企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ケイゾクコヨウテイチャクソクシンジョセイキン 継続雇用定着促進助成金

就業規則などによって60歳以上の定年を定めている会社が、その定年年齢の引き上げや、再雇用による継続雇用制度を導入した場合に支給されます。ただし、「65歳定年制」が施行されるまでの助成金と見られています。
(2005/8/8掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

継続雇用定着促進助成金のケーススタディ

来年4月の改正高年齢者雇用安定法に合わせて廃止?
支給額は導入した制度と企業規模によって30〜1500万円(企業規模と受給年数による)

継続雇用定着促進助成金は、継続雇用の推進と定着を図る目的で、労働協約や就業規則によって定年年齢を引き上げた事業主、または継続雇用制度を設けた事業主などに対して助成金を支給する制度です。この制度には、定年年齢の引き上げや継続雇用制度の導入、または改善を行う事業主に対して助成する継続雇用制度奨励金(第?T種)と、第?T種受給事業主のうち、高年齢者の雇用割合が15%を超える事業主に対して助成する多数継続雇用助成金(第?U種)がありますが、ここでは一般性の高い第?T種について紹介します。

60歳以上の定年を定めている事業主が、その定年年齢の引き上げや、希望者全員を65歳以上まで再雇用するなど、継続雇用制度の導入もしくは改善を行った場合、事業主に対して助成金が支給されます。この助成金は企業規模によって支給額が異なり、さらに、(1)65歳以上まで定年延長などを行った場合(2)61〜64歳まで定年延長などを行った場合(3)定年延長など以外の継続雇用制度(再雇用等)を導入した場合――によって、それぞれ異なってきます。

導入した制度の違いによる支給金額は、従業員数が1〜9人の企業で最大5年間受給要件に該当する企業を例にとると、(1)65歳以上までの定年延長では45万円×5年間で225万円、(2)61〜64歳までの定年延長では35万円×5年間で175万円、(3)定年延長以外の継続雇用制度では30万円×5年間で150万円になります。また、(1)の場合で「高齢者短時間正社員制度」を導入し該当者がいた企業には、初年度に限り10万円が加算されます。

継続雇用定着促進助成金の主な受給要件は、労働協約や就業規則にしたがって定年年齢の引き上げ、または再雇用などによる継続雇用制度の導入が行われていること、制度の導入から6カ月以内に申請することなどですが、これらの制度導入の1年前にさかのぼって60歳以上の定年が、労働協約や就業規則で定められていることが必要です。また、これらの継続雇用制度を導入した日に、1年以上継続して雇用されている55歳以上65歳未満の常用の従業員が存在していなければなりません。

ところで、平成18年4月1日から改正高年齢者雇用安定法が施行されると、定年年齢は現行法の60歳から65歳に引き上げられます(経過措置あり)。継続雇用定着促進助成金は、65歳以上定年制が法律で義務づけられるまでの間に、あらかじめ定年年齢の引き上げや継続雇用制度を導入している企業に奨励金を支給する趣旨の制度ですから、「現行制度の改善に対して助成はしても、法律上の義務として定年65歳以上が実施されてしまえば、助成する意義がなくなり廃止される可能性が高いと考えられます」(有限会社人事・労務の根本大作・チーフコンサルタント)

この助成金は、いったん受給してしまえば向こう5年間は「既得権益」となりますから、製造業や建設業など現業部門を持っていて、これから定年を迎える団塊の世代が多く在籍している会社などで受給要件に該当しそうであれば、できるだけ早めに検討すべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

継続雇用制度
2006年4月、改正高年齢者雇用安定法が施行されました。同法には、雇用確保のための65歳までの「定年延長」、希望者全員の「継続雇用制度」、「定年の定めの廃止」――3つの選択肢が規程されていますが、継続雇用制度を導入する企業は対象となる高年齢者に関する基準を労使協定で定めれば、希望者全員を対象としな...
改正高年齢者雇用安定法
65歳まで働き続ける環境整備を企業に義務づける法律。高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となった(2006年4月施行)ほか、雇用者の再雇用促進などを図る措置(2004年12月施行)も盛り込まれています。
助成金
新しい雇用の創出や高齢者の雇用の安定などを目的として、厚生労働省はさまざまな「助成金制度」を設けています。一定の条件を満たした従業員の採用や定年延長、または会社の創業や新規事業への進出などが助成金の対象となります。

関連する記事

“うっかり5年超え”に注意が必要! 無期転換ルールに対応した「定年退職日」と「再雇用終了日」の定め方
就業規則等で定年および定年後の再雇用制度について定める場合には、労働基準法、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律のほか、労働契約法および本年4月から施行される「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」に留意する必要があります。本稿では、これらの...
2015/05/14掲載人事・労務関連コラム
高年齢者雇用の最新実態--改正高齢法への対応と継続雇用制度の実態を調査
団塊世代の大量退職が始まる2007年を目前にして、「改正高年齢者雇用安定法」が2006年4月から施行されました。改正法は、定年後65歳までの安定した雇用確保を企業に義務付けています。2006年5月から6月にかけて『労政時報』が行った「改正高齢法への対応と高年齢...
2007/04/16掲載人事・労務実態調査
「改正高年齢者雇用安定法」への企業の対応と今後の意向
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、本年4月から施行される改正高年齢者雇用安定法(以下、改正高齢法)に対する企業の対応を探るため緊急WEBアンケートを実施。本記事では、その中から「定年後継続雇用制度の現状」「改正高年齢者雇用安定法への対応」「...
2013/02/18掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...