無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】アッパクメンセツ 圧迫面接

圧迫面接とは、採用面接において、面接担当者がわざと意地の悪い内容の質問や厳しい批判をしたり、威圧的な態度をとったりして、受験者の受け答えを観察・評価する面接手法です。仕事上のトラブルや顧客・取引先からのクレームなどを想定し、受験者が緊迫した状況にどれだけ対応できるか、ストレス耐性や打たれ強さを見るために行われるといわれます。
(2010/3/1掲載)

圧迫面接のケーススタディ

背景に“ストレス耐性”を重視する風潮
パワハラ、人権侵害と見なされるリスクも

圧迫面接では、受験者に対して次のような質問がよく行われます。

「部署や業務が志望通りではなかったら、どうしますか? 転職するんですか?」

「うちには向いていないと思いますが」

「どうせしばらくしたら辞めて家業を継ぐ(結婚する)んでしょう?」

「うちが不合格になったらどうするの?」

(趣味や学生時代の活動を聞いた上で)「それのどこがおもしろいの?」

採用の現場では、就職マニュアル通りの模範回答に終始する受験者の本質や本音を引き出すためのテクニックとして、古くから圧迫面接が用いられていました。とりわけバブル経済崩壊後の就職氷河期においては、買い手市場を背景に受験者をふるい落とす目的で安易に行われる風潮が広がり、企業側が批判を受けることもありました。

実際、上記のような質問によって、社会経験の乏しい学生がプライドを傷つけられたと感じたり、就職意欲を失ったりするケースが後を絶たないことから、近年では、圧迫面接は「面接の名を借りたパワーハラスメント」と解され、人格否定・人権侵害と批判されることも少なくありません。またインターネット上に、就職活動中の学生の口コミで「あの会社は圧迫面接をしている」「圧迫面接で泣かされた」といった噂が広がり、応募者の減少や企業のイメージダウンにつながる恐れも指摘されています。

もっとも、上記のような高圧的な言い方ではなくても、受験者からすれば圧迫面接と受け取られる場合があります。要領を得ない受け答えに対して、面接担当者が「なぜ」「どうして」と発言内容を掘り下げていく、“突っ込み”が圧迫と見なされるのです。本来、受験者の発言が論理的で要点をおさえていれば、「なぜ」「どうして」と問われないわけですから、これは昨今の若年層のコミュニケーション能力不足が起因しているといえるでしょう。どこまで厳しければ圧迫面接で、どこからがそうでないのか、採用側(企業)と受験者側(学生)の間に認識の違いがあるのは否めません。

圧迫面接という手法の是非は別として、ビジネス環境が厳しさを増し、企業の採用枠も限られるなか、採用側がストレス耐性の高さや打たれ強さを重視する傾向はさらに高まると考えられます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
面接評価シート

採用面接評価シートの例です。サンプルとして、新卒採用面接の評価コメントの記入例がついています。テンプレートとしてダウンロードし、他の用途・項目に使用することも可能です。

ダウンロード

関連するキーワード