無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】フリーミアム フリーミアム

フリーミアム(Freemium)は、フリー(free、無料)とプレミアム(premium、割増)を合わせた造語。基本的なサービスを無料で提供する一方、より高機能な、または特別に追加されたサービスについて課金することで収益を得るビジネスモデルを指します。
(2010/7/16掲載)

フリーミアムのケーススタディ

ネットが可能にした新しいビジネスモデル
非ネット分野にも広がる「FREE」の波

2006年3月、米国のベンチャー投資家のフレッド・ウィルソンが「サービスを無料で提供し、場合によっては広告収入で支え、口コミ、紹介ネットワーク、有機的な検索マーケティングなどで非常に効率的に多数の顧客を獲得し、そして、顧客基盤に対して付加価値サービスや強化版サービスを割増価格で提供する」というビジネスモデルを発表、後にジャリド・ルーキンの提案を容れて、これを「フリーミアム」と名付けました。

その後、米「WIRED」誌のクリス・アンダーソン編集長が09年7月に出版した著書『Free:The Future of a Radical Price』で紹介され、フリーミアムは一躍注目のキーワードに。同書は、フリーミアム戦略に基づいて、発売と同時に前例のないインターネットでの「2週間限定・全文無料公開」を実施。無料ダウンロード数が30万件を超えたにもかかわらず販売も好調で、ベストセラーになっています。同書は、日本でも『フリー <無料>からお金を生み出す新戦略』(NHK出版)の書名で出版されています。

「商品やサービスの一部を無料で提供する」という概念は決して新しいものではありません。基本的には無料サンプルやおまけを提供して顧客を誘引する手法と同じです。しかし従来のアナログ商品の場合、例えば製造コストがかかる食品や化粧品などでは、無料の試供品を配るほど提供コストがかさみますが、デジタルコンテンツはいったん基本サービスさえ完成すれば、いくら配っても提供コストはほとんどかかりません。ウェブ上では、「95%が無料ユーザーでも、5%の有料ユーザーがいればビジネスは成立する」といわれるほど。そのため有料ユーザーの比率を高めることよりも、まずは魅力的な無料サービスを開発し、利用者の裾野を広げることが求められます。こうしたWeb2.0以降のネットサービスとの親和性こそが、フリーミアムの成長要因です。

もっともフリーミアムの導入は、ネット上だけにとどまりません。日本マクドナルドは2009年7月から、一部の時間帯に無料でコーヒーを提供し、集客増に成功しましたが、これもコーヒー以外の商品購入を促すためのフリーミアム戦略といえるでしょう。

さらに“FREE”の波は、企業の人材育成サービスにまで広がってきています。経済の停滞が長引くなか、時間と経費がかかる人材育成をどうするかは多くの企業にとって悩みの種。とくに社員研修は費用対効果が判然としません。そこで、人材育成・組織開発コンサルティングを手がける株式会社IWNC(東京都港区)は、研修事業にフリーミアムを導入。今年6月に人事部門、人材育成部門責任者、経営者、事業責任者などを対象とする「無料チームビルディング公開コース」を実施しました。リゾート地での1泊2日の体験型研修で、通常は1名あたり約12万円のコースですが、今回は宿泊費も込みで0円。15年間で6,000人に同社の学習プログラムを提供した和田祐司氏は「今回の企画は、日本におけるチームビルディングの浸透が目的のひとつ」と説明します。果たして“FREE”は新たな事業展開の呼び水となるか、大いに注目されるところです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード