企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】インフォーマル ラーニング インフォーマル・ラーニング

直訳すると「非公式な学習」。会社であらかじめ設定され、計画的に提供される社内研修や講習会、ワークショップなどの「フォーマル・ラーニング」(公式な学習)に対して、「インフォーマル・ラーニング」とは個人で学ぶ学習のことです。当面の課題に必要な知識や情報を自主的に調べたり、日常業務の中で社員同士が教え合ったりして習得する自発的な学びの機会を指します。
(2011/4/18掲載)

インフォーマル・ラーニングのケーススタディ

職場における学習機会の80%は
非公式で自発的な発見や気づき

インフォーマル・ラーニング」という用語自体は聞き慣れなくても、考え方は、決して目新しいものではありません。職場でわからないことがあれば上司や先輩に直接質問したり、ベテラン社員の行動を観察・模倣したり、休憩時間中に同僚と意見交換して刺激を受けたり、顧客とのやりとりでヒントを得たりするなど、古くからOJT(実務指導)という形態で取り入れられ、受け継がれてきた学びのアプローチです。また企画立案の準備に、検索エンジンやソーシャルメディアで情報を収集する、社内のヘルプデスクやナレッジマネジメントのシステムを活用するといった方法もこれに当たります。

社内研修に代表されるフォーマル・ラーニングでは、組織が従業員に伝えたい内容、能力開発したい内容をあらかじめ設計して学習させます。したがって社員がそのプログラムを自主的に受けるというよりも、上からの要請や指導で受けることが多いのは否めません。これに対して、「知りたいから知る」「学びたいことを学ぶ」のがインフォーマル・ラーニング。事前に設計されていない学習だからこそ、自発的な意志がその動機となるのです。職場での周囲との何げない会話から、学びたいと意図した以上の、思わぬ気づきや発見が得られたりするように、この「学び」には偶発的な効果も多分に含まれます。

ある調査によると、一般的な職場における“学びの機会”はフォーマル・ラーニングが20%、インフォーマル・ラーニングが80%という割合だといいます。つまり働く大人の学びを主に支えているのは、会社が提供するようなフォーマルな研修やセミナーではない。インフォーマルな職場での自発的な発見や他者との対話を介した気づきのほうが、より多くの成果をもたらしているといえるのです。

インフォーマル・ラーニングの機会をもっと充実させれば、学習効果が高まり、人材育成コストの削減にもつながるでしょう。社員同士がお互いに学び合い、教え合えるコミュニケーションの場。豊富なナレッジの蓄積にいつでも誰でもアクセスできたり、ベテランから気軽にアドバイスが得られたりするしくみ。そうした環境を整えて自発的な学びを促すことも、人材育成部門に求められる重要なテーマの一つではないでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ワークプレイスラーニング
ワークプレイスラーニングとは、「働く現場における学習」のことです。個人のスキル向上と組織パフォーマンスの改善を目的とした学習の仕組みをつくり、日々の実務のプロセスに組み込むことによって、高い学習効果を実現します。人材の能力開発に有効な手段として注目されています。
ピア・ラーニング
「ピア・ラーニング」とは、学習者同士が互いに協力しながら学び合う学習手法のことをいいます。「ピア(peer)」とは仲間のこと。教師が講義をして、学習者が聞くという旧来型の一方向的なコミュニケーションではなく、学習者同士が協働して同じプロジェクトを遂行することで、学習者が主体的に学ぶ「アクティブ・ラー...
反転授業
「反転授業」とは、従来の授業形態を「反転」させた学習スタイルのことを指します。従来の学習ではインプットを授業中に、アウトプットを宿題として行っていました。しかし、「反転授業」ではまさにこの逆。インプットを家庭で、アウトプットを授業中に行うのが特徴です。具体的には、事前に家庭でeラーニングなどを用いた...

関連する記事

5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
3. eラーニングと集合研修の特徴
ここでは集合研修および他の学習形態とeラーニングそれぞれの特徴を整理。集合研修の一部をeラーニングに置き換える、集合研修の前後の課題をeラーニングで補完するなど、より学習効果が得られる研修設計のためのヒントを提示する。
2013/03/28掲載よくわかる講座
6. eラーニング研修の企画・導入のポイント
eラーニング研修の企画・導入のポイントを整理。「他の教育手法を含めて検討する」「受講者のニーズを把握する」「学習効果を上げるための仕組み」などについてまとめた。
2013/03/28掲載よくわかる講座

関連するQ&A

英語で学ぶE-ラーニングツール
会計分野あるいはBPRについて、英語で学習するE-ラーニングツールがあれば費用や内容など教えていただきたいです。学習者が外国人のため、日本語のサイトだと学習効果という点で困難なところがあるためです。よろしくお願いいたします。
Eラーニングのデザイン
簡単なEラーニングを社内で作成できるような体制を整えています。インストラクターによるトレーニングとは異なり、EラーニングにはEラーニングでも分かりやすく作成するようなインストラクショナルデザイン、Eラーニングの作り方等あると思うのですが、そういった内容を研修担当者が学習できる講座をご存知ないでしょう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...