無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

人と組織の生産性を高めるビジネスコーチビジネスコーチ株式会社

ビジネスコーチカブシキガイシャ

育成・研修 1on1ミーティング導入プログラム

1on1ミーティングプログラムは、組織が抱える課題を解決します。
■生産性向上 ■自律型社員の育成促進 など

1on1ミーティング導入プログラム_画像

このサービスのポイント

1
特長1
貴社の1on1導入目的に合わせた「完全オーダーメイド」のプログラムを企画・立案・実施
2
特長2
12年以上、500社超の企業への1on1導入実績に基づくマネジメント経験豊富なコーチ陣が企画段階から参画
3
特長3
コーチングの第一人者であるマーシャル・ゴールドスミス氏監修の「クラウドコーチング」を活用した、1on1浸透・定着化の徹底支援

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 概算 100万円~
導入される企業様の規模によって異なります。詳しくはお問合せ願います。
導入社数 500社 ※2021年3月期実績
対象階層全階層
対象職種全職種
テーマ意識改革・モチベーション向上ロジカルシンキング・課題解決
サービス形態研修コンサルティング(内製化、研修設計)研修講師派遣

サービス詳細

企業風土変革のための必須の仕組み
1on1ミーティング導入プログラム

ビジネスコーチ株式会社の1on1ミーティング導入プログラム(研修・コーチング)は、
短期間で組織への1on1導入のポイントを学び、実践的スキルの修得機会をご提供することで、
マネジメント層・管理職・上司・社内コーチの皆様が効果的に「対話の質向上」に取り組んでいただくためのプログラムです。

貴社の1on1導入の目的・狙い・哲学(フィロソフィー)に合わせて、完全オーダーメイドで企画し、展開するプログラムですが、主に以下の4つのプログラムの一部または全部から構成されます。

プログラム1:
「1on1実践スキル研修」による1on1の進め方の修得(最短1日~最大5日程度)

プログラム2:
「1on1コーチング」による個別に設定されたテーマに関する課題解決や気づきの獲得

プログラム3:
「社内コーチ育成研修」による貴社オリジナルの社内コーチ認定制度・資格制度のご提供

プログラム4:
「クラウドコーチング」を用いた1on1実践の定着と浸透

導入実績

導入社数 500社 ※2021年 3月 期実績
導入先 <導入企業>
・ヤフー
・モノタロウ
・日清食品
・パナソニック株式会社
・ソニーグローバルソリューションズ株式会社 ほか500社超の企業への1on1導入実績
導入事例の
ダウンロード資料
  • 【開催レポート】『変革を実現する丸紅の人財戦略』~経営戦略に連動した人事制度改革~
  • 【開催レポート】100年企業パナソニックのカルチャー&マインド改革とサクセッションプラン
  • 【開催レポート】富士通が挑むDXをドライブするWork Life Shiftとジョブ型人事
  • ソニー様など34社の導入事例紹介~~ビジネスコーチ株式会社の支援実績~
  • 【開催レポート】シスコシステムズに聞く、ワークエンゲージメントを高める企業価値
  • 【ヤフー株式会社様】上級管理職のロールマッチングの早期化が目的

    ヤフー 執行役員 ピープル・デベロップメント統括本部長 本間 浩輔 氏に、ビジネスコーチにコーチングを依頼した経緯とその効果について詳しく聞きました。

    エグゼクティブコーチングの導入目的
    Q:まずエグゼクティブコーチングについてお聞きします。ヤフーがこれを導入した目的は何ですか。

    A:大きくは「上級管理職のロールマッチングの早期化」が目的です。部長が、本部長になる、さらに執行役員、副社長へと昇進する。そうして職位が上がったとき、彼/彼女は、それまでと考え方を変え、行動を変え、フォロワー(部下)から新しい上長として認められる必要があります。そうして自分の新しい職位に慣れること、自分がその職位にいることに周囲と自分の両方がしっくりきていること、それが「ロールマッチングができている状態」です。

    ロールマッチングは新任の場合、最初はたいてい失敗しますが、それでも2年もかければ誰でも何とかなります。しかしそこで問題となるのは、今のビジネススピードを考えた場合、会社として「2年も待てない」ということです。

    ここで「ロールマッチの期間を短縮したい」という企業ニーズが生じます。この課題を解決するにはおそらくエグゼクティブコーチングが有効だろう、とそう考えたわけです。

    このほか
    外部コーチを起用することの価値、コーチングが有効な理由、社内コーチ育成研修の導入目的、
    上司ではなく部下の満足度が有効、ビジネスコーチ株式会社への評価、
    先輩ユーザーからのアドバイス、今後の期待 もお話をお伺いしております。

    是非、弊社の事例紹介をご覧ください。

    このサービスがより理解できるセミナー

    関係する資料をダウンロード