無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

「なんでこんなこともできないの?」って聞いてませんか??

社員の定着率を上げるコミュニケーション 

⑪「なんでこんなこともできないの?」って聞いてませんか??

 

何かトラブルが起こったとき、部下が失敗したとき、

もしくは、失敗はしていなくても上司であるあなたの期待通りにはいかなかったとき、

「どうしてこんなことも出来ないの?」と言っていませんか?

 

この言葉は、部下にしてみると、「全否定」に捉えてしまっています。

部下は「すみません。」や「今度は頑張ります。」といった言葉を発するでしょうが、

たいてい次もうまくはいきません。

 

それどころか、どんどん自分に自信がなくなっていき、上司には萎縮してしまいます。

上司としては、「出来なかった要因・原因」が知りたいので、

このような質問をしてしまうのですが、

実はこれは質問ではなく「こんなことも出来ないきみは、本当に能力がないな。」と言っているのと同じなのです。

 

質問を変える

出来なかった要因・原因を明確にしたいのであれば、是非このような質問に変えてみてください。

「△△まではうまくいっていたよね。そこからどうして今のような結果になったんだろうか?」

「■■は出来ているよね。これはその応用なんだけれども、どこで混乱してしまったかな?」

これは、断定的に肯定をまずしてあげることで、全否定ではなく一部否定にしていく話法です。

人は全否定されてしまうと、そこから考える=思考が止まってしまいます。

 

ですので、まずは段階的、もしくは一部でもいいので、肯定してあげることがポイントです。

その上で、何が原因なのか、を分かりやすく考えられるような質問をしてあげてください。

すると、部下も思考が「自分の能力不足(時にはやる気不足もあるでしょうが…)から出来なかった」

ことから「事象(結果)として出来なかったこと」へ思考が移り、その原因を探そうとします。

 

「はい。△△までは順調にいってたのですが、別の案件が入ってしまって、そちらに注力してしまってました。」

「はい。■■は出来るんですが、ここの部分が自分でやってみると、なかなかうまくいかなくて…」

といった具体的な回答が返ってきます。

すると、対処法も簡単に導いていくことが出来ます。

 

「なるほど。でもこの案件の期日も分かっていたよね。

もちろんイレギュラー対応に追われることも十分理解できるんだけれども、

こちらの仕事も重要な仕事であることは分かってくれているよね。では、どうしたら良かったんだろうか?」

「なるほど。ここで躓いたわけだね。ではどうしたらいいだろうか?」

とまた、彼らの回答に対して、しっかり肯定した後に、具体的な質問をして今後のことを聞いてみてください。

 

「はい。もちろんです。もっと早くに相談報告すべきでした。

申し訳ありません。今後の期日について相談させてもらっていいですか?」

「はい。ここがやはり腑に落ちてなくて…もう一度教えてもらってもいいでしょうか?」

と彼らに解決法や相談依頼を言わせるように持っていきます。

 

そうすることで、自分で解決できた、という彼らの自信にも繋がりますし、

今後の仕事へも自分で出した解決策なので、意欲的に取り組んでくれるようになります。

  • モチベーション・組織活性化
  • リーダーシップ
  • コーチング・ファシリテーション
  • チームビルディング
  • コミュニケーション

面白くなければ学べない!楽しく面白く!学びと気付きの多い研修を!
添削付宿題があるから、研修後も継続して成果が出る!

机上の空論ではなく、『現場で即使える!使って変化成長を実感できる!』をふんだんに盛り込んだ、『楽しく面白く笑いながら学ぶ』をメインコンセプトに、これまで100社以上で『成果の出る研修』を行ってきました。「共に汗を流す応援団」がモットー。

山口 しのぶ(ヤマグチ シノブ) 株式会社キャリアチアーズ 代表取締役

山口 しのぶ
対応エリア 全国
所在地 北区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム