無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

男性が多い職場の女性はコンセプチュアルスキルが身につかない?

先日、とある技術系企業様で女性社員育成研修に携わらせていただきました。

最後に、その企業様の経営層(女性)の方より
受講者の女性社員の皆様にこんなメッセージを伝えておられました。

「仕事をしていく中で、コンセプチュアルスキルは
欠かせません。女性の皆さんは苦手意識を持っている方が
多いかもしれませんが、今の私の立場でも
常に意識している部分でもあります。
今日の学びをぜひ仕事に活かしてくださいね」

--------------------------------
「コンセプチュアル・スキル」とは、
物事を多角的な視点で総合的に判断し、
知識や情報などを体系的に組み合わせて概念化することで、
物事の本質をつかむ能力のこと。

「日本の人事部」より
https://jinjibu.jp/keyword/detl/1382/

--------------------------------

私自身も、特にビジネスの場で相手に対して
納得性・説得性を高めていくためには、
コンセプチュアルスキルを身につける必要があると
考えています。

そんな私も、当初は論理的思考や情報の概念化などは
得意ではありませんでした。

しかし、このスキルを高めなければ周囲の協力を得られず、
仕事も進めづらいままでしたので、試行錯誤しながら、
時間をかけてコンセプチュアルスキルを
身につけて今に至ります。

コンセプチュアルスキルを磨けば、自分の考えや
思いがきちんと相手に伝わり、理解してもらえることが
体感として得られるので、特に男性管理職比率8割超といった
技術系企業の女性社員向け研修などでは
その重要性をお伝えするようにしている次第です。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■男性が多い職場の女性はコンセプチュアルスキルが身につきづらい?
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

特に男性管理職比率が高い企業における
ダイバーシティ推進・女性活躍推進のサポートを
させていただいているためか、

「女性社員=保護する対象」

として見ている傾向が未だ多く見受けられる企業が
まだまだ多いなという印象を私は持っています。

例えば・・

●女性の視点からの提案は何でも通してしまう
→女性活躍推進に取り組む中で「女性が言った」というだけで、
経営的な視点で検討・判断されることなく意見が通ってしまうことがある。

●女性社員からの要望は受け流されている
→論理的な説明を求めて「わかってくれない」と泣いたり
感情的になられると困るため、受け流されてしまうことがある。

●女性社員の育成方法に対して不安を抱えている
→男性には厳しく指導できるが、女性となると
対応に苦慮してしまうので言いたいことが言えていない状況。

このような環境下では、女性社員のコンセプチュアルスキルは
身につけづらく、ビジネス上における「コンセプチュアルスキル」
の重要性にも気づきづらいのではないかと思っています。

もし、実態として同じような環境下にある組織では、
女性社員たちはさまざまな場面で「保護」されているため、
本来組織の中で受けられる「成長」の機会を十分与えられず
損をしてしまっている
と私は思わずにいられません。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■コンセプチュアルスキルを高める2つのあり方
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

これからリーダー・管理職となる方はもちろん、
男女に限らず、どんな立場にあったとしても
働く上ではコンセプチュアルスキルが不可欠です。

さらに、ヒューマンスキル(対人関係能力)も同時に
高めていくことが必要だと言われています。

私は、これまでの経験から
「コンセプチュアルスキル・ヒューマンスキル」という
この2つのスキルを身に付ける際には、
2つの重要な姿勢があると
考えています。

--------------------------------
(1)目的意識をもって学ぶ
(2)常に実践し、小さなPDCAサイクルを回し続ける
--------------------------------

(1)目的意識をもって学ぶ
これは先日のコラムでお伝えした内容そのものに
なるかと思います。

→「やらされ感」の背景にあるもの
https://jinjibu.jp/spcl/hosoki/cl/detl/4248/

目的意識を持って学ぶために、自分自身ができること、
そして周囲ができることを詳しく紹介しています。

自分が大事にしたい“あり方”をいつも意識しておける
テンプレート「自分のあり方10か条」も
ぜひ参考にしていただければと思います。


(2)常に実践し、小さなPDCAサイクルを回し続ける
「頑張って説明しても、意見を取り入れてもらえない」
「同じことを言っているのに、私の提案は却下された」
このような体験をされた方も少なくないかもしれません。

これの原因の1つが、「コンセプチュアルスキル」である
可能性を常に考えるように意識していただきたいと
私は考えています。

伝える相手に対して説得力があれば納得性を引き出すことは
十分可能だと思います。しかし、そのスタイルは人の数だけ
あるのではないかと私は常々感じています。

普段から落ち着いた口調で温和なイメージを持たれている方が
相手に納得してもらうべく、相手も萎縮してしまうような勢いで
論理的な説明をしたらどうでしょうか。

相手を困惑させたり、無理やり意見を受け入れてもらった結果、
最終的に業務がうまくいかなかった、ということに
なってしまいかねません。

自分らしいスタイルでコンセプチュアルスキルを
高めていくためにも「実践」は不可欠です。

どうすれば伝わるのかを試行錯誤しながら実践し、
失敗したら改善する、を継続実践して欲しいと思います。

さらに、どのあたりが納得できなかったのか、
相手にフィードバックを求めてみるのも
スキルアップへの近道の1つかもしれません。

自分スタイルの確立には時間が必要ですが、
ぜひ、コンセプチュアルスキルを身に付けるという
目的意識を持って、実践を繰り返していただければと思います。

冒頭でもお伝えしたように、女性社員の方は
コンセプチュアルスキルに苦手意識を持っている方が
多い傾向があるかと思っています。

特にマネジメント層など、階層が上位になればなるほど
コンセプチュアルスキルが求められる場面が多くなるのは
ご存知の通りです。

人材育成に携わる、経営層や人事担当者の方には、
なるべく早い段階でコンセプチュアルスキルを醸成するような
仕組みやきっかけを、社員の方に広げていただくことで
組織の多様性をもたらしたり、イノベーションにつながる
取り組みになるのではないかと思います。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • マネジメント

◆技術系企業D&I突破口となる次世代リーダー・女性管理職を育成

元NTT女性管理職10年、約500名のSE部門における人事育成担当3年の豊富な現場経験を持ち、技術系企業D&Iの突破口となる女性管理職育成を中心とした「技術系企業ダイバーシティ経営の推進」を専門にサポート。

細木聡子(ホソキアキコ) 株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/中小企業診断士

細木聡子
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム