無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】キボウリュウネンセイド 希望留年制度

卒業時までに企業から内定をもらえなかった学生に対して、翌年度も就職に有利な“新卒”として就職活動ができるよう、本人が希望すれば留年を認め、在学させる制度です。「卒業延期制度」とも呼ばれ、就職戦線の激化を背景に導入する大学が増えています。
(2010/8/2掲載)

希望留年制度のケーススタディ

“新卒”にこだわって再チャレンジ
就職留年を公認・支援する大学が増加

読売新聞が全国の国公私立4年制大学735校を対象に実施した調査によると、今春、卒業年限を迎えながら留年した学生が全国で少なくとも7万9000人いると推計されることが明らかになりました(読売新聞 2010年7月6日付)。2009年度の卒業予定者数と実際の卒業者数の差は7万9000人ですが、そのほぼ全員が就職留年者である可能性がきわめて高いと判断されたのです。国の推計による今春の就職率(4月1日時点)は過去ワースト2位の91.8%ですが、この数字は卒業者を対象に調査したもので、留年者は含まれていません。国の調査によると、約3万1000人が、就職が決まらないまま卒業しており、今回明らかになった7万9000人の就職留年者と合わせると、約11万人がいわゆる“就職浪人”であるという計算になります。

採用側の根強い“新卒主義”を背景に、学生があえて卒業に必要な単位を落としたり、卒業論文を提出しなかったりして、浪人の道を選ぶケースは以前からありました。08年のリーマンショックの影響で“内定取り消し”が頻発して以降は、大学側も学生支援のために、授業料を減額するなどの特別措置で留年を認める制度を次々と導入。さらに今年は、内定取り消しに遭った学生だけでなく、就職活動が不調だった学生にも、制度の対象を広げているのが特徴です。

湘南工科大(神奈川県藤沢市)は今春から、内定取り消しでなくても就職活動を続ける学生のために「就職支援特別在籍制度」を設けました。在籍には年間22万円が必要ですが、教員から履歴書の書き方や面接の受け方などについて指導を受けることができます。青山学院大(東京都渋谷区)も来年度から「卒業延期制度」を導入。授業料は基本的に半額とし、学生の経済的な負担が重くならないように配慮するといいます。こうした制度を導入した大学は、リーマンショック以前から実施していた立教大(東京都豊島区)や成蹊大(東京都武蔵野市)も含めると、全国で数十校におよぶと見られています。

もっとも「卒業要件を満たしているのに大学公認で留年させる」という手法について、大学内には異論もあるようです。明治大(東京都千代田区)も1割の授業料で在籍させる特例措置を設けていますが、同校就職キャリア支援部の杉林宏茂事務長は「就職が決まらないという理由だけで特別な在籍を認めるのは不公平だ。こうした措置が広がり過ぎると、逆に企業側が内定切りしやすくなる面もある」と指摘しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「希望留年制度」に関する記事

「希望留年制度」に関する人事のQ&A

内定者懇親会での内定者からの質問について

いつも参考にしております。
内定者フォローの一環で実施する、懇親会についてご質問です。

当社では、内定者フォローの一環として懇親会を実施しており、毎年恒例の社内行事として浸透しつつあります。今年度は...

No.99さん
神奈川県/ マーケティング・リサーチ・テレサービス(従業員数 101~300人)
2019/12/12 19:01 ID:QA-0089085 新卒採用 解決済み回答数 4 件

内定承諾書を回収し、音信不通となった場合の内定取消しについて

初めて相談をさせていただきます。

内定通知を出し、7月に承諾書を受け取っています。
その後連絡が取りづらくなりましたが、1週間ほど待つと返信があったので気にしていませんでした。
しかし1ヶ月ほど音信...

人事採用担当さん
東京都/ 広告・デザイン・イベント(従業員数 51~100人)
2019/10/17 15:42 ID:QA-0087760 新卒採用 解決済み回答数 4 件

「希望留年制度」に関する書式・テンプレート

秋採用実施に向けての準備・強化ポイント

新卒採用において「秋採用」とは、9月~12月初旬までの採用活動を指します。春から就職活動を継続している学生が中心となりますが、海外に留学している日本人留学生、大学院試験・公務員試験後に就職活動を開始した学生、研究が忙しく出遅れた理系学生なども対象となります。

ダウンロード