企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

プロフェッショナルコラム

先輩の教え

 

私も20年前は塾の教壇に立っていた人間ですが、嬉しい思い出とともに、苦い思い出も数多く

経験してきました。その度に自分の教え方について悩み、先輩たちから数々のアドバイスを

いただいたことで私の教え方の素地が作られてきたと感じています。

そんな中で当時、私が困っていたときに、ある先輩が常に言ってくれた言葉が、

「力のつく授業(指導)をやっているか」というアドバイスでした。

 

一見、私たちの世界でいう「力」とは、点数や成績、知識量、高いテクニックを思い浮かべる

かもしれませんが、その先輩の言う力とは、生徒が誰の力も借りずに、自分自身で思考し、

最後まで諦めずに問題を解ききる力であって、その力が身に付くような指導を「お前は

やっているのか」という叱咤でもありました。

 

とかく私たちは、何かを教えるときに、その場の直面する事象(問題)の解決に注力しますが、

その先輩は、まずは事象の本質は何かを考えさせることを念頭に「力のつく指導」を当時から

実践していたように思えます。

 

たかが塾の世界の話ではありますが、本質を教えることが、自分で考える力を育むことであり、

自分で考えられるようになることが、力をつけさせるということを、私はこのような先輩たち

に囲まれて学びました。

 

大人の社会では答えがなかったり、答えがあったとしても玉虫色に変わる環境に置かれていたり、

そもそも「何が問いなのか」もわからない状況がある中で、私たちは相手に考えさせることこそが、

対象が誰であったとしても、普遍的な教え方になっていくものと確信しています

 


関連情報

●資料ダウンロード
【集合研修をオンライン研修にリ・デザインⅡ】オンライン研修ファシリテーター養成アセスメント

サービス・製品資料

【集合研修をオンライン研修にリ・デザインⅡ】オンライン研修ファシリテーター養成アセスメント

研修でのトレーニングではなく、弊社のメソッドをもとに実践を通して、社内講師の方に個別にアセスメントをおこないます。オンラインファシリテーションのノウハウをご提供しながら、弊社スタッフがオンラ...


●資料ダウンロード
【集合研修をオンライン研修にリ・デザインⅠ】
オンライン社内教育内製化 ショートコンサルティング

サービス・製品資料

【集合研修をオンライン研修にリ・デザインⅠ】 オンライン社内教育内製化 ショートコンサルティング

内製化した集合研修のプログラムをオンラインで実施したい場合、「プログラムデザイ ン」の視点、「教材」の視点、「ファシリテート」の視点で、オンライン用に貴社の教育ご担当の方たちと共にでカスタマ...


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
細谷幸裕
細谷幸裕(ホソヤユキヒロ)
㈱市進ホールディングス コンサルティング事業研究所 所長
私たちは 教えるプロであり続けます
大人と子どもの学び方には違いがある一方で、多くの共通項があります。その共通項の1つである「主体的に学ばせる動機つけのメソッド(教え方のスキル)」は、管理職の部下育成や専門社員の教え方の向上など、あらゆるビジネスパーソンに役立っております。
得意分野 モチベーション・組織活性化、キャリア開発、コーチング・ファシリテーション、コミュニケーション、プレゼンテーション
対応エリア 全国
所在地 文京区

このプロフェッショナルのその他のコラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...