無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

サグラダ・ファミリアに見るリーダーシップとは?

目次

  • サグラダ・ファミリア×アントニオ・ガウディ×リーダーシップ
  • ガウディから見るリーダーとして重要な3つの要素
    • Vision
    • Innovation
    • Mission

======================================================

9月11日(水)、スペインのビジネススクールであるIESEビジネススクール(以下IESE)をお招きしランチョンセッションを開催した。7月16日(火)に開催したペンシルベニア大学ウォートン校に続き第2回目となる。IESEは史上初となる5年連続でエグゼクティブ・エデュケーション部門で世界トップを飾る実力校である。

 

今回も少人数でのセッションで、アジア統括である加賀谷順一氏からはIESEがどのような理念を基にリーダーを育成しているのか、また組織経営学教授のYih-teen Lee(イーティン・リー)氏(以下Lee教授)からは、実際にスペインのキャンパスで展開されるリーダーシッププログラムの一部をそのまま行って頂いた。

冒頭、私が今の日本のリーダーを育てるのにいかにビジネススクールが重要かご説明をさせていただいた。

 

サグラダ・ファミリア×アントニオ・ガウディ×リーダーシップ

サグラダ・ファミリアは著名な建築家であるアントニオ・ガウディの傑作中の傑作である。
Lee教授はガウディがサグラダ・ファミリアの建設に秘めた想いから、どのようなリーダーシップの要素を見出したのか。

サグラダ・ファミリアは着工から137年経った今でも未だに建築中だ。しかしガウディはこの世界遺産にもなった大聖堂の完成を見ることなくこの世を去った。ガウディとしては悔いの残る最期であっただろう。いや、果たしてそうだろうか。Lee教授は「ガウディは本当に生きてる内にサグラダ・ファミリアの完成を目指していたと思うか?」と参加者に投げかける。Lee教授の着眼点はガウディ亡き後もサグラダ・ファミリアが建設され続ける理由。そこにガウディの今のリーダー達にも伝わるリーダーシップの重要な要素があると言っているのである。

 

ガウディから見るリーダーとして重要な3つの要素

Vision

ガウディはサグラダ・ファミリアを建設する上で、明確なビジョンと目標があった。
彼は生前、建設に携わるメンバーに自分の思いを語り、ビジョンを共有することを忘れなかった。
ガウディが現在まで137年に及ぶ長期の建設期間となっても自分の思いが薄れる事の無いようにできたのは、その脈々と受け継がれる思いのおかげだ。明確なビジョン、目標、そして思いを語ること。これは、今後のVUCAの時代を生きるリーダーにとって不可欠であると言えよう。

Innovation

サグラダ・ファミリアに限らずだが、ガウディの作品は当時の建築物には無い形や素材などを多用している。ガウディの作品は自然からインスピレ―ションを受けたものが多いそうだ。イノベーションというのは、現在どのビジネススクールでも声高に唱えられるリーダーとしての重要な要素であり、ガウディは当時から建築と関わりそうもないものから刺激を受け、建築界でイノベーションを発揮しているのである。

Mission

ガウディのサグラダ・ファミリアを建築する際のミッションステートメントは「サグラダファミリアを建てているのは自分ではなく、サグラダファミリアが自分を建てている」であったそうだ。ガウディ亡き後、様々な建築家がサグラダファミリアの建築に携わっている。ガウディの意思は彼らにはもちろん、それは今後も脈々と受け継がれていくだろう。それはガウディのミッションが他の建築家に共鳴し続けるからである。このように周囲に影響を及ぼすミッションを持つことはリーダーとして必須だ。それをガウディは伝えている。

Lee教授はこの3つの要素に限らず、とても興味深い話をサグラダ・ファミリアの話に交えて説明をしてくださった。私も長くリーダーシップについては追及をしてきているが、建築とリーダーシップを融合するという考え方は非常に新鮮で印象的であった。

昼食時は加賀谷氏とLee教授、そして私も加わり、リーダー育成からスペインの歴史や文化といったリベラルアーツに関わる内容までざっくばらんに意見交換をする機会となった。

最後は、加賀谷氏とLee教授、参加者の皆様、我々で集合写真。またもや興奮冷めやらぬうちに終了してしまったのが少し心残りであるが、印象的に残るお時間を過ごして頂けたのではないかと思っている。

 

  • 経営戦略・経営管理
  • キャリア開発
  • グローバル
  • リーダーシップ
  • コミュニケーション

「グローバル&自立型人材育成」をミッションとし、プログラムの企画・開発・コーディネートを手掛け、講師としても活躍!

海外のトップビジネススクール(HBS・LBS・IMD等)、国内外のトップトレーナー(HRDコンサルタント、コミュニケーション・異文化・語学スペシャリスト等)との協働で、400社以上の企業向け人材育成に携わっている。

福田 聡子(フクダ サトコ) グローバル・エデュケーションアンドトレーニング・コンサルタンツ株式会社 代表取締役社長

福田 聡子
対応エリア 全国
所在地 渋谷区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

一人一人の意識レベルに合わせた研修や施策に取り組む重要性

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント)

  ある技術系企業の女性活躍推進プロジェクトの一環で実施している、 全女性社員約60名との個別面談を通して、 「一人...

2021/12/07 ID:CA-0003852 社員の経営視点を醸成して会社成長を加速させる