企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

小人の声

【ヒューマン・タッチ レター vol.33】

 

みなさん、こんにちは。森川です。

突然ですが、皆さんには、頭の中に「小人」はいませんか?

私の頭の中には、結構たくさんの小人が住んでいます(と考えています)。

小人はとても働き者で、24時間365日、常に働き続けています。

頭の中で働いているわけなので、何か作ったり壊したり、といった作業をしているわけではなくて、

考え、計算し、予想し、推測しています。

 

ここで問題です。今の私の小人は、何と言っているでしょうか??

 

「社員が残っているんだから、自分が先に帰るわけにはいかないだろう!」

「先に帰ったら、大した器ではないな、と言われるんじゃないか!」

「立派で、頼りがいがあって、頼もしい、ぶれない人間でいなければならないぞ!」

 

現在、夜の20時。明日は祝日。

早く帰って夕食を取りたいのですが、小人の声は、益々やかましくなります。

いつの間にか、小人の声で頭がいっぱいになっている自分がいます。

小人の厄介なところは、少しでも彼らに耳を傾けると、

倍々ゲームで声が大きく聞こえてくるところです。

ましてや、今日のように、空腹なときには、さらに倍、というように。

 

小人のおかげで、仕事が進んだり、危ない場面に出くわすことを避けることも

できるとは感じています。

決して悪者ではないですし、自分の特徴の1つでもあるのは確かです。

ただ、ここで小人の声に従って、バリバリ働き続けることは、

自分が今望むことなのか?

では、自分とは何なのか。小人が自分自身なのか?

小人が自分自身でないとすれば、自分はどこにあるのか?

いろいろな思いが巡ります。

 

小人は自分の一部ですが、彼ら以外にも自分はいると考えるようにしています。「リトルホンダ」ならぬ「リトルモリカワ」です。

よくよく考えると、小人は「言うだけ番長」です。

彼らの声は非常に大きいのですが、実際に私を操縦する権利を持っているのは「リトルモリカワ」です(と考えています)。

 

小人たちの言うがままに、従って動くのか、

その声は大きくても、それにとらわれずに、

「自分が何をしたいのか」を基準に自分自身を操縦するのか、

大きな違いがあるように思います。

私自身の個人的な体験では、小人の声に従って動いた場合、

一時的には「快」を得たように思うのですが、最終的には「不快」になることが多いように思います。

 

というわけで、家に帰ろうと思います。お疲れ様でした。お先に失礼します。

 


関連情報

●サービス
休職復職者個別支援サービス

休職復職者個別支援サービス

メンタルヘルス不調者に対して、休職から復職、復職後のフォローまで、お客様産業保健スタッフに変わり弊社で対応します


●サービス
全員面談・職場環境改善サービス

全員面談・職場環境改善サービス

【高ストレス者等への全員面談】 【職場環境改善活動のファシリテート】


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
森川 隆司
森川 隆司(モリカワ タカシ)
株式会社ヒューマン・タッチ 臨床心理士
年間100回以上のセミナーーをこなす、メンタルヘルス関連セミナーの専門家です
セルフケア研修、ラインケア研修、コミュニケーション研修、新入社員研修、3年目研修、などお客様のニーズに合わせて、セミナー内容をカスタマイズしております。体験型であり、かつ、セミナー内の気づきを定着いただけるような工夫を取り入れております。
得意分野 安全衛生・メンタルヘルス、コーチング・ファシリテーション、コミュニケーション
対応エリア 全国
所在地 船橋市

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...