企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リシュメン リシュ面

「リシュ面」とは、「履修履歴面接」の略。企業の採用選考において、学生に大学の成績証明書などの履修履歴の提出を求め、それを面接官と学生の双方が参照しながら、学業に対する考えや行動について質問・応答する面接のスタイルを指します。履修履歴に関する質問は、サークル活動やアルバイト経験などに関する質問に比べて、回答に脚色や誇張を入れる余地が少なく、学生の真実の姿をより正確に知ることができるといわれています。2015年12月に経団連が改定・発表した「採用選考に関する指針」にも、採用選考における留意点として盛り込まれたことから、注目を集めています。
(2015/12/25掲載)

リシュ面のケーススタディ

成績表にもとづく“ウソのつけない”面接法
「やらなければならないこと」への姿勢判定

「あなたが一番力を入れた授業はどれですか? 力を入れた理由は?」
「これらの履修科目を選択した理由は何ですか? 選択の基準は?」
「出席していくうちに興味を持った授業はどれで、その理由は何ですか?」
「管理会計とは、どういう内容ですか? わかりやすく説明してください」
「この科目の成績が下がった原因を自己分析してください」
「マーケティング論とマーケティング戦略論の授業によく出ていたと言っていましたが、二つの授業の最も大きな違いを教えてください」

採用面接の冒頭約5分。大学の成績表を確認しながら、このような履修履歴についてのやりとりを学生と交わす場面が、大企業を中心に広がっています。履修履歴面接あるいは履修履歴活用面接、略して「リシュ面」と呼ばれる新しい面接手法です。素材メーカーの帝人では2013年から、日本たばこ産業(JT)は14年から、成績表に沿って質問を掘り下げ、学生の素顔に迫るリシュ面を採用選考に導入しました。

「リシュ面」は学業を中心とした面接です。しかしその目的は、単に成績の良し悪しを見ることではなく、成績や学業に臨む姿勢を手がかりにして、学生の行動や考え方を多面的に把握することにあります。従来のエントリーシートに沿った面接では、学生が問答を想定しやすく、本当の人物像や内面の深い部分にまで迫ることができません。企業が知ることができるのは、志望動機など学生本人がPRしたいことや、サークル活動、アルバイトなど本人が得意なこと、やりたくてやったことばかりでしょう。しかし成績表を使って質問をすることで、大学での学業という「やりたくなくてもやらなければいけないこと」「必ずしも得意ではなくモチベーションがあがらないこと」に対してどのように考え、取り組んだか、学生の行動特性がわかるのです。それは、ストレス耐性を測る指標ともなります。

また、学業に関する質問の場合、学生が自分を少しでも良く印象づけるために、回答に脚色や誇張を容れることが困難です。面接官が目の前で成績表を確認している以上、たとえば得意でもない科目を得意だと答えたりすると、実際の成績との食い違いを指摘されるか、授業内容を説明するように突っ込まれてウソが露見するのがオチでしょう。「リシュ面」では、冒頭5分に授業や成績に関する質問・回答を交わすことで、嘘がつけない雰囲気を醸成することができるのです。

このような利点から、かつては合否判断にはあまり重視されず、企業が学生に提出を求めるのは、最終面接や内々定時であった成績表ですが、数年前から面接に使う企業が増えてきました。こうしたことから、15年12月7日に改定された経団連「『採用選考に関する指針』の手引き」にも、選考活動における留意点として、「大学等の履修履歴(成績証明書等)について一層の活用を検討することが望ましい」との記述が盛り込まれました。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

面接
「面接」とは、企業における人材採用において、採用担当者と応募者が直接会ってお互いに質疑応答をしながら、マッチするかどうかを探る行為です。企業側から見た場合、面接は「応募者を選ぶ」行為であるとともに「応募者に自社の魅力を伝える」行為でもあります。そのような意識が不足していると、「面接」で良い人材を見つ...
オンライン面接
「オンライン面接」とは、企業などが採用活動の際にオンラインで面接を行うことをいいます。応募者が企業に直接出向くのではなく、自宅のパソコンからウェブカメラを通じて採用担当者と面談したり、自分で撮影した動画を専用サイトに投稿したりするなど、場所や時間に拘束されない応募のしくみを構築することで、採用プロセ...
メラビアンの法則
「メラビアンの法則」とは、人の第一印象は出会って数秒以内に決まり、また視覚情報による印象が評価に大きく影響するという概念のこと。アメリカ合衆国の心理学者、アルバート・メラビアンによって提唱されました。メラビアンは実験により「聞き手への影響力は言葉以外によるものが圧倒的に高い」ことを説き、第一印象に影...

関連する記事

応募者の話を聞きながら眠ってしまった面接官 気に入らない応募者を次々に落とす経営トップ
面接は、企業と応募者が直接触れ合う最初の場。企業が応募者を選考するのと同時に、企業側も応募者から見られ、判断される場でもある。したがって面接担当者の役割は重要だ。きちんと選考を行うことは当然だが、企業の代表として応募者に良い印象を与えることもまた必要である。最...
2006/03/27掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
面接官・リクルータートレーニングサービスの比較と選び方
2019年の新卒採用は目前。選考活動が本格化する前に、形成した母集団の中から自社で活躍してくれる学生をきちんと採用するための面接技法や、面接官の心構えを習得するプログラムをご紹介する。
2006/01/23掲載人事支援サービスの傾向と選び方
アルバイト・パート採用の「実務」【3】面接
採用に成功する面接はどこが違うのか?アンマッチを防ぎ、応募者に「働いてみたい」と思ってもらえる面接のポイントを解説。
2016/07/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
面接時における注意点
初めて面接を担当することになりました。 面接の際に注意すべき点について、ご指導お願いいたします。 例えば、聞いてはならないこととか…。NGワード等。よろしくお願いいたします。
退職勧奨の面接について
お世話になっております。 弊社は50名弱の会社です。近々社員数名に対して退職勧奨の面接を行います。一般的に、面接はどのような立場の者が何名で行うのがよしとされているのでしょうか。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...