企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

「逃げるは恥だが役に立つ」

【ヒューマン・タッチ レター vol.50】

みなさん、こんにちは。ヒューマン・タッチ森川です。

コロナ禍の中、過去の名作ドラマが数多く再放送されていますね。

「逃げるは恥だが役に立つ」ご存知でしょうか。

我が家ではリアルタイムで視聴していた際にも、家族全員釘付けになったドラマで、

再放送もまた、皆で楽しませていただいています。

 

この「逃げるは恥だが役に立つ」、

ハンガリーのことわざで「自分の戦う場所を選べ」ということだそうです。

いま自分がいる場所、置かれている状況にしがみつく必要は無い、

自分の得意なことが活かせる場所へ行こう、

逃げることも選択肢に入れよう、という意味だとか。

 

復職支援に携わっていますと、この言葉は非常に意味があるように感じます。

社会的な要請、家族の要請、自分の中の偏った自分の要請、

いろいろな縛りを自分自身で作ってしまい、その適応にあがき、

力尽きてしまう方も多いからです。

このような方たちが、「自分の闘う場所を選ぶ」ことができれば、

もっといきいきと仕事ができるのではないかと考えたりもします。

 

例えば、メンタル不調で休職された方の中には

「なぜここで闘っているのか」

を意識されていない方も多いのではないでしょうか。

 

ここで闘う理由は何か?

→自分が大切にしている価値や考え方は何か?

→その価値に沿った生き方ができているか?

→復職すべきか、異動希望を出すべきか、転職すべきか

といった整理をカウンセリングの中ではご一緒しているように感じます。

 

他方、自分の価値を整理して、今の職場で頑張ろうと前に進み始めた復職直後でも

遅刻早退欠勤など、「逃げる」ことを繰り返し、

休みぐせや休職を繰り返してしまう方もあります。

もちろん、無理は厳禁です。

体も心も徐々に職場や仕事に慣れていくのですから。

ただ、「逃げる」行動のみをとり続けてしまえば、

大切にしている価値や考え方に沿った生き方ができない場合もあります。

こころとからだがある程度戻ってきているのであれば、

「不安」や「怖さ」から「逃げる」ことだけでなく

「不安」や「怖さ」を抱えながらも、

「行動する」こと、またその結果を味わう事が大切になるともあると感じます。

 

自分の「行動」が、

自分自身の「不安」や「怖さ」を下げるためだけのものなのか

「価値」や「考え方」に沿ったものなのか、

私自身も「行動」の際の大きな指針にしています。


関連情報

●サービス
休職復職者個別支援サービス

休職復職者個別支援サービス

メンタルヘルス不調者に対して、休職から復職、復職後のフォローまで、お客様産業保健スタッフに変わり弊社で対応します


●サービス
全員面談・職場環境改善サービス

全員面談・職場環境改善サービス

【高ストレス者等への全員面談】 【職場環境改善活動のファシリテート】


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
森川 隆司
森川 隆司(モリカワ タカシ)
株式会社ヒューマン・タッチ 代表取締役 臨床心理士 公認心理師
通算500社以上のコンサルティング、900件以上の復職面談、年間100件以上のセミナーをこなすメンタルヘルス対策専門コンサルタントです。
メンタルヘルス対策の仕組みづくり、個別休職復職支援、ラインケアセミナー、セルフケアセミナー、全員面談、ストレスチェック、職場環境改善、災害・自死等の危機対応など、「こころ」の視点から、「いきいき職場づくり」をトータルに支援いたします
得意分野 モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、コーチング・ファシリテーション、チームビルディング、コミュニケーション
対応エリア 全国
所在地 船橋市

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...