無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

自社のパーパスと連動した採用戦略策定のメリット

自社のパーパスと連動した採用戦略策定のメリット
自社のパーパスを基軸とした“共感型”採用への転換


"選ぶ"採用から"選ばれる"採用(企業)を目指し、自社の求める人材像を見直しましょう!


はじめに ー 現在の採用環境 ー

人材採用環境は、2019年の新型コロナウイルス感染拡大前までは、「超採用難」時代と言われてきました。 しかしながら、みなさんもご承知の通り新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各社の事業戦略・経営戦略の転換および先行き不安・不透明な状況ということもあり、人材採用を足踏みしていた企業が多く見受けられ有効求人倍率も右肩下がりへ陥ったが、2020年末頃に有効求人倍率の底を打ち、徐々にではあるが、上昇傾向にある。
また、人材採用環境では、コロナウイルス感染拡大を機に「採用方法(説明会・面接は、対面からwebの活用へシフト)」や「労働者の価値観の変化(自分らしい生活を送ることへの重視)」に伴い、今まで通りの人材採用手法では、 自社が求める人材を採用しづらい環境になってきているのではないでしょうか。


働き手の価値観の変化

新型コロナ前・コロナ後では、働く多くの世代において価値観が一変しております。

我々の調査結果では、 コロナ発生前は「自分のスキルや価値を発揮できる」、 「良い結果を生み出す」という価値観が上位にランクインしていたものの、 コロナ発生後は「自分らしい生活を送る」、「組織としての幸せを実感できる」という価値観が 上位にランクインしております。特に、新入・若手社員世代より、このような結果が色濃く表れております。

このことは採用シーンにおいても顕著であり、 従来通りの採用の仕方・打ち出し方では、今までのような成果を上げることが難しい環境にあると言えます。 言い換えれば、 各企業の採用戦略・採用の打ち出し方も従来の発信方法・発信内容を見なさなければいけない状況にあるのです。


"選ばれる"採用(企業)に向けた、自社のパーパス・カルチャー(組織文化)に基づいた人材像の再設定

先述の通り、新型コロナを受けて働き手の価値観は大きく変わろうとしています。 その中で、採用に"成功"していると言われている企業、すなわち、自社が求めている人材を採用出来ている会社は、 自社のパーパス・カルチャーに基づいた人材像を再設定し、採用活動を進めているという特徴があります。 人材採用をしている企業であれば、どの企業でも自社が求める人材は設定していると思います。 しかし、よく見受けられるのは、下記のようなイメージです。

(求める人材像 例)
1.素直な人材
2.向上心を持っている人材
3.責任感がある人材
この例であげた、求める人材像が悪いわけではありません。
自社のパーパス・カルチャーを体現している内容になっているか。また、他社との違いを打ち出しているかです。 ぜひ、自社のパーパス・カルチャーを体現する求める人材像を再設定していただけたらと思います。

自社のパーパス・カルチャーに基づいた人材像を再設定する際のポイントは、自社の優秀人材の再定義です。 優秀の定義は、各社・個人でも千差万別かと思います。「学歴が高い」「多くの知識経験を保有している」「コミュニケーションに長けている」「素直で言われたことをしっかりと実行する」等 挙げるとキリがありません。 そこで、「自社で活躍している人材の特徴・特性」「自社の組織に馴染みやすいタイプ・性格」を洗い出し、求める人材像に落とし込むことを推奨します。その際に、人事・人材採用担当者のみならず、現場で活躍している人材や幹部人材を巻き込みプロジェクト形式で設定が出来るとなお良い取り組みになります。

また、人材採用は、採用して終わりでは無く、採用→活躍→定着を見据えた採用活動が必要です。 人材不足の時代だからこそ、人材確保を第一に活動を行いがちですが、その先の"活躍・定着"を見据えた採用をするために、求める人材の再設定を行うことがポイントです。


最後に

働き手の価値観が変化・多様化していく中、自社の採用力を強化していく施策において処遇面や職場環境の向上のみならず、自社のパーパス・カルチャー(組織文化)に"共感"してもらい、自社で活躍してもらえる人材採用に向けて、まずは自社のパーパス・カルチャーを整理し、求める人材像に落とし込み、自社の良さ・特徴・他社との違いを発信し、 "選ばれる"採用(企業)を目指して参りましょう。


※本コラムは渡邉が、タナベコンサルティングの経営者・人事部門のためのHR情報サイトにて連載している記事を転載したものです。

【コンサルタント紹介】
株式会社タナベコンサルティング HRコンサルティング事業部
HR東京本部 部長代理
渡邉 雄太

アカデミーコンサルティングチームのサブリーダーとして、クライアントの人材開発を支援するとともに人事全般のコンサルタントとして活躍中。また、経営トップの思いの具現化に向け、現場のリーダー・メンバーと一体となった企業変革を推進し、実現することを得意としている。

主な実績
中堅建設業:人事制度再構築コンサルティング
中堅システム建築業:ジュニアボード
装飾卸売業:アカデミー構築コンサルティング
中堅自動車部品卸売業:人事制度再構築コンサルティング

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • 人材採用
  • 人事考課・目標管理
  • キャリア開発

創業60年以上 約200業種 11,000社のコンサルティング実績
企業を救い、元気にする。皆様に提供する価値と貫き通す流儀をお伝えします。

強い組織を実現する最適な人づくりを。
企業において最も大切な人的資源。どのように育て、どのように活性化させていくべきなのか。
企業の特色や風土、文化に合わせ、組織における人材育成、人材活躍に関わる課題をトータルで解決します。

HRコンサルティング事業部(コンサルティングジギョウブ) コンサルタント

HRコンサルティング事業部
対応エリア 全国
所在地 大阪市淀川区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム