無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】コーポレート シチズンシップ コーポレート・シチズンシップ

「コーポレート・シチズンシップ」(corporate citizen-ship)とは、企業も、企業人も市民社会の一員、すなわち「企業市民」(コーポレートシチズン)であるとして、企業の存立基盤である地域社会やコミュニティーの健全な発展に貢献すること、あるいはそうした企業精神や実際の取り組みを指す言葉です。日本語では、企業市民精神、企業市民活動と訳されます。社会貢献の実践は環境・文化・教育など多方面にわたり、地域住民に向けた施設開放や地域の催しへの従業員の参加、住民活動への支援などが広く行われています。
(2014/6/9掲載)

コーポレート・シチズンシップのケーススタディ

企業の“人格”を磨き地域に根付く
能力開発やキャリア教育への貢献も

事業立地の観点に立てば、企業にとって地域社会は商圏であり、また製造や物流の拠点として重要な意味を持ちますが、近年はそうした関係性だけでなく、企業も、企業で働く従業員もその地域コミュニティーの一員と捉え直し、“企業市民”として求められる役割や責任を積極的に果たしていこうとする動きが広がりつつあります。「コーポレート・シチズンシップ」と呼ばれる取り組みです。

人間関係において個人がより多くの役割や責任を果たすほど、その人格に信頼が集まるのと同様に、企業も自らのよって立つ地域社会の発展に貢献することで評価と信頼を積み重ね、それぞれの地域コミュニティーにより深く根付いていきます。その意味では、コーポレート・シチズンシップは、企業の人格を形成し磨き上げる取り組みであり、また企業の人格そのものであるともいえるでしょう。

わが国において、こうした考え方自体は決して新しいものではありません。よく知られるのが、近江商人が商売の要諦として伝えた“売り手よし、買い手よし、世間よし”の「三方よし」。三方よしとは、売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手を心の底から満足させ、さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献しなければならないとする経営理念です。CSR(企業の社会的責任)が厳しく問われる時代背景から、あらためて評価されている先人の知恵であり、欧米発祥のコーポレート・シチズンシップとの思想的な共通性もよくいわれています。

コーポレート・シチズンシップによる社会貢献はいまや環境・文化・教育など多方面に広がっていますが、なかでも最近、注目を集めているのがキャリア教育や能力開発の分野における実践活動です。

コンサルティングファーム大手のアクセンチュアは、事業活動で培った人材のスキルを高めるノウハウを活かし、2015年までに世界各地の50万人が社会参加のためのスキルを身に付けることを目指す「Skills to Succeed」という活動を展開しています。日本ではその一環としてNPOと連携し、若者の就業力・起業力強化の取り組みを実施。これが高く評価され、2014年1月に経済産業省主催の「第4回キャリア教育アワード」の優秀賞を受賞しました。また証券最大手の野村グループでは、小・中学生から大人まで、幅広い世代を対象とした金融・経済教育に90年代から取り組んでいます。同社の社員が全国各地の小・中学校や高校などへ出向き、経済や金融のしくみをわかりやすく教える出張授業を実施。健全な資本市場の育成を目指し、将来の日本経済を担う人材により実践的な、活きた知識と見識を提供しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「コーポレート・シチズンシップ」に関する記事

「コーポレート・シチズンシップ」に関する書式・テンプレート