企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジョブリターンセイド ジョブ・リターン制度

結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。
(2008/11/17掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョブ・リターン制度のケーススタディ

広がる退職者の再雇用支援
「戻れる安心感」でワークライフバランスを推進

優秀な人材の確保やイメージアップ、業績・生産性の向上につながるという理由から、重要な経営戦略として「ワークライフバランス」(仕事と生活の調和)の推進に取り組む企業が増えています。

ポイントは働き方の選択肢を拡げる制度づくり。育児、介護、ボランティア活動など、社員それぞれのライフプランや多様なニーズにきめこまかく対応するのがねらいです。「ジョブ・リターン制度」はそうした人事制度の代表例で、大手企業を中心に導入の動きが広がっています。たとえばサントリーでは2007年4月から、育児や介護といった家庭の事情を理由に退職した社員が10年以内なら復帰できる「ジョブ・リターン制度」を導入しました。勤続3年以上の全社員が適用対象で、退職時にあらかじめ申請・登録することが条件となります。男性も利用可能ですが、現状では利用者の大半は女性。男性社員への啓発が今後の課題になるでしょう。

トヨタ自動車、シャープ、首都高速道路、横浜銀行、秋田銀行、三菱鉛筆――多くの企業が同様のしくみを設けていますが、選考による採用、対象を女性に限るなど、各社の状況に応じた制度設計となっています。そうした中、森永乳業では08年10月から従来の再雇用制度の枠組みを拡充した「リターンジョブ制度」を導入しました。同社では07年から育児支援の一環として、出産や育児、配偶者の転勤などを理由に退職した社員に限り再雇用制度を適用していましたが、今回はその対象を大幅に拡大。勤続3年以上であれば、原則として退職時の理由にかかわらず、再雇用する制度に改めたのです。

“無条件の復職”を認めた人事戦略上のねらいを、同社では「当社のノウハウや文化を熟知し、かつ退職後の経験、技術や知識などを培った当社退職者を再雇用することにより、多様な価値観を尊重する社内風土の醸成が図れる」と説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

出戻り社員
「出戻り社員」とは、一度自主退職して他社で働いたり、独立したりした人が元の会社に再雇用されること、またはその社員を指す言葉で、「ブーメラン社員」とも言われます。日本の伝統的な就業観から、かつては戻る側にも受け入れる側にも抵抗がありましたが、転職が一般化したことや深刻な採用難から、最近では出戻り社員を...
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第107回 新しい採用スタイル「再入社制度」による効果とは(前編) ~元社員が社外で得た知見を活用することで、人と組織の多様性を実現する~
有効求人倍率がバブル期水準に達し、人材不足が深刻化している。中途採用を行っても、なかなか思うような人材を採用できない企業は多い。このような状況下、一度退職した後に復職する「再入社(出戻り)社員」が注目を集めている。これまでは会社を辞め、他社に就職した社員が戻っ...
2017/07/28掲載人事マネジメント解体新書
人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
組織活性化制度の実際
人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

退職金制度について
当社は平成9年設立の外資系企業です。これまで当社では退職金制度がなかったのですが、今年は他の日本の企業に倣い退職金制度を導入する予定です。 最近の退職金制度でよいと言われているものや、それらのメリット、デメリットや注意点等を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
退職金に代わる制度
退職金のように「辞める時」のためのものではなく、現在働いている社員に対して、リフレッシュ休暇のような5年ごと10年ごとなどで退職前に支給できるしくみにできないものでしょうか? 定年まで職務を果たした方への感謝と慰労を込めたものであればまだしも、熱心さや貢献度が欠ける社員が退職金のために辞めないなら、...
正社員への退職金制度適用について
現在、弊社では正社員に対しての 退職金制度の見直しを考えています。 そこで質問なのですが 例えば同じ正社員の中でも ・退職金制度 ・確定拠出年金制度 ・支給なし 上記のように適用ルールを変えることは可能でしょうか? お手数ですがご教示ください。 よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...