企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】マンネンルーキー 万年ルーキー

「万年ルーキー」とは、所属する組織内に後輩がいないビジネスパーソンのこと。職場でずっと最年少のまま、新人の仕事をこなし続けている若手社員を指します。2008年のリーマン・ショック以降、新卒採用を手控えてきた企業において増加しているといわれ、後輩を指導したり、大きな案件を自ら動かしたりした経験がないなど、他の企業に勤める同世代とのキャリア格差が問題視されています。
(2012/10/5掲載)

万年ルーキーのケーススタディ

職場の高齢化のあおりで30代でも“下っ端”
長過ぎる下積みが貴重な若手を指示待ち社員に

万年ルーキー」社員の増加という現象が物語っているのは、日本企業における“職場の高齢化”の進行です。厚生労働省の賃金構造基本統計調査で、職場で働く人の平均年齢の推移をみると、東京オリンピックが開催された1964年には男性が32.9歳、女性が28.2歳でしたが、2011年には男性が42.3歳、女性が39.9歳と、それぞれ10歳ほど上昇しています。近年の新卒者採用の抑制による若年社員の減少が、高齢化の大きな原因の一つであることは疑いありません。

多くの企業が学生の青田買いや囲い込みに奔走したバブル期の大量採用もいまは昔。とりわけリーマン・ショック以降は、新卒採用の凍結さえ珍しくない“超氷河期”が続いています。帝国データバンクが全国の企業を対象に毎年実施している「雇用動向に関する企業の意識調査」によると、ここ数年は、有効回答約1万社のうち4割前後の企業が「正社員の採用予定はない」と答えています。大企業に限っても、2割前後が採用を凍結。産業別では不動産、卸売業、建設業といった業種に採用を手控える傾向が強く見られました。

組織の新陳代謝が滞り、職場が高齢化していくなか、特に他の部署に比べて新人が配属されにくい管理部門や研究・開発などの専門分野で、長過ぎる下積みに甘んじ続けているのが「万年ルーキー」社員です。彼らの多くは20歳代半ばから30代にさしかかる頃。それでも後輩がいないため、いつまでも職場で下っ端扱いされ、電話とりから会議の議事録づくり、飲み会の幹事に花見の場所取りまで、本来なら新入社員に任されるべき仕事もフル回転でこなさなければならないといいます。

IT関連など伸び盛りの業種では、すでに管理職として大きな仕事を取り仕切っている同年代も多いのに、自分は後輩を指導したことがない――彼らが、そんな焦りを抱くのは無理もありません。むしろ焦りを感じていないとしたら、事態はより深刻でしょう。人材育成や組織開発の観点からすると、万年ルーキーの何が問題なのか――後輩の育成や部下のマネジメントの訓練機会が失われることはもちろんですが、最大のデメリットはそうした“下っ端扱い”に本人が慣れきってしまうことです。主体的に考えて行動する習慣が身につかず、貴重な若手人材が、与えられた仕事を漫然とこなすだけの指示待ち社員になってしまいかねません。

仮に新卒採用を凍結せざるを得ない経営状況であったとしても、後輩のいない社員を万年ルーキーにしないために、業務上の提案を積極的に募ったり、社外の同年代との交流を支援したりするなど、貴重な現有の若手人材の積極性を引き出すために会社として手を尽くすべきでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
採用広報
「採用広報」とは、目標とする採用人数を達成することと、自社が求める人材の獲得を目的に、Webサイトや動画・SNS、パンフレット、イベントなどを通じて求職者に自社の魅力をPRしていく広報活動を指します。
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
採用成功企業はここが違う!ITエンジニア採用の最新動向 ~採用成功のカギを握る「採用メタ認知力」とは!~
企業のIT/Web(以下、ITで表記)への投資が拡大している。しかし一方で、ITエンジニア(以下、エンジニアで表記)の採用難が大きなテーマとなっている。特に問題なのは、今後さらにエンジニアの採用が厳しくなっていくことだ。そのような環境下でも、エンジニアを採用す...
2015/03/18掲載注目の記事
中途採用の「意義」
多様化する採用市場における中途採用の最新事情とそのメリットとは?
2016/07/15掲載よくわかる講座

関連するQ&A

【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。