無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

  • 組織・人事コンサルティング
  • 人材育成・研修

すべては前向きなマインドが出発点。長谷川文章塾方式で、社会人と企業の成長を支援します。長谷川キャリア文章塾

ハセガワキャリアブンショウジュク

長谷川キャリア文章塾

ビジネスは前向きなマインドがすべてです。長谷川文章塾方式で自省を深め、内に秘めたやる気を引き出します。成長力、思考力、文章力が養えます。

研修は行動の変化こそが重要です。長谷川文章塾方式は脳と手を使います。思考と文章を鍛えることで、行動を前向きにします。終了後も配信する平日毎朝のメルマガで効果が持続します。以上は、受講1年後のアンケートで検証されています。個人も企業も成長!!

当塾のパーパス

ビジネスパーソンのマインドを前向きにする。長谷川文章塾方式で内省と成長を促す。

「失われた30年」と呼ばれるように日本企業の低迷が続いています。なぜ、低迷が長引いたのでしょうか。すべてに共通する要素として「人」にフォーカスしたいと思います。日本人がもっと活力に満ち、クリエイティブで、失敗に寛容なら、今のようにはなっていなかったでしょう。

なぜ、日本人はこじんまりとしてしまったのでしょうか。長い教育で染み付いた「正解主義」があるように感じます。どんな問題にも正解があり、それを暗記して答える習性が身についています。点数による評価、支配的な価値観への従順、力のある人への忖度などが生まれています。

難しい時代に直面して、マインドが硬直していることも無視できません。もっと成長できる、人には潜在能力があるという前向きなマインドが必要です。VUCAと呼ばれる先行き不透明な時代には、前向きマインドの欠如が大きな足かせになっています。

では、どうしたらいいのでしょうか。「考えることでマインドを前向きにする研修」を提案します。「日本のビジネスパーソンの視野は机の回り5メートル」とも言われますが、視野を広げる必要があります。違う視点から発想し、既成の価値観を疑い、常識を超えた行動を模索すべきでしょう。

深く広く考え、マインドを前向きにするためには、どうしたらいいでしょうか。本を読む、旅に出る、人に会う、映画を見る・・・。いろいろありますが、「書く」ことを提案します。頭で考えていることは、書くことで具体化します。

まず課題作文を書いてみましょう。そのための特製テキスト、時事や教養で満たされた平日毎朝のメルマガに触れ、絶えず刺激を受けましょう。野球もサッカーも本を読んだだけでは上達しません。同じ動作を繰り返す練習によって体が覚えていくのです。研修も同じです。1日の講義では効果も限られます。「継続こそ力」「急がば回れ」です。

当塾は2023年1月に開講しましたが、1年前に受講した人にアンケートしたところ、効果が持続していることが確認できました。3ヶ月の文章作成、受講後も配信する平日毎朝のメルマガが大きな理由になっています。思考動作の繰り返しでビジネスパーソンの地力を上げ、個人と企業の成長につなげましょう。40年を超す新聞記者経験があり、国家資格キャリアコンサルタントを保有する長谷川智が全力で支援します。


長谷川キャリア塾代表 長谷川智

サービス展開

課題作文で視野を広げる「マインドアップ講座」

●課題回数:月4回(オンライン面談への代替可能)

●課題内容
1.自己認識(「こんな人生を送りたい」「自分の長所と課題」「これまででうれしかったこと」など)
2.仕事・ビジネス(「これまでで印象に残っている仕事」「自分が社長ならどうする」「生成AIの活用法」など)
3.時事・教養(「日本経済の問題点」「米中対立をどう思うか」「自民党について思うこと」など)
4.就活生向け(エントリーシート項目、メディア希望者にはメディア受験向け課題)

●字数・提出方法:800字程度、ネットで提出

●返送  :遅くとも2日以内で2点返送
1.赤字添削(基本ルールの違反・問題、てにをはの誤り、誤字脱字、疑問点などチェック)
2.講評(A4版で1~2枚。課題の狙い、基本ルール、内容の3分野に分けてコメント)

●教材  
1.特製テキスト「文章の極意」(40~50ページの冊子。初級から上級を解説)
2.書籍「本気の文章上達法を教えます」(長谷川智著、「文章の極意」を大幅加筆)

●メルマガ:平日(月曜から金曜)の朝6時過ぎに配信。内容は以下の通り。
1.「ディ・ウオッチ」(最新ニュース5本程度を選んで紹介。一口コメントを読んで、自分の考えをまとめる)
2.「今日の名言」(その日ゆかりの人物の言葉を紹介。国内外の偉人や著名人が登場。感銘を受けた言葉をチェックし、作文やスピーチで活用できる)
3.「今週の教養」(週替りで幅広い教養的な知識を掲載。歴史、文学、経済・経営、文化・芸術などから選び、自身の興味関心の幅を広げ、深める)
4.「ご意見コーナー」(受講者・読者からの自由な意見を募集し、掲載)

●料金
社会人は1人・月1万3000円。集団受講は3ヶ月コースで、1人・3万5000円
就活生は1人・月1万2000円
(いずれもご要望に応じてオンラン面談を組み合わせます)


長谷川代表の著書「本気の文章上達法を教えます」

マインド論・文章論・メディア論・教養論のセミナー研修

セミナーの講師を引き受けます。テーマと料金は以下の通り。
●テーマ
1.マインド論
  企業にとって何が必要か。硬直マインドから柔軟なマインドへの転換を講義・講演。
2.文章論
  40年を超す新聞記者経験と著書「本気の文章上達法を教えます」を軸に講義・講演。

3.メディア論
  新聞記者(朝日新聞経済部記者、経済部長、編集局長など)、雑誌記者(アエラ記者・副編集長)、テレビ局研修出向(テレビ朝日で9ヶ月間の各種研修)などの経験をベースにして、メディア活用法を講義・講演。

4.「日経新聞の読み方」
  長い経済記者経験でライバルだった日経新聞の読み方を講義・講演。

5.社会人教養論
  著書「ソーシャル・シンキング」を軸に社会人に必要な歴史や教養、社会を見る視点などを講義・講演。

●料金 
対面は90分7万円から(実費別)、オンラインは60分3万円から。


長谷川代表の著書「ソーシャル・シンキング」

時事情報、知識・教養情報が満載のHP

「長谷川キャリア文章塾」のホームページには、2023年1月の開講以来、平時毎朝発行したメルマガをすべて収録しています。その中から、週替り教養講座をピックアップし、すべて収録しています。過去のニュースや教養講座の振り返りに便利です。

塾の概要や考え方、料金、折々に書いたコラムも載っています。毎週拡充される充実のホームページです。

詳細情報

社名 長谷川キャリア文章塾
所在地 〒104-0053  東京都中央区晴海2-3-2-2208
対応エリア 全国
事業内容 マインドアップ研修(長谷川文章塾方式でやる気を引き出す)、各種社員研修(新人からシニア向けまで可能)、各種セミナー・講演(文章論、メディア論、社会人教養論)
事業区分 組織・人事コンサルティング人材育成・研修
代表者名 長谷川智
従業員数 1名
資本金 0
設立 2022年8月
お問合せ先 09072867039
URL https://hasegawa-cwa.com