無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

多様な視点から最高の結論を導き出すために

今回は、
「多様な視点で結論を導き出すコツ」
について考えていきたいと思います。

 

┏━━━━━━━━━━━┓
■前提条件の確認が重要!
┗━━━━━━━━━━━┛

多様な視点から意見を引き出し、
その場にいる全員で最高の結論を導き出す場面は
例えば会議やミーティングの場が主になると思います。

そこで重要なことは、その場の全員で前提条件を確認するなど
意見交換する上での目的について意識合わせをすることだと考え、
私自身も日頃から意識しています。

みなさんは、いかがでしょうか?

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■アンコンシャスバイアスに気づく体験ワーク
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

当社のリーダー育成研修やD&I推進プロジェクトの中で
多様性を引き出す体験ワークを実施しています。

そこでは、あえて一筋縄ではいかないお題を提示して
制限時間を設けて取り組んでいただくのですが、
これは、ひとりひとりの個性や素が表面化しやすくなる
仕掛けの1つでもあるのです。

大切なことは、時間内に意見をまとめる事ではなく、
その場にいる全員の力を結集して、
最高の結論に至ることですが、実際にワークではどのような
ことが起こるかと言うと・・

・自分の意見で結論をまとめようとする
・一部の人の意見にのみ耳を傾け、その他の人の意見を引き出さない
・時間内に終わらせるため自分の意見は取り下げる
・年上や上位役職者など影響力のある人の意見に委ねる
・男性同士で話を進めてしまい偏った意見に陥る・・etc.

こんな状況を目の当たりにすることがまだまだ多く、
D&Iの観点から見ると、日本におけるアンコンシャスバイアスや
ジェンダーギャップの弊害が日常にあふれていると
思わずにはいられません。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■多様な視点から最高の結論を導き出すために
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

真剣に自分の意見を発信しても、
周囲の反応が芳しくない、ちゃんと受け止めて
もらえていない気がする、という経験をされた方も
少なくないと思います。

様々な要因があるかもしれませんが、
自分自身を振り返るポイントとして
自分の視点だけで発言していないか?
ということが1つ考えられるかと思います。

当たり前ですが、相手の中には違う情報があり、
違う視点から物事を見ています。

それを自分自身がしっかりと意識した上で
意見を伝えなければ、
伝わるものも伝わりにくくなってしまい、
相互理解の場であるにもかかわらず、
逆効果を招いてしまった苦い経験を
私自身もしてきました。

もし、そういったことが起こっていることに
気づかないままでは、結局自分が損をすることに
なってしまいかねません。

多面的な視点をできる限り想定したり
相手の意見を受け止める姿勢を意識することは
自分を含めた多様な意見を引き出し、
最高の結論を導き出すために
非常に重要なあり方であると私は確信しています。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■プロジェクトを成功に導く下準備をしよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━​━┛

当社が携わる企業のD&I推進プロジェクトでは、
プロジェクトチーム発足当初に、必ず
ディスカッションの進め方についてレクチャーします。

その取り組みが、実際のプロジェクトをより実り
多いものとし、成果が出やすくなっていることに
繋がっていると、多くの企業サポートを通して
実感しています。

組織の人材育成担当者やD&I施策など
全社的に新しい施策をスタートさせる際は、
多様は価値観、多様な視点を持っている人を
プロジェクトメンバーに迎えることと併せて、
互いの意見を引き出し合い、受け止める姿勢も
同時に醸成することをぜひ意識していただければと思います。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • マネジメント

◆技術系企業D&I突破口となる次世代リーダー・女性管理職を育成

元NTT女性管理職10年、約500名のSE部門における人事育成担当3年の豊富な現場経験を持つ。これまでのべ5,000人以上の技術系企業のリーダー・管理職育成に携わる。専門は技術系企業に特化したD&I推進コンサルティング。

細木聡子(ホソキアキコ) 株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士

細木聡子
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

新規事業をスケールアップさせるポイントと推進体制

タナベコンサルティング ストラテジー&ドメインコンサルティング事業部 コンサルタント(株式会社タナベコンサルティング 戦略総合研究所 コンサルタント)

新規事業をスケールアップさせるポイントと推進体制 新規事業開発の目的は、当然ながら新たな収益の柱を確立することや企業価...

2024/05/28 ID:CA-0005378 新規事業開発

敬意を持って学ぶ姿勢 │ 心構えひとつで学びの深さが増す

坂田 和則(株式会社ナレッジリーン(旧 知識経営研究所) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー)

私は、多くの次世代リーダーを育成する研修講師を担当しています。 そして、先日、その9期生になる新しいメンバーを迎えて、2...

2024/05/27 ID:CA-0005375 コミュニケーション