企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ソウキタイショクセイド 早期退職制度

希望退職制度の一手法で、退職金などを優遇する代わりに、定年前に退職を促す制度のことをいいます。近年、導入企業が増え、対象となる年齢も低くなってきています。
(2008/2/18掲載)

早期退職制度のケーススタディ

制度導入にはリスクとメリットが介在
企業・従業員共に、先を見据えた制度利用が求められる

企業の人員削減の手段として、早期退職希望者を一時的に募集する場合と、世代間の人員バランスの均衡を図るために、継続的に早期退職希望者を募集し、積極的な転職支援をする場合の2つがあります。

東京商工リサーチの調査によると、2007年に希望および早期退職者募集の実施を公表した上場企業は60社と、前年(46社)と比べて14社増(30.4%増)となりました。

募集または応募人数が100人以上になったのは、26社(前年16社)。そのうち、応募人数が最も多かったのは、三菱UFJニコスの2,483人。次いで日本ビクター1,399人、パナホーム1,086人、日本航空(グループ会社を含む)約880人、アイフル(グループ会社を含む)の644人、西友(グループ会社を含む)の488人と続きます。募集人数が最も多かったのは、アプラスの750人で、アステラス製薬(グループ会社を含む)の500人がその後に続きます。

上場企業の希望および早期退職者募集は、景気回復に合わせて2002年をピークに減少してきましたが、2007年は5年ぶりに増加に転じました。経営再建中の企業だけでなく、業績が好調な企業で実施している例も散見されます。将来を見据えて、事業規模に見合った人員構成を目指すケースが多いようです。厚生労働省の雇用管理調査によると、従業員規模5,000人以上の企業のうちの約6割、1,000人以上5,000人未満の企業のうちの約4割が、同制度を導入していました。また、全社員数の約2%が、同制度を利用して退職したという企業が約6割に上っています。

同制度は、導入する企業側にとっては、給与の高い高年齢社員の自発的な早期退職を促し、職場の活性化と人件費の削減が見込めるメリットがある一方、割増退職金の支払いなど、一時的な収益悪化が生じたり、優秀な人材が一斉に退職するという懸念もあります。また、利用する従業員側にとっても、早期にセカンドライフプランを構築できる、希望する職種や業界に転職できるといったメリットがある一方で、早期退職後のキャリアプランを明確にしなければ、制度の利用自体が無意味となるリスクもあります。

従業員が同制度を利用する際に、大きな判断材料の一つとなる優遇措置には、「年齢別、勤続年数別に割増退職金が支給される」「特別休暇制度が与えられる」「転職支援、再就職支援を受けられる」といったものがあります。しかし、退職金にかかる税金の控除金額が、勤続年数が長いほど高くなることから、早期退職でも退職金に割増がなかったり、少ない場合には、手取額が定年退職時よりも減る場合があるので注意が必要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。
配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。

関連する記事

「企業年金コンサルティング」サービスの現状と傾向
「企業年金」は加入者の退職後の資産の一つである。しかも、公的年金同様、企業年金も適切な制度運用や環境の変化に応じたメンテナンスを行っていかないと、加入者にも企業自身にも思わぬダメージを与える可能性がある。専門的で分かりにくいといわれる「企業年金」についてポイン...
2007/09/10掲載HRソリューションの傾向と選び方
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
企業の退職金・年金制度を取り巻く環境は、依然として大変厳しい状況にあります。超低金利政策や株式市場の低迷で、年金資産運用利回りは2000年度から3年連続のマイナス。2001年からは新たな退職給付会計が導入され、多くの企業で退職金の積立不足が表面化しています。一...
2005/04/25掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

退職金制度について
当社は平成9年設立の外資系企業です。これまで当社では退職金制度がなかったのですが、今年は他の日本の企業に倣い退職金制度を導入する予定です。 最近の退職金制度でよいと言われているものや、それらのメリット、デメリットや注意点等を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
希望退職募集の場合の退職金
経営がかなり逼迫している状況で、希望退職を募る場合、退職金の上乗せはどれくらいが妥当でしょうか?
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミスなく!手間なく!リスクなく!<br />
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

ミスなく!手間なく!リスクなく!
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

マイナンバーの個人への通知開始まで、半年を切った。企業のマイナンバー対...