企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

ハラスメント加害者への対応

【ヒューマン・タッチ レター vol.29】

 

みなさん、こんにちは。ヒューマン・タッチ森川です。

 

復職支援をしていますと、

ハラスメントを受けての休職や不調ということを聴くことがあります。

 

今までは、

特に行為者側が、社内で力が強かったり、結果を出してきた社員であれば、

「○○さんはああいうマネジメントスタイルなんだよ」

「みんな困っているんだけど、結果出しているから、しょうがないよね」

「あの人だけは、昔からあんな風なんだよ。我慢してもらえないかなぁ」

 

こんな言葉で、なんとなくうやむやにされてきたケースが多かったように思います。

 

しかし、ここ数年法制化の流れの中で、

組織側の毅然とした対応が見られるケースも増えてきました。

 

取引先でのPJについて、先方の担当者によるハラスメントがひどく、

PMが毎回メンタルダウンしているあるケースでは、

顧客先での打ち合わせの内容について、

すべての参加者からヒアリングして記名捺印してもらい、

その場の言動を明らかにするなど証拠を集め、

お客様ではありますが、それらを提出して改善を求めた会社もありますし、

いままで繰り返されてきた部門長のハラスメントを、

きちんと両者から聞き取りを行い、

規定に沿って処分(異動、降格)を下した会社もあります。

 

ハラスメントを放置することのリスクは、

加害者を特定して処分を下すことのリスクよりも

はるかに大きいとの認識が生まれてきているのだと思います。

 

私もその通りだと思います。

ただ、ここで大切になってくるのは、公正な聞き取り第3者委員会の設置、また規則やルールに基づいた民主的な手続きの下での処分、だと思います。

仕組みの整備とともに、担当者の「聴く力」を育むこと

喫緊の課題となってきているのではないでしょうか。

改めて「傾聴」の必要性を感じています。

 


関連情報

●サービス
全員面談・職場環境改善サービス

全員面談・職場環境改善サービス

【高ストレス者等への全員面談】 【職場環境改善活動のファシリテート】


●サービス
休職復職者個別支援サービス

休職復職者個別支援サービス

メンタルヘルス不調者に対して、休職から復職、復職後のフォローまで、お客様産業保健スタッフに変わり弊社で対応します


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

投稿者:HR Worker 販売・小売 東京都
パワーハラスメントのみならず、ハラスメントは個人個人の価値観や、加害者と被害者の人間関係の種類によって問題の大きさが大きく左右されるものです。最近、痛感していることは、相談先が労基署やユニオンになると、ハラスメントの内容が違法になるかならないか...の視点で判断されるため、実際のハラスメントで苦しんでいる多くの人が「泣き寝入り」状態になっているのが事実です。こういうケースの救済システムが必要です。これについて何かご存知であれば、お知らせいただけますと幸いです。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
森川 隆司
森川 隆司(モリカワ タカシ)
株式会社ヒューマン・タッチ 臨床心理士
年間100回以上のセミナーーをこなす、メンタルヘルス関連セミナーの専門家です
セルフケア研修、ラインケア研修、コミュニケーション研修、新入社員研修、3年目研修、などお客様のニーズに合わせて、セミナー内容をカスタマイズしております。体験型であり、かつ、セミナー内の気づきを定着いただけるような工夫を取り入れております。
得意分野 安全衛生・メンタルヘルス、コーチング・ファシリテーション、コミュニケーション
対応エリア 全国
所在地 /船橋市

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...


従業員フォローと組織改善の<br />
両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の
両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...