企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

人と組織に対するパフォーマンス・コンサルティングラーニング・マスターズ株式会社

ラーニングマスターズカブシキガイシャ

https://www.lmi.co.jp/

〒105-0012 東京都港区芝大門2-12-10T&G浜松町ビル 3F
対応エリア:全国、代表者名:﨑山 千春、従業員数:21名、資本金:3,000万円

講演資料 意識改革・活性化 ロジカルシンキング・課題解決 マネジメント

生産性向上のための『GTDⓇ5つのステップ』pdf 267.20 kB / 5 ページ 】

グローバル企業で導入多数!生産性向上のベストプラクティスを5つのステップで整理!
生産性向上のバイブル「GTDⓇ:ストレスフリーの整理術」の著者 デビッド・アレン氏の特別講演で使用した配布資料。世界で使われている生産性向上のエッセンスです。(日本語訳)

ダウンロード資料詳細

多くの組織と個人にとって生産性の向上は重要な課題です。
私たちをとりまく環境は高度化しスピードが求められ、情報も膨大になり、より高い生産性が求められています。
このような中では、なかなか腰を据えて新たな企画や戦略を考えることもままならず、「もう少し時間があったらなぁ」「もう少しやることを減らせたら...」と考える人も多いのではないでしょうか。
では新たな企画や戦略につながるようなアイデアを考えるために必要な時間はどれくらいでしょうか? 
1日があと2時間長ければじっくり考えることができるでしょうか? 
残念ながら答えはノーです。1日が2時間長くても同じようにあくせくする時間が2時間延びてる様子が見えてきます。また洪水のように押し寄せる情報そのものを減らすことができないのも明らかです。

必要なのは時間ではなく頭の中の「スペース」です。

多くの情報や気になっていることを頭の外に出し、今やるべき事に集中できるようにいかに頭の中にスペースを作り出すかです。

GTDは頭の中にスペースをつくり、自分でコントロールするための5つのステップを体系化しています。

講演では上記のGTDのねらいと5つのステップの具体的な実施方法とポイントを紹介し、体験いただきました。以下は5つのステップの概要です。

1.把握する(Capture):気になることすべてを把握し、頭の外に出す。
2.見極める(Clarify):把握したことを、行動を基軸にどうするかを考える。
3.整理する(Organize):見極めて考えたことを、使いやすく整理する。
4.更新する(Review):整理したものを、高い視点から定期的に見直す。
5.選択する(Engage):状況に合わせ、選択し集中して実行する。

以下参加いただいた皆様からのアンケートコメントからの抜粋です。大変好評をいただきました。
・とにかく頭に浮かんだことを書き出して整理するという手法に驚きました。
・内容がシンプルだったので、持ち帰り、実行出来そうだと感じた。興味深い話しだった。
・やるべきことをメモに取り、消し込みはやっていたが体系付けて整理されていたことに感心した。
・頭はためるものではなく、創造することに使う。そのためにすべきことと望む結果を頭の外で管理する。
・シンプルで分かりやすい。頭の中を整理するのに合理的なテクニックだと思う。

資料ダウンロードはサービス導入を検討頂く為に経営者の方や人事ご担当の方を対象としております。
恐れ入りますがご同業、学生の方及び個人的な目的での利用はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

このダウンロード資料に関係するサービス

他のダウンロード資料