無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • 業務ソフト・ASP・システム開発

NECソリューションイノベータ株式会社

エヌイーシーソリューションイノベータ

  • 導入事例
  • 労働時間制度
  • 在宅勤務・テレワーク
  • 就業規則・勤怠管理

テレワークに必要な労働時間把握と、コミュニケーション支援ツール導入のプロセスを大解剖! pdf 4.44 MB / 8 ページ 】

NECソリューションイノベータが取り組んだ働き方改革「3本の矢」の内容をはじめ、
労働時間把握のためのシステムやツールの運用勘所を伺った特別インタビューを収録。

テレワークに必要な労働時間把握と、コミュニケーション支援ツール導入のプロセスを大解剖!

ダウンロード資料詳細

2018年7月に公布された「働き方改革関連法」が、2019年4月から大企業を皮切りに順次施行されます。

その改革の中で「労働基準法」が改正、多くの企業で「時間外労働の上限規制の導入」への対応が急務の課題となっています。特に今回の改正では、時間外労働の上限が原則として月45時間、年360時間と規定されるため、従業員の勤務実績を正確に把握する必要があります。

NECソリューションイノベータではこの流れに先立ち、2017年10月から働き方改革の一環としてテレワークを導入。併せて自社内で客観的な労働時間把握とコミュニケーション支援の機能を兼ね備えたシステム「NEC 働き方改革支援ソリューション」を取り入れ、新たな価値創出時間を作り出すことにチャレンジしています。具体的にどのような成果が出ているのかを特別インタビューで紹介します。

こちらからインタビュー全文のダウンロードが可能です!

このダウンロード資料に関係するサービス

この会社のダウンロード資料