企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

変わる働き方

最近立て続けにこんな話を聞きました。

・新卒で金融会社に入ったAさん。5年頑張って実績を
残して退職。自費で海外の大学に入学してMBAホルダーに。
帰国後に、その時に作ったネットワークと学んだことを
生かして会社を設立して成功
・新卒で製薬会社に入ったBさん。3年経ち今年の秋に
とある資格取得のために退職予定。2年間学んだあと
取得した資格を活かせる企業に転職し、その後独立予定

他にもまだまだたくさんの事例が。

一度企業に入っても終身雇用に安住することなく、自ら
学び直したり(会社を辞めても辞めなくても)、同時に
複数の仕事を手がけている人が一気に増えてきたように
感じます。(特に優秀な人たち、ですね)


企業が「働き方改革」に四苦八苦している間に、個人の
働く意識は一気に変わってきています。
身近にそんな人が増えてくると、こういうことは加速度が
ついてきて、あっという間に当たり前になってきます。

特にこれから働く人たちや社会に出て間もない人たちに
とっては新しい働き方、今までとは違う企業や社会との
関係は当たり前のことになっていくのではないでしょうか。

そんなとき、足を引っ張ってしまうのは、20年、30年の
熟練した働き手、管理職。
「働き方改革」で手を打つべきは、この人たちなのです。
しかし、なぜか他人事の人が多いのも事実。

でも、この人たちの意識が変わらなければその会社は
どうなっていくのか、、、。

そんな人たちを変えることは大変ですが、やっていくしか
ないですね。

*日曜日のワールドベースボールクラシックには痺れました。
本気で戦う姿は、見ている人の心を動かします。
でも、見ているファンより戦っている選手たちがもっともっと
楽しく、充実しているのは間違いない。
そう考えると、研修でももっと真剣勝負を仕掛けていかなくては
と思いを新たにした試合でした。
 


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
岩野 敬一郎
岩野 敬一郎(イワノ ケイイチロウ)
株式会社アクシア 代表取締役
新入社員研修から役員研修まで、お客さまのニーズに即したプログラムを企画・実施します
「階層別研修であってもパッケージ化はしたくない」という信念のもと、実施対象者の課題や成長目標をその都度伺った上でオリジナルプログラムの研修を開発・提供しています。
得意分野 モチベーション・組織活性化、リーダーシップ、マネジメント、チームビルディング、営業・接客・CS
対応エリア 全国
所在地 東京都/千代田区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ マネジメント向け両立支援/カムバボス版!

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...