無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

「フェルミ推定」は最強の武器となる

「考えるエンジン」と聞いて、”あ!”と思ってくれた方、ありがとうございます。
最近では『コンサルが「最初の3年間」で学ぶコト』や『コンサルが「マネージャー時代」に学ぶコト』などのタカマツボンで”お!”と思ってくれた方、本当にありがとうございます。
ということで、考えるエンジンコラム#8は『「フェルミ推定の技術」は最強の武器となる』と題してまして、書いていきたいと思います。


皆さん、「フェルミ推定」という言葉をご存じでしょうか?
たぶん、こんなイメージを持っているのではなかろうか...
1=コンサルティングファームのケース面接とやらで出題される、頭の体操的”お遊び”
とか、
2=「日本には電柱がいくつあるか?」的な、何も生まない数字を調べずに推定する、これまた
”お遊び”

気持ちは分かります。でも、それは大いなる誤解でございます。

「フェルミ推定」を学ぶだけで、本当にありとあらゆるビジネス力があがります。
フェルミ推定とは何か?というのは、書籍やG!さんに譲るとして、どういう力が身につくか?
について、語りたいと思います。本当に色々な力が磨けるんです。

「フェルミ推定の技術」を会得できれば、本当に本当に仕事の進め方から、頭の使い方、変わります。
 



 

 

箇条書きで、パシパシパシッと「フェルミ推定の技術」で磨ける力を書いていきたいと思います。

  1. ロジカルシンキング
    そうなんです、「フェルミ推定の技術」を身に着けると、ロジカルシンキングを「地に足ついた」形で学ぶことができます。因数分解や、その値を作る思考方法を学ぶ中で「論理的な物事の考え方」やそれこそ、MECEや構造化について、学べてしまいます。

     
  2. 数字に強くなる
    そうなんです、因数分解に四則演算も出てきますし、フェルミ推定という「未知の数字をロジックや常識を用いて算出する」ことがベースですので、計算に強くなるのももちろんですが、それ以上に、「あれ、この数字、おかしいかな?大きすぎる?」的な、数字感のセンスを磨くことができるのです。

     
  3. モデル化
    ファイナンスで必須のスキルである「モデル化」のベースの力もつけることができます。
    よくわからない市場や売上を想像しながら、因数分解化・数式化するわけですから、それはもうまさにモデル化の思考を学べます。少し話がずれますが、この「モデル化」の考え方を磨かないまま、EXCELシートの技術、シミュレーションの技術を学んでもただただ「作業屋さん」になってしまうだけです。

     
  4. セグメンテーション
    そうなんです。フェルミ推定で「値」を作るときに、2by2=横軸、縦軸の4分割で考える思考法が出てきます。これがまさに、マーケティングに必須のセグメンテーションに繋がるアタマの使い方なのです。

     
  5. 構造的な話し方
    そうなんです。話し方まで磨けちゃうのです。何せ、因数分解や値を説明するのは難しい。その話し方を身に着けることで通常の話し方なども相当上手くなります。

     
  6. 問題解決
    そして、前のコラムでも書いた「大きな旗」=問題解決にも応用ではありますが、繋がってきます。売上を因数分解し、その分解した「因数」が”なぜ、悪くなっているか?”を特定し、その解決策を作る思考なんて、まさに、フェルミ推定の技術となります。

     
  7. 未来予測
    くぅーーー、これはまさにフェルミ推定の領域ですよね。「10年後の、ある市場を推定してください」なんってのは「フェルミ推定」の世界というか、フェルミ推定なくして、解けません。

     
  8. ビジネスセンス
    ビジネスセンス、お金のにおいを嗅ぎ分ける力さえも、身に着けられます。それは、因数分解する際に「ビジネスモデル」を考えることになります。その思考こそが、世の中がどうなっているか?や、この会社はどう稼いでいるのか?などの理解が深まり、結果として、ビジネスセンスを磨けるのです。

     
  9. 議論の叩き台を作れる
    そうなんです、「ある事業の売上をあげるには?」というのをクライアントを議論する際にどんな資料をもって議論するのか?という時にも、「フェルミ推定の技術」がめちゃんこ活きます。

     
  10. 思考体力
    そうなんです。思考体力=”わかるはずがない”というものを因数分解したり、ありとあらゆる”知っていること”を駆使してあきらめずにやるのが「フェルミ推定」ですから、その過程で知らぬ間に「考えつづける」「あきらめない」思考やメンタリティが身に付きます

いやぁあ、どのスキルも欲しいですよね。そのために研修などもしていると思います。
ですので、是非、「フェルミ推定の技術」を磨いて、ビジネスの土台となる思考を身に着けてほしいです。

  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • プレゼンテーション
  • ロジカルシンキング・課題解決

論点思考を伝授!『コンサルが「最初の3年間」で学ぶコト』等の著者自ら教える、圧倒的に変わる、プラクティカルな「考える力」「働き方」の講義

少人数で僕が丁寧に熱っぽく教えさせて頂いております。F2Fで「コ」の字で会議室で行い、「ほわっとなんとなくわかった」とか僕の講座にはありません。先日も自ら受講したJFE商事の部長から「僕らはこの論点思考で足りなかったんだ」と叫んでました。

高松 智史(タカマツ サトシ) 考えるエンジン講座代表・『コンサルが「最初の3年間」で学ぶコト』等の著者

高松 智史
対応エリア 全国
所在地 港区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム