企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

好感が持てる第一印象の作り方

新入社員や中途採用での入社が多くなる春。

また、取引先の人事異動などもあり、社内外で初対面の人に会うことが多くなる季節です。

 

第一印象は、1秒から7秒程度で決まるといわれています。

 

悪い印象を持たれると挽回するのに3ヶ月から半年ほどかかってしまうため、人間関係を築くうえで第一印象はかなり重要です。

 

そこで今回は、第一印象で好感を与えるための3つのポイントをお伝えします。

 

 

・第一印象を形成する3つの情報を知っておく

 

心理学者のメラビアンは、「3Vの法則」を提唱しました。

この法則は、感情や態度により矛盾したメッセージが発せられたときの、相手の受け止め方を研究したものです。

 

たとえば、「その仕事を喜んで引き受けます」と口では言っていても、表情がくもっていたり、声のトーンが沈んでいたりすると、「本当は喜んでいないんだな」と感じますよね?

 

このように、人は相手の表情(視覚情報・55%)、声(聴覚情報・38%)、言葉(言語情報・7%)を参考にして、気分や本心を知ろうとするというのが「3Vの法則」なのです。

 

この3Vの法則が俗説として伝わり、「見た目が大切」だといわれることがありますが、初対面に関してはあながち間違っているとはいえません。

 

なぜなら、7秒以内で得られる情報の多くは視覚情報であり、内面(言語情報)をほとんど伝えられないまま、第一印象が形成されるからです。

 

 

  • 視覚情報を強化する方法

 

初対面の人に好感を与えるためには、以下のポイントを意識するといいでしょう。

 

・身だしなみ(服装、髪型、靴が磨かれているなど)

・表情(笑顔を見せる、目線を合わせる)

・姿勢(まっすぐに相手と向き合っている、背筋が伸びている)

 

表情がこわばってしまうときは、「イ」と発音するときの口の形を作ると口角が上がり、さわやかな笑顔を見せることができます。

 

 

  • 新入社員は元気よく大きな声で

 

第一声のトーンを明るくすることが、好印象につながります。

 

自分に自信が持てないときは、声のボリュームが小さく、トーンも暗くなってしまうものですが、新入社員こそ大きな声で明るく挨拶を!

そうすれば、さわやかでフレッシュな印象を与えられますよ。

 

 

  • 話す内容を考えるより、相手の話に耳を傾ける

 

次に言語情報ですが、忘れてはいけないのは相手の話を聴くことです。

 

自分が話す内容で頭がいっぱいになると、相手が話しているときに無表情になり、「無愛想な人」という印象を与えてしまいます。

 

そうならないためにも、相手の目を見て、表情豊かに話を聴くことが大事です。

 

 

ぜひ、初対面の人に会うときは、3つのポイントを意識してみてくださいね。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
服部 裕樹
服部 裕樹(ハットリ ヒロキ)
ブラックスミス 代表
社員一人ひとりが個性・適性を認め合い、才能を最大限発揮できる働きがいのある職場づくりを目指します!
自身の経験として、マッサージ店補経営、IT事業を経て、働き方改革のコンサルティング事業を始めている。
経営者と従業員の両方の心に寄り添った提案を行います。
得意分野 モチベーション・組織活性化、マネジメント、コーチング・ファシリテーション、チームビルディング、情報システム・IT関連
対応エリア 全国
所在地 高槻市

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。