企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コーポレート シチズンシップ コーポレート・シチズンシップ

「コーポレート・シチズンシップ」(corporate citizen-ship)とは、企業も、企業人も市民社会の一員、すなわち「企業市民」(コーポレートシチズン)であるとして、企業の存立基盤である地域社会やコミュニティーの健全な発展に貢献すること、あるいはそうした企業精神や実際の取り組みを指す言葉です。日本語では、企業市民精神、企業市民活動と訳されます。社会貢献の実践は環境・文化・教育など多方面にわたり、地域住民に向けた施設開放や地域の催しへの従業員の参加、住民活動への支援などが広く行われています。
(2014/6/9掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーポレート・シチズンシップのケーススタディ

企業の“人格”を磨き地域に根付く
能力開発やキャリア教育への貢献も

事業立地の観点に立てば、企業にとって地域社会は商圏であり、また製造や物流の拠点として重要な意味を持ちますが、近年はそうした関係性だけでなく、企業も、企業で働く従業員もその地域コミュニティーの一員と捉え直し、“企業市民”として求められる役割や責任を積極的に果たしていこうとする動きが広がりつつあります。「コーポレート・シチズンシップ」と呼ばれる取り組みです。

人間関係において個人がより多くの役割や責任を果たすほど、その人格に信頼が集まるのと同様に、企業も自らのよって立つ地域社会の発展に貢献することで評価と信頼を積み重ね、それぞれの地域コミュニティーにより深く根付いていきます。その意味では、コーポレート・シチズンシップは、企業の人格を形成し磨き上げる取り組みであり、また企業の人格そのものであるともいえるでしょう。

わが国において、こうした考え方自体は決して新しいものではありません。よく知られるのが、近江商人が商売の要諦として伝えた“売り手よし、買い手よし、世間よし”の「三方よし」。三方よしとは、売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手を心の底から満足させ、さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献しなければならないとする経営理念です。CSR(企業の社会的責任)が厳しく問われる時代背景から、あらためて評価されている先人の知恵であり、欧米発祥のコーポレート・シチズンシップとの思想的な共通性もよくいわれています。

コーポレート・シチズンシップによる社会貢献はいまや環境・文化・教育など多方面に広がっていますが、なかでも最近、注目を集めているのがキャリア教育や能力開発の分野における実践活動です。

コンサルティングファーム大手のアクセンチュアは、事業活動で培った人材のスキルを高めるノウハウを活かし、2015年までに世界各地の50万人が社会参加のためのスキルを身に付けることを目指す「Skills to Succeed」という活動を展開しています。日本ではその一環としてNPOと連携し、若者の就業力・起業力強化の取り組みを実施。これが高く評価され、2014年1月に経済産業省主催の「第4回キャリア教育アワード」の優秀賞を受賞しました。また証券最大手の野村グループでは、小・中学生から大人まで、幅広い世代を対象とした金融・経済教育に90年代から取り組んでいます。同社の社員が全国各地の小・中学校や高校などへ出向き、経済や金融のしくみをわかりやすく教える出張授業を実施。健全な資本市場の育成を目指し、将来の日本経済を担う人材により実践的な、活きた知識と見識を提供しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...

関連する記事

2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
CI活動
企業のCI活動を取り組んでいくにあたり、どのようなことがCIとして認識され、どのように取り組んでいくのか基本がわかっておりません。各企業ごと違うと思うのですが、基本となる活動事例やそのような資料URLがありましたら、教えてください。
企業・従業員ロイアリティを高めるための施策
企業・従業員ロイアリティを高めるためにいろいろ考えておりますがどんなテーマで考えたらいいのか、どんなことを社員と話し合うことが良いのか迷っております。 考え方や方法にアドバイスいただければうれしいです
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ キャリア開発 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 働くパパママ育休取得応援奨励金

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...