無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
  • ITコンサルティング・サポート

日本IBM株式会社

ニホンアイビーエムカブシキカイシャ

  • モチベーション・組織活性化
  • 人材採用
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • 情報システム・IT関連

「働き方改革」によりサービス提供側と顧客の双方にメリットがあると信じ、最新テクノロジーを活用したタレントマネジメント・ソリューションを提供

現在は日本 IBMにおけるHRテクノロジーの第一人者として、IBM Watson Talent (Kenexa)の各製品導入コンサルタント、ならびに営業担当としてクライアント企業の革新的な人事戦略遂行をサポートしております。講演実績も多数。

民岡 良 日本アイ・ビー・エム株式会社 コラボレーション&タレントソリューション事業部 Watson Talent (Kenexa) シニア・ソフトウェアセールス・スペシャリスト

民岡 良
対応エリア 全国
所在地 中央区
評価 0pt (ポイントの内訳)

主な講演テーマ

コグニティブ時代に向けて人事担当者がやるべきこと ~今、再び注目を集める「コンピテンシーマネジメント」~
コグニティブHR(AIを活用した人事)の実現のために必要なコンピテンシー体系の整備。
IBM Kenexa Talent Frameworksは、 ジョブ体系やコンピテンシー体系に関する明確で
一貫性のある「共通言語」を提供し、タレントマネジメントシステム、ラーニングシステム、
その他のシステムやプロセスとの統合に役立ちます。
当セッションでは、これらがどのように各システムに組み込まれて活用されているか、
事例を踏まえてご紹介します。
その他、IBM Watson Talentで実現されるコグニティブ・タレントマネジメントとの
統合についてもご説明します。
Cornerstone OnDemandと IBM Watson Talent / Kenexaの統合活用事例
IBM Kenexa Talent Framworksはジョブやコンピテンシーを体系化するライブラリーです。多様な人事システムに連携でき、ジョブ・ディスクリプションに基づく人事戦略を支援します。当セッションではTalent FrameworksとCornerstone OnDemandとの連携事例と、コグニティブHRを実現する「IBM Watson Talent」をご紹介します。
HireVue と IBM Watson Talent / Kenexa の統合活用事例
【HR x AI】人工知能との協働時代に突入 ~ 企業はどう変わっていくのか

HV-watoson

AI(人工知能)が社会に、ビジネスに、生活において我々と共存することは、昨今のテクノロジーの進化のスピードから みてもそう遠い未来ではありません。

AIにより新たなポジションや役割が必要となり、戦略人事の概念も変わりつつあります。中でも人事領域の採用・人員配置・育成などの分野では、AIの実用化がアメリカやヨーロッパを中心に既に始まっています。

本セミナーでは、海外の人事領域における人工知能の実用化の最前線の状況をご紹介するとともに、今後の日本企業の進むべき道を皆様とともに考えて参ります。
Watson+HRテクノロジーが日本の人事を変革する
第19回HRテクノロジーフロンティア!
基調講演は、4月のIBM Watson Summit2017で好評を博した日本IBMの民岡良
IBM Watson Talent - Watsonが日本の人事業務を変える
人事業務における意思決定をデータに基づき客観的に行うためのテクノロジー「HRテック」への注目が高まっています。本セッションでは、IBM Watsonのコグニティブ・コンピューティング技術を活用し、人材データ分析や採用、キャリア開発を支援するさまざまな製品をご紹介します。人的資本の価値を向上させ人事業務の変革・効率化をご検討中の経営者、経営企画、人事および情報システム部門の方向けのセッションです。
“本当はここまでできる” 世界のHRテクノロジー最前線
日本においても、“HR Tech”が注目を集め、採用やタレントマネジメント、リーダー育成、など幅広い領域で新しいテクノロジーの導入が進み始めています。
しかし、例えばアメリカと比べると国内のユーザーの関心や理解はまだ十分とはいえず、世界のHRトレンドから見た日本は「ガラパゴス状態」といえます。

今後10年で500万人を超える労働人口の減少が起こると言われている日本においては、まずは早急に初めの一歩を踏み出すことが求められており、そのためにはまず“今、HR techによりどこまでできるか、について知る必要があります。

本セミナーでは、世界最大級のHR Techのイベントである「HR Technology Conference 2016(サイトはこちら)」にて披露された様々なテクノロジーの活用事例と製品のトレンドをご紹介するとともに、IBM Kenexaの強みについてもご説明します。

企業情報

日本IBM株式会社
所在地 〒103-8510  東京都中央区日本橋箱崎町19-21
対応エリア 全国
お問合せ先 0120-550-210
事業カテゴリ ITコンサルティング・サポート