無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

上司のコメントから分かった「応援され力」


現在進行中の女性管理職育講座(6か月間・全6回)において、中間報告会が行われました。

中間報告会には、受講者の上司同席のもと開催されるのですが
そこで、ある女性受講生の圧倒的な「応援され力」に私含めその場にいた全員が魅了され、
改めて
周囲をどれだけ巻き込み、応援してもらえるかの重要性について考えさせらたのでした。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■上司のコメントから分かった「応援され力」
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

中間報告会は講義終了後に行う予定だったので、女性受講者(Aさん)の上司の方は
後から会場入りすることになっていました。

定刻となり、実際にお越しになったのは
上司の方と、もう1人・・なんと同僚の方がサプライズで登場されたのです。

Aさんもびっくりされていましたが、
それと同時に、とても嬉しそうな様子が伝わってきて、
私は「上司や周囲の方をうまく巻き込んで現場実践しているな!」と感心しました。

ちなみに、Aさんがこれまで取り組んできた課題(現場実践)は
その前向きで自律的な取り組み姿勢も含め、
本当に素晴らしい成果も出ていたのですが、
中間報告会の発表を踏まえた上司や同僚の方からの
フィードバックを聞くと、さらにその成果が
部全体の成果に直結していることが判明。

「彼女は講座に参加してからいい意味でだいぶ変わりました。
毎回出される課題に真摯に向き合って、自分なりに工夫しながら
挑戦している様子が分かるので、育成って本当に大切なんだと
改めて感じています」

このような上司の方のコメントの他にも、
第1講からの山のように出した課題1つ1つに対して
同僚の方も細かく感想を伝えてくださった様子から、
Aさんが真の「応援され力」を身につけていたことが分かり、
とても嬉しく思った次第です。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■応援され力を高める方法
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

女性リーダー養成講座では、周囲の巻き込みながら
リーダーシップを発揮するための様々なスキル・マインド
についてお伝えしていますが、その1つに
「応援され力を高める」というものがあります。

応援され力を高める方法は
私の経験から3つあると考えています。

----------------------------------------------------------------
1.ビジョン宣言
2.ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)
3.他者応援

----------------
------------------------------------------------

1.ビジョン宣言
⇒自分の思いやビジョンを周囲に発信することで
共感が生まれ、人は「応援したい」と思うようになります。

2.ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)
⇒業務上のホウ・レン・ソウを適切なタイミングで行うことで、
相手に自分の状況を細かく把握してもらいやすくなり、
「こうすればもっと良くなるよ」とアドバイスなどを通して
応援してくれるようになります。

3.他者応援
⇒人は、自分を応援してくれる人を応援したくなると
言われています。自分のために一生懸命関わってくれた人には
感謝の気持ちを持って、次は自分がお返ししたい!と
思った経験は誰にでもあるのではないでしょうか。


Aさんは、特に1と2について
しっかりと対応していたように私は感じています。

その対応によって、周囲がAさんが現在取り組んでいる課題について
周囲の方が詳細に把握することにつながったと思います。

そして、Aさんを成長に導き、かつ、会社や部署の
目指す姿・目標といった方向性も合致するような
サポート体制が自然と築かれて行ったと考えています。

さらにAさんは、上司や同僚のフォローに感謝の気持ちを
しっかりと言葉にして伝えて、うまく行った時にはその
プロセスも含め、気づきと共に共有していくという
良いサイクルを絶えず回し続けたことで、会社側も
納得するような成果につながったのです。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■チーム視点が醸成され、一気に成長!
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

Aさんが大きく成長を遂げたことの中で、
「チーム視点」を持つことができたことも
大きな収穫だったと私は感じています。

女性管理職育講座がスタートしたばかりの頃は、
Aさんは業務を周囲に任せることが難しくて、
どうしても自分1人で仕事を抱え込みがちでした。

しかし、リーダーの役割や多様なリーダーシップの
発揮について学んだ後、彼女は自分がやらなくてはならないと
思い込んでいた業務を、メンバーに相談しながら、
うまく振り分けることに挑戦し、最終的には

「自分が手がけるより10倍素晴らしい
アウトプットが出ました!みんなすごい!」

と興奮気味に報告してくださったような、
貴重な経験を積むことにつながりました。

その後、チームへの関わり方に磨きがかかり
チームリーダーとして自信を深めていったことは
いうまでもありません。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■上司のサポートを引き出すために人事部ができること
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

今回は公開講座の様子についてお伝えしましたが、
企業内で行うプロジェクトや研修においても、
上司を含めた周囲を巻き込みながら取り組んでいくことが
とても重要だと考えています。

せっかく育成対象者がやる気になって現場実践しようとしても、
もし、直属の上司から、
「研修の課題なんて業務外にやってくれないか」
などと言われてしまっては、せっかくの育成施策も
十分に機能することができません。

上司や周囲の方が、育成施策の意義を理解することが
育成対象者の真の成長を促すサポートに
つながっていくことは、今回の事例や
これまでの私の経験からも確信しています。

もし、上司の立場にある人たちを巻き込んで、
人材育成に取り組むことを考える際には、
やはり経営トップや人事部といった、
「会社側からのメッセージ発信」が不可欠です。

今まさに社内で研修を行っているが、
うまく現場実践と繋がらない、育成対象者の成長が
思わしくないと感じている場合は、育成対象者の
上司を含めた周囲のメンバーが、どれくらいその
育成施策の意義を理解しているかについて、
今一度確認いただきたいと思っています。

その上で、周囲の理解が不足していると分かった時は、
会社全体で、社員育成に取り組んでいること、そのために
上司であるみなさんのサポートを必要としていることを
改めて経営者や人事部長といった立場の方から、
意識づけしていただきたいと思います。

それが、人材育成を成功に導く
1つのポイントになると私は考えています。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • マネジメント

◆技術系企業D&I突破口となる次世代リーダー・女性管理職を育成

元NTT女性管理職10年、約500名のSE部門における人事育成担当3年の豊富な現場経験を持ち、技術系企業D&Iの突破口となる女性管理職育成を中心とした「技術系企業ダイバーシティ経営の推進」を専門にサポート。

細木聡子(ホソキアキコ) 株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/中小企業診断士

細木聡子
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

上司に気づきを促す伝え方/部下の共感を引き出す3つのポイント

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/中小企業診断士)

上司と部下それぞれの伝え方にちょっとしたコツを取り入れて、よりスムーズな意思疎通につなげていくヒントについて 考えていき...

2022/05/18 ID:CA-0004093 技術系企業に特化したダイバーシティ推進PJ