企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ワークショップ ワークショップ

ワークショップとは元来、「工房」「作業場」など協働で仕事を行う“場”を表す言葉。教育研修の手法としては、参加体験型グループ学習を意味します。講師から一方的にナレッジを受け取るだけの講義やセミナーとは違い、参加者自らが積極的な意見交換や協働体験を通じて、実践的な知識・技術を学びとるのが特徴です。研究や創作活動の手法として、あるいはまちづくりなどのコミュニティ活動における問題解決や合意形成の場として活用されることも多く、近年はあらゆる分野で広くワークショップが行われています。

ワークショップのケーススタディ

参加者の主体的な学習意欲を引き出す
ファシリテーターの役割が成果のカギ

ワークショップは、教育を受ける側の参加者(学習者)が主体となって進められます。教育研修とはいえ、参加者は受け身で教えられるだけでなく、自らプログラムに取り組み、議論や協働体験を進めていく積極的かつ協力的な姿勢が求められるのです。

ただ参加者だけでは、自発的なグループ学習を運営し成果を上げることはできません。とくに企業研修では、本人の意志にかかわらず半ば強制的に出席させられているケースが多いため、主体的な参加意識を初めから全員に期待するのは、現実問題として難しいでしょう。

そこで重要になってくるのが、講師や先生ではない、「ファシリテーター」と呼ばれる進行役の存在です。ファシリテーターとは、「促進する」「助長する」という意味の英語‘facilitate’の派生語で、日本語では「引き出し役」などと意訳されることもあります。対話を通じて参加者一人ひとりのやる気や知恵、経験を引き出し、互いの学びあいから一定のアウトプットや問題解決が導き出せるよう、ディスカッションの場を活性化させる役割です。主体はあくまで参加者なので、ファシリテーターはいくら答えがわかっていても自分の考えを押しつけてはいけません。どのように進行していくかが、ワークショップの成否を分けるといっても過言ではないでしょう。

近年、人材開発戦略の一環として「企業内大学」制度を設ける企業が増えていますが、社員に自立・自律的な学習を促す狙いから、各大学の“講座”では従来の受け身の研修に代わり、ワークショップの手法がさかんに導入されています。

広告会社の博報堂では全社員のクリエイティビティを底上げするために、2005年には「博報堂大学」を設立していました。社内外のすぐれた人材をファシリテーターやコーディネーターに招き、さまざまなテーマについて構想を深めるユニークなプログラムを実施しています。参加者にはレポートや提案などのアウトプットが義務付けられ、そこから実際のビジネスアイデアに結びつくことも少なくないそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

Tグループ
「Tグループ」とは「トレーニンググループ」の略で、自己理解や他者理解、リーダーシップといった人間関係に関する気付きを得るための学習方法です。心理学者のクルト・レヴィンらが1946年に米国コネチカット州で、教育関係者やソーシャルワーカーなどを集めて、人種間の差別撤廃に向けたワークショップを行ったことが...
研修内製化
研修内製化とは、社外の人間を講師にして外注していた研修を、社内で完結されるかたちに変えることをいいます。研修内製化には、研修コストを削減できること以外にも、企業独自の研修を実現できることや、ノウハウを蓄積して社内で引き継いでいけることなど、複数のメリットがあります。近年では研修を外部に委託せず、自社...
インストラクショナルデザイン
「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が...

関連する記事

5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
2016/06/10掲載よくわかる講座
4.研修の準備と段取り
研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

メンタル対応可能な産業医を紹介します POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。