無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「こころの健康づくり計画書」~指針の作成~

【ヒューマン・タッチ レター vol.79】

みなさん、こんちは。ヒューマン・タッチの森川です。

前回は「こころの健康づくり計画書」についてお話させていただきました。

この中で、厚生労働省からも「指針」の作成が推奨されている旨もお伝えしました。

 

メンタルヘルス対策には、ストレスチェックや個別面談など

従業員の個別的な情報を収集し評価する取り組みが含まれます。

全く初めてこのような取り組みを始める場合、

授業員側からすれば

「新たな人事考課の材料か?」「不調になったら辞めさせられるのか」などと、

不安を生む要素にもなりかねません。

 

このような場合に、

「なぜにこのようなメンタルヘルス対策を行うのか」

「個人情報はどのように守られるのか」

「面談結果等は本人の不利益に用いられない」ということを、

宣言していただくのです。いわば、大義名分ですね。

 

では、指針にはどのような文言を書き込むのか、

大きく分けて以下の内容が記載されることが多いです。

①前文

②代表者よる指針の表明

③担当者、担当組織の明示

④具体的な取り組みの明記

⑤目標の明記

 

①②は、社会情勢などから、

メンタルヘルスの必要性を改めて確認するような文章が良いと思います。

例えば…

「近年、従業員の受ける様々なストレスは拡大する傾向にあり、

特に仕事に関して強い不安やストレスを感じている労働者は

5割を超える状況にある。また、精神障害等に係る労災補償状況をみると、

請求件数、認定件数とも近年、増加傾向にある。

このような中で、「こころの健康」問題が労働者、その家族、

事業場及び社会に与える影響は、今日、ますます大きくなっており、

事業場においてより積極的に社員の「こころの健康」の保持増進を図ることは

非常に重要な課題となっている。

我が社においても、「こころの健康」は、

安全衛生や体の健康と同様に重要な問題であり、

まさに「健康経営」を担う大きな柱であると認識し、

「こころの健康指針」を作成した。この指針に基づき、

こころの健康問題に取り組んでいくこととする。」

 

③は、新たに組織体を形成する場合は、担当者を選任する場合には、

明記いただいています。

既存の衛生委員会や安全衛生委員会を強化する旨の表記でもよいかと思います。

④⑤は、具体的な手段や中長期での目標を記載することをお勧めしています。

例えば…

「1.すべての社員がセルフケアの技術を習得する。

2.毎年ストレスチェックを実施し、その結果から生き生き職場づくりを推進する。

3.管理監督者は、職場環境改善及び社員への支援技術を習得し、

メンタルヘルス不調者の発生予防、早期治療、職場復帰支援を行う。

4.上記目標達成のために、外部専門機関と提携し、必要な仕組みを構築する。」

 

私も「指針」の作成は強く推奨しています。

安心して、スムーズに対策をとるためにも必需だと考えています。

「社是」や「スローガン」と重なる場面も多いと思います。

その場合には、そちらとの連携も明示していただくと

より理解しやすいのではないでしょうか。

 

  • モチベーション・組織活性化
  • 安全衛生・メンタルヘルス
  • コーチング・ファシリテーション
  • チームビルディング
  • コミュニケーション

通算500社以上のコンサルティング、900件以上の復職面談、年間100件以上のセミナーをこなすメンタルヘルス対策専門コンサルタントです。

メンタルヘルス対策の仕組みづくり、個別休職復職支援、ラインケアセミナー、セルフケアセミナー、全員面談、ストレスチェック、職場環境改善、災害・自死等の危機対応など、「こころ」の視点から、「いきいき職場づくり」をトータルに支援いたします

森川 隆司(モリカワ タカシ) 株式会社ヒューマン・タッチ 代表取締役 臨床心理士 公認心理師

森川 隆司
対応エリア 全国
所在地 船橋市

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

自律型姿勢でストレスフリー!〜セットで身につけたい経営視点

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/中小企業診断士/公益財団法人 21世紀職業財団 客員講師/ダイバーシティ経営コンサルタント)

現在、女性管理職育成のサポートをさせていただいているICT企業の受講者Sさん(人事部・主任クラス)から 「講義で“自律...

2021/06/22 ID:CA-0003639 人事施策・研修実施のヒント