企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

オンライン研修で気づきを促進する「打ち役」「拾い役」

ミーティングプラットフォームを使ったオンライン研修で、受講者の「気づきに繋げるにはどうするか」という声をいただきます。

これまでのようにリアルの集合研修の場合は、講師からの情報提供に始まり、問いに対して自分の考えと他者の考えを共有しながら自分の考えを整理、ふりかえりによって職場での行動変容に繋げていくというのが一般的な流れです。

そしてこの一連の流れの中で、どの場面に最も「気づき」が起きやすいかを考えてみたときに、人それぞれではありますが、自分の考えを自分の口に出し、それを自分の耳で聞き、そこから「自分の思考が深化した瞬間」に気づきは起きるのではないかと感じています。(いわゆるオートクラインというものです)

このとき重要なのは、自分の最初の発言が気づきになるというよりも、たくさん話した後の深めていった先にある、その人特有の「ワンワード」に気づきが潜んでいるような気がしています。

では、このワンワードをオンラインライブ研修で導き出すためにどうすればよいかといえば、先に述べたように相手に大量に話すことによってオートクラインを引き起こすことが効果的です。

しかし、オンラインではリアルの集合研修のようにその微妙な空気感やノンバーバルなコミュニケーションの効果を期待することは難しいため、なかなかオートクラインが起きにくい状況があります。

そういった場合、例えば大量に話すのではなく、大量に打つ(文字にして書く)ことによって思考の外化が促進され、オートクラインに繋がることが多々あります。これは実際に試してみると実感していただけるのですが、とにかく自分の内面で思ったことをチャットに打ちこんでいくやり方です。(ペアで「話し役」「聴き役」のような、「打ち役」「拾い役」を決めておくとよいです。野球の練習みたいですね。)

ポイントは打ち役は「思ったことを躊躇せず打つ」という点です。最初は抽象的な言葉や借り物のワードが続くときもありますが、やがて打ちながら少しずつ「修飾語に」自分らしさが加わり、「単語の掛け合わせに」持論が生まれ、「メタファー(比喩)に」イメージが集約されてくるのが実感できます。(拾い役は上記の3点を意識し、キャッチし、返球するとよいでしょう。)

これまでもオンラインでは、アウトプット機能を使った学習効果は認められていますが、今後はそのアウトプットの「質と量」「目的と手段」の観点から受講者の行動変容に繋げていくための工夫がオンライン特有のグラウンドにおいて求められてくるはずです。

そのヒントの一つに、大量の言葉の打ち込みから生まれるワンワードのホームランがあると私は感じています。


関連情報

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
細谷幸裕
細谷幸裕(ホソヤユキヒロ)
㈱市進ホールディングス コンサルティング事業研究所 所長
私たちは 教えるプロであり続けます
大人と子どもの学び方には違いがある一方で、多くの共通項があります。その共通項の1つである「主体的に学ばせる動機つけのメソッド(教え方のスキル)」は、管理職の部下育成や専門社員の教え方の向上など、あらゆるビジネスパーソンに役立っております。
得意分野 モチベーション・組織活性化、キャリア開発、コーチング・ファシリテーション、コミュニケーション、プレゼンテーション
対応エリア 全国
所在地 文京区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...