無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

危機的状況でも企業成長する人事のあり方

危機的状況が続く中、社員を解雇するニュースが流れ、
不安を抱えている人も少なくないと思います。

このような危機的状況は、今に限ったことではなく、
過去にも同様の危機に陥ったこともあるのではないでしょうか。

それでも乗り越えて今まで成長してきた企業には
どんな特徴があるか考えた時、以下の3点が浮かび上がってきました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■危機的状況でも成長する会社の特徴
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

----------------------------------------
1)今こそ人材育成
----------------------------------------

社員がいる会社組織において、危機的状況から
最終的に会社を救うのは「人」です。

経営悪化したJALを再建した稲盛氏も、
リーダークラスの育成研修から改革したと言われています。

松下幸之助氏も、ウォール街大暴落から世界恐慌が起きて、
同業者がバタバタと倒産する中、1人も社員を解雇せず、
社員全員で営業に回ることでピンチを乗り越えました。

社員が一致団結して、会社を救うために考え行動することで
必ず危機を乗り越えて、その先の成長につながると考えた
偉大な経営者たちに、私は心から賛同しています。

危機的状況だからこそ、育成の手を止めず、
危機的状況が過ぎた後のことを考えて、
人材育成の手を緩めない。

これは、企業の経営者や人事のあり方として
大切なことの1つではないかと考えています。


----------------------------------------
2)ピンチをチャンスに
----------------------------------------

テレワーク、在宅勤務が始まって
管理職の方や人事担当者の方は
目が回るような忙しい日々をお過ごしかもしれません。

一方で、働き方が変わった今が、
これまでの仕事の進め方を効率的に考える
絶好の機会ではないかと私は思っています。

アフター・コロナの世の中は、これまでとは
働く人の価値観も変わってくるのは明らかです。

もちろん業種にもよりますが、より効率的な
業務運営が可能になって、毎日出社する人は
少なくなるはず。

テレワークは不可能、という業界であったとしても、
今後は、

「テレワークできるとしたら、どこを切り出せるかな?」
「これまでの業務で削減できそうなところはどこ?」
「オンラインで実現できることは何だろう?」

といった発想を持つことでピンチをチャンスに変えて、
この状況が収束した後に、生産性の高い会社へと
生まれ変わらせることができるかもしれません。


----------------------------------------
3)不況と業績を切り離す
----------------------------------------
「今はコロナだから業績が上がらないのは仕方ない」
という考えは、新しいチャレンジや発想の邪魔に
なってしまうのではないかと常々感じています。

私も、規模は小さいながらも、社員を持つ会社の社長です。

経営者として、現在の危機的状況と、会社の業績は
関係ない、と切り離して意識して考えるよう
心がけています。

この考え方は、危機的な状況でも成長し続けてきた
会社経営者の共通した考え方ではないかと思うのです。

現在、事業を任されている管理職の方においても

「売り上げを下げないようにしなくちゃ」
「これまで通り成果を出すんだ」

というプレッシャーに押しつぶされそうに
なっている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時こそ、「不況と業績は切り離す」という
意識を強く持っていただけたらと私は考えています。

たとえ今は休業中であっても、社員ひとりひとりが
会社貢献することは可能です。

将来につながる勉強に取り組むことで
成長することも立派な貢献ですし、
テレワークでモチベーションダウンしている部下の
気持ちに寄り添って話を聞くことも、会社全体を
より良い未来へつなげる大切な行動だと思います。

今できることが限られていたとしても、
業績UPにつながる行動にフォーカスして、
仕事を進めていただけたらと考えています。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
■危機的状況での人事のあり方
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

前述の通り、業績を保つよう会社側から
プレッシャーをかけられている管理職の方も
少なくないと思います。

そんな管理職をサポートするのが人事ではないかと
私は考えています。

今、人事という立場にあるみなさんには、
目の前のことが一段落した後には、人材育成の取り組みに
しっかりと注力して、社員ひとりひとりの支えになって
いただけたらと願っています。

弊社がサポートする企業様のほとんどは、
すでに、下期に向けて人事施策をすぐスタートできるよう
下準備に取り組んでいます。

人事が本気で社員をサポートし続けた企業と、
そうでない企業がアフター・コロナで競合となったら、
サポートを受けた社員の貢献意欲の高さ、モチベーションには
敵わないのではないでしょうか。

ぜひ、今この機会をしっかりと見極めて
人事として取り組むべきことに力を注いで
いただければと思います。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • マネジメント

元NTT女性SE管理職10年・人材育成3年の経験を活かし、技術系会社特化の女性活躍推進を中心としたダイバーシティ経営コンサルティングを提供

女性管理職10年、約500名のSE部門における人事育成担当3年の豊富な現場経験から「技術系・専門職の女性社員育成には、技術系ならではのアプローチが必要」として、技術系会社特化の女性活躍推進を中心としたダイバーシティ経営推進を専門にサポート。

細木聡子(ホソキアキコ) 株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント

細木聡子
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム