企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

社員が協力しあう組織にするには(ワークショップ開催報告)

先日「社員が協力しあう組織にするには」というテーマで研修設計のワークショップを

開催しました。

 

同じ会社の社員同士が、お互いに協力をしないどころか、時には足を引っ張りあっている

ということは無いでしょうか。

 

私も飲食店コンサルタントとして店舗を訪問していた時期がありますが、

ホールとキッチンの仲が悪い現場が多いことに驚いたこともあります。

営業部門と製造部門、管理サイドと現場サイドが険悪な雰囲気の会社もありました。

 

本来、会社は一つの「チーム」であり、その目的達成のために協力をするはずです。

しかし、それができていない組織が多く存在します。

 

その原因を考えながら、その解決のための研修を企画するワークだったのですが、

最終的には「単に研修をしてもダメ」という結論になりました。

 

「協力し合う組織にする」と考えた場合、「チームビルディング研修」や「コミュニ

ケーション研修」の実施を提案することもあるでしょう。

しかし、これらの研修を実施しても根本的な解決にならず、効果が期待できない

ケースが多いのです。

 

なぜ、組織内の人員が協力しないのか。

その原因は様々ですが、よくよく考えると「トップ層」に課題があるケースが多いように

思います。

自分達の組織の目的と目標が明確になっていない、その達成のためのプロセスが明確

になっていない、上層部で責任の転嫁が行われている、などなど・・・。

 

もし、これらが原因の場合、部下が「チームビルディング」や「コミュニケーション」

を学んだとしても、解決にはつながらず、お互いに協力することは残念ながら期待

できないでしょう。組織づくりそのものが必要となるはずです。

 

研修が役に立たない、ということではありません。

組織の課題を解決するために必要なプロセスを考えることが求められる、ということです。

その結果、場合によっては研修という手段ではなく、他の方法も考えられます。

組織の課題解決と研修内容が結び付けることによって、効果的な研修が生まれるのでは

ないでしょうか。(今回は結びつかなかったので、研修以外の手段が重要だという結論に

なったわけです)

 


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
飯島 宗裕
飯島 宗裕(イイジマ ムネヒロ)
一般社団法人日本研修コーディネーター協会 代表理事
「研修設計のノウハウを広めています」

効果的な研修や人材育成を設計・実施するための勉強会(ワークショップ)を東京を中心に開催しています。
今までに設計した研修は2000件以上。その満足度は90%以上いただいております。
真剣に人材育成に取り組んでいる企業・自治体や担当者様のパートナーとして
全力で支援し、人材育成で組織を元気にしたいと考えています。
得意分野 経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、人事考課・目標管理、キャリア開発、チームビルディング
対応エリア 全国
所在地 東京都/豊島区

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

紀尾井カンファレンス 学びを可視化する ビジログ

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...