無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

行動から見る心理学 その6

今回は、「行動」が上手く出来ない理由‐「行動」が具体的に定義されていない、

ということについて説明します。

 

“美味しい料理を作る”というのは一見具体的な行動のように見えます。

しかし“美味しい”とはどういうことなのかを説明しようとすると、

なかなか難しいことに気づくと思います。

美味しさというのは主観的なものですので、

“美味しい料理”というのは人それぞれ、ということになってしまいます。

 

これでは“美味しい料理を作る”というのは、具体的な行動と言えません。

 

そこで、「行動」を起こすための第一歩として、

「行動」を具体的に定義し直す、ということが重要になってきます。

 

例えば、今回の“美味しい料理を作る”という行動は、

“レシピ本の指示どおりに料理を作る”と定義し直すことができます。

こうすることで美味しい料理を作るためには何をすればいいのかが具体的になります。

 

このように“具体的に定義されていない行動”は仕事にも溢れています。

 

例えば、

・「今の仕事が終わったらその辺の人に声をかけて」

→ “その辺の人”とは具体的に誰なのでしょうか?

・「わからないところがあれば適宜先輩に聞きながら進めて」

→ “適宜”とは具体的にどういうタイミングなのでしょうか?

・「〆切まではまだ時間があるけど、十分な余裕を持って提出してください」

→ “十分な余裕”とは具体的に何日前でしょうか?などです。

 

私たちは何気なく条件を曖昧にしたまま考えたり、

指示を出したりしていますが、

上手く行動が出来ない原因は意外とこのような見えない部分にあるのです。

 

職場で生じるコミュニケーション上のトラブルの多くは、

このように「行動が具体的に定義されていない」ことによって生じています。

 

最近受けるご相談では、“上司が行動を具体的に定義しないまま指示をし、

部下が曖昧な指示を理解できずにトラブルになる”といったケースも多く見られます。

 

「行動を具体的に定義する」ということを意識して行うことによって、

このようなケースにおいても的確な指示を出すことができ、

職場で生じるコミュニケーション上のトラブルを減らしていくことが期待できると言えるでしょう。

  • 安全衛生・メンタルヘルス
  • その他

産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、二級FP技能士

【専門領域】産業精神保健、認知行動療法、ストレスマネジメント

臨床心理専攻。専門学校で学生の心理及びキャリア相談を担当。EAP事業会社にて、カウンセリング部長として企業のメンタルヘルス全般をサポート。約2000件の従業員への臨床に携わる。外資系会社から商社、組合・公務員団体等多岐にわたる研修を実施。

島倉 大(シマクラ ダイ) シニアコラボレータ―

島倉 大
対応エリア 関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)
所在地 渋谷区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

仕事で大きなストレス抱えていませんか?見方を変え成長に繋げる

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士)

今回は、 「見方を変えて成長につなげる」 について一緒に考えていきたいと思います。   ┏━━━━━━━━━━━━━...

2024/04/10 ID:CA-0005274 部下育成