企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】オイダシベヤ 追い出し部屋

「追い出し部屋」とは、会社が募集する希望退職に応じないリストラ対象社員を集めて、自己都合退職に追い込むといわれる部署の通称です。業績の不振から大規模なリストラを進める大手電機メーカーを中心に設置されているといわれ、2012年12月に朝日新聞がその存在を報じて以来、大きな議論を呼んでいます。報道によると、配属された社員は社内失業状態に陥り、自らの出向先を探すことや雑用などの単純作業ばかりを強いられたあげく、最終的には“自主的”な退職を選ばざるをえなくなることから「追い出し部屋」と呼ばれています。
(2013/3/11掲載)

追い出し部屋のケーススタディ

リストラ対象者に事実上の“退職強要”か
厚労省調査で大手企業5社に注意呼びかけ

追い出し部屋」が社会問題として認知されるようになったのは、昨年12月31日付の朝日新聞の「限界にっぽん」という特集記事がきっかけでした。記事によると、追い出し部屋と呼ばれているのは、戦力外と見なされた社内失業者の受け入れ先部署であり、長期不況に耐えきれず大規模リストラに踏み切った大手電機メーカーをはじめ、多くの企業で同様の対応がとられているとの指摘も少なくありません。

企業側はこれらの部署への異動について、「新たな技能を身につけてもらい、新しい担当に再配置するため」などと説明していますが、しかしその実態は、会社にいても仕事のない「社内失業者」を集めて、事実上の“退職強要”を行うしくみではないかと問題視されているのです。そこで命じられるのは、自分の転職先探しや箱詰め、議事録作りなどの雑用ばかりではなく、上述の記事の続報(2013年1月28日付)では、給与水準の高いベテラン社員がほぼ達成不可能な過大なノルマや賃下げまで強いられて追い込まれるケースがとりあげられ、問題の深刻さや広がりが浮き彫りにされました。

一連の報道を契機に、政府も企業に対して「退職の強要」などの違法行為がないか実態調査に乗り出しています。厚生労働省はまずパナソニック、シャープ、ソニー、NEC、生命保険大手の朝日生命保険の5社を対象に先行調査を実施。調査結果によると、企業が従来外注してきた業務を内製化させるための部署や、新たな業務に従事させるための研修などを行う専門部署を設けている事実は確認されたものの、明らかに違法といえる事案は認められませんでした。しかし一方で同省は、社員にしつこく退職を迫れば民法の「不法行為」にあたるとして全社に注意を促しています。

注意を促された5社のうち朝日生命保険は、追い出し部屋として報じられた「企業開拓チーム」を、3月末で廃止すると発表しました。同社は部署の廃止について厚労省からの注意とは無関係と説明していますが、この問題が発覚して以来、同様の部署の廃止が公になったのは初めてのケースです。厚労省は今後、調査対象を拡大する方針で、同様の追い出し部屋があると指摘されている企業についても、違法な退職強要がないか人事担当者などから聞き取り調査を行うとしています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...
黒字リストラ
「黒字リストラ」とは、好業績であっても将来的なリスクを見越して、組織をリストラクチャリング(再構築)することをいいます。いわゆる“リストラ”は業績不振とともに行われる人員削減ですが、黒字リストラは立て直しのための人員整理というより、人員の新陳代謝を目的として行われます。年功序列をもとにした賃金体系に...
社内失業
「社内失業」とは、労働者が正社員として企業に在籍していながら仕事を失っている状態を指す言葉です。減産などで一時的に余剰人員が生じるケースと異なり、昨今は、企業が新しく採用した若手人材を適切に教育できず、会社に貢献できるだけの知識も技能もないまま、職場で放置しているという実態が指摘されています。「社...

関連する記事

優秀な人材ほど流出する リストラと人材紹介
大企業の再生計画のニュースが報じられると、同時に話題となるのが「リストラ」、つまり人員削減だろう。リストラが行われそうだと知ると、先手を打って自力で転職しようという人が増えるので、人材紹介会社にとっては好機と言える。しかしそれは一方で、リストラの難しさを物語っ...
2016/03/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介...
2009/07/13掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

出向者の退職届
いつも大変お世話になっております。 出向者が退職する場合、退職届は出向先・出向元 どちらの代表宛に書くものなのでしょうか。 よろしくお願いします。
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...