無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】イチゲイサイヨウ 一芸採用

「一芸採用」とは、企業が社員の採用において、特定の分野での実績=“一芸”に秀でた応募者を積極的に評価する選考制度のことです。評価対象となる分野はスポーツや学業、社会貢献、起業、資格取得など。面接や筆記試験といった通常の採用手法では見えにくい若者の個性や特技に光を当て、物事への高い挑戦意欲や、幅広い能力をもった人材を確保するのがねらいです。「一芸入社」とも呼ばれ、新規事業創出や組織活性化を促す目的で導入する企業が増えています。
(2014/1/27掲載)

一芸採用のケーススタディ

志望動機は問わず、適性検査もなし
個性と挑戦心を求める“攻め”の採用

景気回復に伴い、多くの企業が新卒者の積極採用に転じる中、面接や筆記試験あるいは学校推薦といった通常の手法とは別に、応募者の一芸で人材発掘を図る動きが広がっています。デフレ下では、厳しい就職戦線にさらされた学生が内定獲得のためのノウハウやテクニックに走る一方で、企業側も“守り”に入り、ともすると個性的な若者の採用には慎重になりがちでした。その結果、組織内の人材が同タイプに偏る傾向に。「一芸採用」導入の背景には、そうした紋切り型の採用活動への反省もあるようです。

この流れに先鞭(せんべん)をつけたといわれているのは富士通です。2011年春の新入社員採用から「チャレンジ&イノベーション採用」と銘打って一芸採用枠を新設しました。同枠は通常枠と比べると、適性検査やグループワークなどの過程がなく、選考にあたっては志望動機もあえて問いません。学生時代に打ち込んできた内容や実績、物事にチャレンジする意気込みを応募者にプレゼンテーションしてもらい、エントリーシートと面接だけで採用を決定する方式です。

同社の採用サイトなどによると、これまでに一芸採用枠で内定を獲得した応募者には、難関の公認会計士試験に現役合格した学生やビジネスコンテストで複数回入賞した外国人留学生、囲碁の学生チャンピオンといった、多彩な一芸の持ち主が並びます。ラクロスやシンクロナイズド・スイミングの元日本代表などスポーツの分野で輝かしい実績を上げた人材もいれば、各種学会や大学で表彰を受けた「学業優先組」の顔ぶれも。

制度導入から三年間で採用は計45人にのぼり、社内では、これまで富士通には集まらなかったようなユニークな個性や挑戦心、自立心を持った人材の発掘につながっていると評価されています。

ソフトバンクが、分野や領域に関係なく、ナンバーワンの実績をもつ人材を求めて導入した「NO.1採用」も、一芸採用の一種と言えるでしょう。何であれ、その道の一番を目指して勝ちとった経験とそこへ至るまでのプロセスを、書類審査とプレゼンテーション(面接)のみで評価するのが特徴です。これまでに衛星開発コンテストや起業家選手権の優勝者、レスリングの日本王者といった、多様なナンバーワン人材が採用されています。また13年末には、過去三年連続で新卒採用枠を約350人に抑えていたパナソニックが、積極採用への転換を発表。15年春入社の新卒社員を700人と前年に比べ2倍に増やすと同時に、採用方法についても一芸採用の導入を打ち出し、大きな話題を呼びました。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード