企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

メンバーを叱れない悩み

先日、ある女性リーダーから

「自分がどう思われるか気になってメンバーを叱れないのですが・・・どうしたらいいですか?」

という質問を頂きました

 

悩ましい問題ですね。

 

最近は、叱る側も叱られる側も叱られた経験の少ない人が多いので

特に、抵抗があるようです。

 

加えて、女性は

叱る=人間関係の問題

と混同しやすいのでさらに叱りにくいのではないかと思います。

 

 

結論は、それでも伝えなければいけない時には伝える必要があります。

ただし、「叱る」ことが目的ではなくメンバーに必要なことを伝え、

行動が変わることが目的です。

 

伝える際には

「このままでは、その人のためにならない」

「もっと、幸せに仕事をしてほしい」

と心底思って、伝えることです。

 

叱る以外に手段があるのであればそれを行ってみればいいし、

やはり、結果的に叱る場合でもそう考えて伝える言葉には説得力があるものです。

 

実際、若手社員が尊敬する上司や先輩が3人以上いる職場は、離職を考えないというデータがあり

尊敬する要因は、バリバリ働く姿ではなく本気で指導してくれることと答えている人が多いのです。

(ジェイック調べ  2014年)

 

リーダーは叱る役と考えるのではなく

チームやメンバーのことを、真剣に考える責任が

あるのだと捉えると叱る意味合いも、変わってくるのではないかと思います。

 

そういう上司を持つメンバーは仕事人生の楽しさを知ることができます。

 

 

本気で叱ることができる人は、人間力があり

相手のことを考えることができるとても温かい人なのです

 

もちろん、叱るだけではなく

ほめることも忘れずに!ですね!!


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
木山 美佳
木山 美佳(キヤマ ミカ)
株式会社キャリ・ソフィア 代表取締役
人材業界で20年以上の実績があり、コンサルタントや講師として様々な組織や人の”働く”をサポートしてまいりました。その豊富な経験が強みです!
最大手人材会社でキャリアコンサルタント・研修講師(西日本研修立ち上げ)。在職中は各賞の獲得、有名サイトでは登録660社のうち西日本第5位のコンサルとして掲載される。その後JAL系研修会社で多種多様な企業研修の実績あり。キャリ・ソフィア代表。
得意分野 モチベーション・組織活性化、キャリア開発、リーダーシップ、コーチング・ファシリテーション、営業・接客・CS
対応エリア 全国、海外
所在地 大阪府/吹田市

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...