければ、

同じ状況になった場合には、同じ結果が生まれてきます。

 

このような場面で、「ソクラテス式質問法」が用いられます。

代表的な質問としては、以下のようなものがあります。

 

■具体化する質問

「あなたの言う○○とはどういう意味ですか?」

「あなたの言う○○を他の言葉で表現するとどうなりますか?」

「○○という言葉をもう少し詳しく説明していただけますか?」

「現場の状況をもう少し詳しく教えていただけませんか?」

「○○はあなたにとってどのような意味を持ちますか?」

 

■理由や根拠を問う質問

「どうしてあなたは○○と感じたのでしょうか?」

「なぜ、○○のような感情が出てきたのだと思いますか?」

「○○と考える根拠は何ですか?」

 

■程度や差を問う質問

「もっとも強い感情を100(この場合立ちすくんでしまうぐらいの強さ)とすると、

どれぐらいのレベルの感情でしたか?」

「いままでで最も強いと感じたときと比べて、どうでしたか?」

 

傘立てを蹴ってしまう人の例に戻りましょう。

彼は、怒りとその後の蹴る、行動については認識できていたとしても

その理由を認識できていません。

そんな時には、以下のように「ソクラテス式質問法」を用いていきます。

 

 

カウンセラー「どのような場面で、「怒り」が強くなるのですか?」

本人            「家に帰った時、玄関でした」

※以下、カウンセラーを「Co」とします

Co「家に帰った時にはいつも「怒る」のですか?」

本人「いいえ、違います。疲れて帰った時とか、おなかがすいた時とか、

自分が疲れて帰ってきているのに、居間から笑い声が聞こえて、妻が出迎えないときです」

Co「では、疲れたとき、おなかがすいている時は、必ず「怒り」が出てくるのですか?」

本人「いいえ、違います。それだけで怒りが出ることはないです。

これらに加えて、妻が出迎えないときに怒りが出てきてしまいます」

Co「では、どうして奥様が出迎えないと、それほど強い怒りが出てくるのでしょうか?」

本人「うーん、改めてそう聞かれても。。わかりません」

Co「奥様が出迎えない、というのは、あなたにとってどのような意味がありますか?」

本人「出迎えないのは、、うーん、、こちらは疲れて帰ってきているのに、

専業主婦の彼女がさぼっているというか、自分だけ仕事頑張って、

損しているような気持になるのかもしれません」

Co「損しているような気持ち、になるだけであれば、

「怒り」や「傘立てを蹴る」ことはないように思いますが、どうでしょうか?」

本人「確かにそうですね。。」

Co「では、これほど強い「怒り」はどのような考え方から出てきたのでしょうか?

なぜ、これほど怒ったのでしょうか??」

本人「自分の中では、妻は夫をねぎらうべきで、何よりも夫のことを優先すべきだ、

と思っているかもしれません。。」

 

即興で作った事例ですが、

カウンセラーからの質問には「ソクラテス式質問法」が多用されて

いることがわかりますでしょうか。

本人の中にある考え方の癖や偏りは、

自分ひとりでそこまでたどり着くことはなかなか難しいです。

そんなときには、「ソクラテス式質問法」で、

カウンセラー、または信頼できる人と、深堀していくことも意味があるかもしれません。

  • モチベーション・組織活性化
  • 安全衛生・メンタルヘルス
  • コーチング・ファシリテーション
  • チームビルディング
  • コミュニケーション

通算500社以上のコンサルティング、900件以上の復職面談、年間100件以上のセミナーをこなすメンタルヘルス対策専門コンサルタントです。

メンタルヘルス対策の仕組みづくり、個別休職復職支援、ラインケアセミナー、セルフケアセミナー、全員面談、ストレスチェック、職場環境改善、災害・自死等の危機対応など、「こころ」の視点から、「いきいき職場づくり」をトータルに支援いたします

森川 隆司(モリカワ タカシ) 株式会社ヒューマン・タッチ 代表取締役 臨床心理士 公認心理師

森川 隆司
対応エリア 全国
所在地 船橋市

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

上司・人事部が納得した女性社員の成長

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント)

先週から、ある技術系企業の女性活躍推進プロジェクトの一環で 全女性社員約60名との個別面談がスタートしました。 本ブロ...

2021/11/30 ID:CA-0003836 男性社員比率が8割超の企業の女性活躍推進