企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
業務ソフト・ASP・システム開発

株式会社労務行政

http://www.rosei.jp/

〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21住友不動産西五反田ビル
対応エリア:全国、代表者名:小出 健治、従業員数:20名、資本金:1,000万円

育成・研修 部下を守り、働き甲斐のある職場づくりを目指して!

管理職が知っておくべき
「ハラスメント・メンタルヘルスの知識」

解決できる課題:健康管理・メンタルヘルス対策労働関係の法規への対応管理職層の能力開発
チームビルディング

このサービスのポイント

いつでも、どこでもスキマ時間で学べます!
3~5分程度の解説動画+振り返り小テストで構成。スマートフォンにも対応しているので、ちょっとした空き時間を活用し、気軽に学習できます。
理解度チェックと学習履歴の把握も可能!
各コースに修了試験を用意しているので、受講コースへの理解度を確認できます。また、企業でご利用の場合は、受講管理者が各受講者の進捗状況をチェックできます。
システム導入の必要はありません!
自社で独自の学習管理システム(LMS)を持っていない会社でも利用可能!お申し込み後、10日程度でご利用を開始することができます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 料金例
【2~19人でご利用の場合】   :5,000円(税抜)/人
※人数・期間などによって変動します。詳細はお問い合わせください。
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーママネジメントリスクマネジメント・情報管理
サービス形態eラーニング・学習支援システム研修教材・通信教育
期間・回数・時間1コース当たり:2カ月 標準学習時間 :2時間

サービス詳細

管理職が知っておくべき
「ハラスメント・メンタルヘルスの知識」コース

コース概要

◆料金例
【1人でご利用の場合】      :9,800円(税抜)/人
【2~19人でご利用の場合】   :5,000円(税抜)/人 
【20~49人でご利用の場合】  :4,950円(税抜)/人 
【50~99人でご利用の場合】  :4,900円(税抜)/人 
  ※[料金の計算例]申込人数15人/5,000円×15人=75,000円
   [料金の計算例]申込人数72人/4,900円×72人=352,800円
⇒人数・期間などによって変動します。詳細はお問い合わせください。

◆利用期間  :2カ月間
◆標準学習時間:2時間 程度

◆パンフレット・受講画面イメージ 


 
ねらい

このコースでは、コンプライアンスと服務規律の基本を学んでいきます。

管理職としては、まず自分自身がルールをきちんと守った上で、社会常識上問題のある部下の行為については、適切に指導していかなければいけません。私用メールや、業務に関係のないネット閲覧、SNSの不適切な利用など、新しいタイプの問題行動にも対処が必要です。

また、ハラスメントへの対応やメンタルヘルス対策などを含む安全配慮なども、重要性が増してきています。これらも管理職が担う重要な役割の一つです。

カリキュラム

日程・トピックス 内容
第1章 職場のルール
 1 職場のルールと服務規律
 2 勤務態度のよくない者・成績不良者への対応
 3 業務と無関係なインターネットの閲覧・私用メール
 4 SNSの利用に対するルール
 5 会社批判や上司批判、ネットへの書き込みへの対応
第2章 ハラスメント
 1 ハラスメントの基礎知識
 2 セクハラには二つのタイプがある
 3 一方的な恋愛感情とストーカー行為
 4 信頼関係がある中での暴言・罵倒もパワハラになるのか
 5 社外での行為であってもセクハラ・パワハラになるのか
第3章 メンタルヘルス
 1 管理職が担う部下のメンタルヘルス対策
 2 ストレス解消と健康管理
 3 部下のメンタル不調と会社・管理職の責任
 4 発達障害が疑われる部下への対応法
 5 メンタル不調者に対する復職後の配慮
第4章 ビジネス倫理
 1 企業のビジネス倫理とコンプライアンス
 2 会社は誰のためにあるのか
 3 管理職に求められるビジネス倫理と不正防止
 4 情報管理とインサイダー取引規制
試験
修了試験

よく寄せられる質問

申込前にコースの内容を確認できますか?
はい。無料トライアルをご用意しておりますので、お問い合わせください。