企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

部下のモチベーションを上げる褒め方

部下や後輩にもっと仕事を頑張ってほしい。

 

そんなとき、あなたはどのような声かけをしていますか?

 

 

良い結果を出せば臨時収入がもらえる。

 

この仕事を頑張ったら会社から評価される。

 

この仕事が成功したらお客様に喜んでもらえる。

 

など、いろんな声のかけ方があります。

 

 

今回は、部下や後輩のモチベーションを上げる褒め方についてお伝えします。

 

 

 

・ご褒美作戦は逆効果! なぜ、報酬を与えない方がやる気が出るのか?

 

「この仕事をしたら、こんなご褒美がもらえる」というのは、モチベーションが上がる方法として有効なように見えますが、実は逆効果だといわれています。

 

報酬がある方がやる気を奪ってしまうことを、「アンダーマイニング効果」といいます。

 

心理学者のワイズマンによる、こんな調査があります。

 

実験協力者を2つのグループにわけて、「公園を大事にしようと訴えるのに効果的な方法を探りたい」と伝えて、公園のごみ拾いをしてもらいました。

 

その際に、1つのグループには高額な報酬を、もう1つのグループには少額の報酬を支払うことを約束しました。

 

作業終了後に、「仕事を楽しめたかどうか」を調査したところ、高額の報酬を受け取ったグループの満足度は極端に低く、少額のグループはかなり満足していたことがわかりました。

 

 

・モチベーションアップのために必要なものとは?

 

報酬が多いにも関わらず仕事を楽しめなかったのは、「高額な報酬に見合うほど嫌な仕事だった」という印象を持ったからです。

 

つまり、その仕事をすることで報酬がもらえるとわかっていても、モチベーションにはつながらないということです。

 

それでは、モチベーションを上げるためには何が必要なのでしょうか?

 

それは、仕事をすることにより、顧客やチームに良い影響を与えたり、役に立ったりするとその人が実感できることです。

 

 

・モチベーションが上がる褒め言葉

 

仕事に一生懸命に取り組んだ結果、「◯◯さんが頑張ってくれたおかげで助かったよ!」と顧客から言われて、疲れが吹き飛んだ経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

これは顧客に限らず、職場内でも同じ効果があります。

 

上司から部下や後輩にお礼を伝えたり、褒めたりするときは、「どのような良い影響があったか」を伝えるといいですね。

 

「丁寧に仕事をしてくれたおかげでトラブルなく仕事が終わった」というように、その人が心がけていることを褒めれば、次からも同じようにしようという気持ちになります。

 

仕事でつらいときだけでなく、普段からこのような言葉をかけるようにすると、モチベーションを維持できそうですね。

 

ぜひ、会話に取り入れてみてくださいね。


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
服部 裕樹
服部 裕樹(ハットリ ヒロキ)
ブラックスミス 代表
社員一人ひとりが個性・適性を認め合い、才能を最大限発揮できる働きがいのある職場づくりを目指します!
自身の経験として、マッサージ店補経営、IT事業を経て、働き方改革のコンサルティング事業を始めている。
経営者と従業員の両方の心に寄り添った提案を行います。
得意分野 モチベーション・組織活性化、マネジメント、コーチング・ファシリテーション、チームビルディング、情報システム・IT関連
対応エリア 全国
所在地 大阪府/高槻市

この専門家のその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ

注目コンテンツ


19卒採用支援ソリューション特集

本特集では、今からでもご活用いただける、19卒新卒採用に役立つソリューションをご紹介します。
貴社の19卒採用にぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...