無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

第46回 割増賃金の基礎となる賃金

残業代などの割増賃金を計算するには、1時間当たりの賃金額を計算する必要があります。当たり前のようですが、この「1時間当たりの賃金額」の計算方法を間違えているケースがときどき見受けられます。労働基準監督署の調査などでも、良く指摘される事項です。

 

割増賃金の基礎となる賃金が誤っていると、残業代などの金額も当然正しく計算することはできません。

今回は、割増賃金の基礎となる賃金について、あらためて詳しくみていきたいと思います。

 

【割増賃金とは】

会社は、従業員に時間外労働、休日労働、深夜労働をさせた場合は、法令で定める以上の率で算定した割増賃金を支払う必要があります。割増賃金率は以下のようになっています。

時間外労働:2割5分以上(1ヶ月60時間を超える場合は、5割以上 ※1)

休日労働 :3割5分以上

深夜労働 :2割5分以上

※1 中小企業については、当分の間適用が猶予されています。

 

割増賃金の基礎となるのは、所定労働時間に対して支払われる「1時間当たりの賃金額」です。例えば、月給制の場合、各種手当も含めた月給を1ヶ月の所定労働時間で割って、各自の1時間当たりの賃金額を算出します。

このときに、以下の7つの項目は、労働と直接的な関係が薄く、個人的事情に基づいて支給されていることなどにより、基礎となる賃金から除外することが認められています。
1)家族手当
2)通勤手当
3)住宅手当

4)別居手当
5)子女教育手当
6)臨時に支払われた賃金
7)1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金

 

この7つの項目は、例として示されているわけではなく、限定的に列挙されているものです。そのため、これらに該当しない賃金については、すべて算入しなければなりません。

また、1)~5)までの手当については、このような名称の手当であれば、すべて基礎となる賃金から除外できるわけではありません。それぞれに除外できる賃金と認められるための要件が定められています。

 

それでは、多くの会社で支給している「家族手当」「通勤手当」「住宅手当」の3つについて、具体例をみていきたいと思います。

 

1)家族手当

割増賃金の基礎から除外できる家族手当とは、「扶養家族の人数またはこれを基礎とする家族手当額を基準として算出した手当」をいいます。

 

除外できる例:扶養義務のある家族1人につき、配偶者1万円、その他の家族5千円を毎月支給する場合

除外できない例:扶養家族の有無、家族の人数に関係なく、全従業員に対して一律に1ヶ月1万円を支給する場合

 

2)通勤手当

割増賃金の基礎から除外できる通勤手当とは、「通勤距離または通勤に要する実際の費用に応じて算定される手当」をいいます。

 

除外できる例:定期券の金額に応じた費用を支給する場合や、通勤距離に応じて定めた金額を支給する場合

除外できない例:実際の通勤距離や交通費にかかわらず、1日につき300円を支給する場合

 

3)住宅手当

割増賃金の基礎から除外できる住宅手当とは、「住宅に要する費用に応じて算定される手当」をいいます。

 

除外できる例:賃貸住宅居住者には家賃や面積に応じた割合、持ち家居住者にはローン月額や面積に応じた割合で計算した金額を支給する場合

除外できない例:面積や家賃などは関係なく、賃貸住宅居住者のうち妻帯者には2万円、独身者には1万円を支給する場合

 

 

特に「住宅手当」に関しては、労働基準監督署の調査などで「割増賃金に算入すべき賃金であり、結果的に残業代が不足している」との指摘を受けやすい事項です。

それぞれの手当の算出方法を確認し、割増賃金から除外できる賃金なのか否かを確認してみましょう。また、割増賃金から除外できない算出方法の手当であるにもかかわらず、実際の残業代の計算には含まれていない場合は、残業代などの計算基礎に含めるか、あるいは手当の算出方法そのものを見直すようにしましょう。

  • 法改正対策・助成金
  • 労務・賃金
  • 福利厚生
  • 人事考課・目標管理

経営者の視点に立った論理的な手法に定評がある。

(有)アチーブコンサルティング代表取締役、(有)人事・労務チーフコンサル タント、社会保険労務士、中小企業福祉事業団幹事、日本経営システム学会会員。

川島孝一(カワシマコウイチ) 人事給与アウトソーシングS-PAYCIAL担当顧問

川島孝一
対応エリア 関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)
所在地 港区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

中期経営計画策定後のモニタリング

タナベコンサルティング ストラテジー&ドメインコンサルティング事業部 コンサルタント(株式会社タナベコンサルティング 戦略総合研究所 コンサルタント)

中期経営計画策定後のモニタリング 中期経営計画の策定状況についてタナベコンサルティングが実施したアンケートでは、実に8...

2024/05/15 ID:CA-0005353 長期ビジョン・中期経営計画