企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

専門家コラム

【職場環境改善】ボトムアップ・トップダウン

【ヒューマン・タッチ レター vol.08】

【職場環境改善】ボトムアップ・トップダウン~臨床心理士が教える具体的事例~

 

みなさん、こんにちは。ヒューマン・タッチ森川です。

まだまだ少数派と感じますが、実際に職場環境改善に取り組んでいる企業様も増えてきています。

そんな現場で実際に活用されている職場環境改善の手法は、厚労省も推奨する「ボトムアップでの小グループ活動」ばかりではありません。

全員を集めての2時間程度の研修となりますと、交代勤務をしている現場や、負荷の高まっている現場では、ただでさえ忙しい毎日に「仕事のための仕事を増やすのか!」と反発も多く感じます。丁寧にご説明したり、積極的な部門長の方がいる現場であればもちろん可能ですが…

 

そこで、部門長自身にストレスチェックの結果から改善案を作成してもらう企業もあります。部門長の研修会にて、自部門の組織結果の見方を説明し、何が出来るか何をすべきか、検討してもらうのです。

この際、「職場の構成員の一員として改善案を立案する」のではなく「管理監督者として、マネジメントやリーダシップの一環として考える」方が多くなると感じています。

もちろんこれが悪いわけではありませんが、自ら変えていく、というスタンスではなく、部下を変えていく、というスタンスになりがちだと感じます。そうすると現場で困っていること、少しの工夫で改善できる課題、などへの視点ではなく、自分が理想とする職場づくりへの手段、として改善案が出てくることもあります。

この手法をトップダウンの方法ととらえれば、トップダウンの手法では、いち早く改善案を策定出来て、強制力をもって、行動を起こさせるメリットがある反面、上述のようなデメリットも出てくるのではないでしょうか。

 

また、ボトムアップとトップダウンを組み合わせた方法を取られるところもあります。ボトムアップの機能として、アンケートやヒアリングを通して情報を収集し、その情報をベースに管理監督者やチームリーダクラスの少人数で改善案を検討する方法です。

 

どの手法が一番良いのかは、トップの考え方のみならず、組織風土もかかわると考えますが、少なくとも現場の声を反映し、現場の皆さんが自分事として考え実行できるものでないと、継続は難しいのではないかと感じています。

 

 


関連情報

●サービス
休職復職者個別支援サービス

休職復職者個別支援サービス

メンタルヘルス不調者に対して、休職から復職、復職後のフォローまで、お客様産業保健スタッフに変わり弊社で対応します


●サービス
全員面談・職場環境改善サービス

全員面談・職場環境改善サービス

【高ストレス者等への全員面談】 【職場環境改善活動のファシリテート】


この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。

※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

コラム執筆者
森川 隆司
森川 隆司(モリカワ タカシ)
株式会社ヒューマン・タッチ 臨床心理士
年間100回以上のセミナーーをこなす、メンタルヘルス関連セミナーの専門家です
セルフケア研修、ラインケア研修、コミュニケーション研修、新入社員研修、3年目研修、などお客様のニーズに合わせて、セミナー内容をカスタマイズしております。体験型であり、かつ、セミナー内の気づきを定着いただけるような工夫を取り入れております。
得意分野 安全衛生・メンタルヘルス、コーチング・ファシリテーション、コミュニケーション
対応エリア 全国
所在地 船橋市

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...