企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材採用メディア
語学・資格・学校

成長を願うすべての人へ。一人ひとりが自ら育つ環境を整え成長を支えます。株式会社日本能率協会マネジメントセンター

カブシキガイシャニホンノウリツキョウカイマネジメントセンター

http://www.jmam.co.jp/hrm/

〒103-6009 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー 9階
対応エリア:全国、代表者名:張 士洛、従業員数:406名、資本金:10億円

お役立ちツール

【無料DL】研修担当者や講師必見!『退屈な研修を実践的な学びに変えるインストラクショナルデザインとは?』(全23頁)pdf 2.59 MB / 23 ページ 】

世界30カ国で実践される研修手法を体系化した、
『講師・インストラクターハンドブック』のポイントをまとめた資料です。

ダウンロード資料詳細

さまざまなテーマで行われる研修。

コストと時間をかけて行う以上、参加者にとって“実践的な学びが得られる”
効果的なものでなくては意味がありません。
しかし、研修の運営担当者や研修講師にとって、
 
  □「参加者の反応が良くない」
  □「このやり方で本当に効果があるのだろうか」

といった、「教える」ことの難しさを実感し、カベにぶつかっている人も多いのではないでしょうか。

こうした悩みを抱える企業の教える立場にある人たちに
「教える」理論の一環としての「インストラクショナルデザイン(※)」について
ポイントをまとめました。

ぜひこの機会にご高覧いただき、貴社の研修を効果的に組み立てるヒントとして、
ご活用いただけますと幸いです。

 <紹介内容>

  第1章 研修の本来の目的は何か? 研修講師は何をすべきか?
   ・講師は何をすべき1 「教える」と「伝える」の違い
   ・講師は何をすべきか2 「説明する」と「教える」の違い など

  第2章 インストラクショナルデザインで、効果的に研修を組み立てる!
   ・研修をデザインするときのよくある「落とし穴」
   ・参加者主体の研修に欠かせない3つの要素
   ・学習に有効な時間配分とは           など

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料