企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オイダシベヤ 追い出し部屋

「追い出し部屋」とは、会社が募集する希望退職に応じないリストラ対象社員を集めて、自己都合退職に追い込むといわれる部署の通称です。業績の不振から大規模なリストラを進める大手電機メーカーを中心に設置されているといわれ、2012年12月に朝日新聞がその存在を報じて以来、大きな議論を呼んでいます。報道によると、配属された社員は社内失業状態に陥り、自らの出向先を探すことや雑用などの単純作業ばかりを強いられたあげく、最終的には“自主的”な退職を選ばざるをえなくなることから「追い出し部屋」と呼ばれています。
(2013/3/11掲載)

追い出し部屋のケーススタディ

リストラ対象者に事実上の“退職強要”か
厚労省調査で大手企業5社に注意呼びかけ

追い出し部屋」が社会問題として認知されるようになったのは、昨年12月31日付の朝日新聞の「限界にっぽん」という特集記事がきっかけでした。記事によると、追い出し部屋と呼ばれているのは、戦力外と見なされた社内失業者の受け入れ先部署であり、長期不況に耐えきれず大規模リストラに踏み切った大手電機メーカーをはじめ、多くの企業で同様の対応がとられているとの指摘も少なくありません。

企業側はこれらの部署への異動について、「新たな技能を身につけてもらい、新しい担当に再配置するため」などと説明していますが、しかしその実態は、会社にいても仕事のない「社内失業者」を集めて、事実上の“退職強要”を行うしくみではないかと問題視されているのです。そこで命じられるのは、自分の転職先探しや箱詰め、議事録作りなどの雑用ばかりではなく、上述の記事の続報(2013年1月28日付)では、給与水準の高いベテラン社員がほぼ達成不可能な過大なノルマや賃下げまで強いられて追い込まれるケースがとりあげられ、問題の深刻さや広がりが浮き彫りにされました。

一連の報道を契機に、政府も企業に対して「退職の強要」などの違法行為がないか実態調査に乗り出しています。厚生労働省はまずパナソニック、シャープ、ソニー、NEC、生命保険大手の朝日生命保険の5社を対象に先行調査を実施。調査結果によると、企業が従来外注してきた業務を内製化させるための部署や、新たな業務に従事させるための研修などを行う専門部署を設けている事実は確認されたものの、明らかに違法といえる事案は認められませんでした。しかし一方で同省は、社員にしつこく退職を迫れば民法の「不法行為」にあたるとして全社に注意を促しています。

注意を促された5社のうち朝日生命保険は、追い出し部屋として報じられた「企業開拓チーム」を、3月末で廃止すると発表しました。同社は部署の廃止について厚労省からの注意とは無関係と説明していますが、この問題が発覚して以来、同様の部署の廃止が公になったのは初めてのケースです。厚労省は今後、調査対象を拡大する方針で、同様の追い出し部屋があると指摘されている企業についても、違法な退職強要がないか人事担当者などから聞き取り調査を行うとしています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ホワイト企業
「ホワイト企業」とは、社員に劣悪な環境での労働を強いる企業を指す「ブラック企業」の対義語。社員の待遇や福利厚生などが充実し、数ある企業の中でも働きやすさにおいて特に優れている企業、という意味合いで使われる言葉です。就職や転職の際にブラック企業が避けられるのとは対照的に、安心して仕事に打ち込めるホワ...
出戻り社員
「出戻り社員」とは、一度自主退職して他社で働いたり、独立したりした人が元の会社に再雇用されること、またはその社員を指す言葉で、「ブーメラン社員」とも言われます。日本の伝統的な就業観から、かつては戻る側にも受け入れる側にも抵抗がありましたが、転職が一般化したことや深刻な採用難から、最近では出戻り社員を...
企業内大学
企業が社員教育のため社内にさまざまな講座を開設し、社員が自分の希望に沿って受講できる自発的な研修制度。「コーポレートユニバーシティ」とも呼ばれ、近年、国内企業においてその必要性が高まり、急速な広がりを見せています。

関連する記事

優秀な人材ほど流出する リストラと人材紹介
大企業の再生計画のニュースが報じられると、同時に話題となるのが「リストラ」、つまり人員削減だろう。リストラが行われそうだと知ると、先手を打って自力で転職しようという人が増えるので、人材紹介会社にとっては好機と言える。しかしそれは一方で、リストラの難しさを物語っ...
2016/03/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で扱う「第二新卒」に対しても、その点を重視する企業は多いのだが――。
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

雇用調整助成金について
生産調整休業を週1回行っております。 ただし、一部の部署は休業対象外としております。 その部署で、派遣社員を数名使っておりますが、他の部署の 正社員が休業で、派遣社員に労働させることに問題がありますか? よろしくお願いします。
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
いじめが行われている部署への事情聴取について
いつもお世話になります。 この半年間、同じ部署内で、若手社員が3名退職しました。  ①一昨年の新入社員1名(9/6付)  ②昨年の新入社員1名(1/31付)  ③4年前に入社した新入社員1名(1/31付) 新入社員の採用は1名で、一昨年と4年前の間は新入社員は採用しておりません。 退職理由は異なり...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...