無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

D&Iで組織を強くし成果を最大化~利益UPに繋がるD&Iとは

今回は、
「D&Iで組織を強くして成果を最大化する」
について一緒に考えていきたいと思います。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━┓
■利益アップにつながるD&Iとは
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

D&Iの取り組みで組織力を上げたとしても、
それが本当に成果(利益アップ)につながるのか、
懐疑的に思う方も少なくないかもしれません。

これまでの私自身の経験、
そして企業のサポートをした経験から、
真の目的を果たすD&Iを実現することができれば、
それは間違いなく組織・会社の継続的な
利益創出につながると確信しています。

ただし、継続的な利益創出につなげるための
秘訣は【D&Iの真の目的】を実現すること。

D&I真の目的を、私は以下のように定義しています。

-------------------------------------
<D&I真の目的>
多様な視点や考え方を融合し相乗効果で
これまで以上の価値を創出すること

-------------------------------------

現在の日本、特に技術系企業に求められている
新しいやり方・新しい価値を創出しつづけること、
つまりイノベーションを起こし続けるためのカギは、

多様性
   ×
チャレンジ

と言われています。
これはまさにD&Iの真の目的を果たすことにつながる
と私は常々考えています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■【事例】1年弱のD&I推進で過去最高益を達成
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ある技術系企業のダイバーシティ経営サポートを
させていただき間もなく10カ月となります。

コンサルティング1か月目にその企業の課題を
大きく以下の3点として見極めました。

(1)社員同士のコミュニケーションが十分取れていない
(2)離職者が多い
(3)制度整備はできているが、運用できていない


(1)は、特に他部署の社員が何をしているのか、
何を考えて仕事をしているのかを互いに
理解できていない状況でした。

(2)は(1)に付随するもので、
業績もなんとか横ばいを保つだけで
危機的状況と言っても過言ではない状態でした。

(3)については積極的な投資、マーケティングへの注力、
制度整備等、力を入れていましたが、空回りが続き、
投資対効果は低い現状が浮き彫りになっていました。

私は、この状態を打開するため、
“成功の循環モデル”の考え方から
【社員同士の関係性の構築】から
スタートすることを決意。

↓“成功の循環モデル”の詳細記事はこちらから
https://jinjibu.jp/spcl/hosoki/cl/detl/4462/

関係の質を高める重点取り組み事項として、
「相互理解と歓迎」「自律的な姿勢」
この2点を掲げ、社員一人ひとりの意識醸成を確実に
進めるため、

経営層→中間管理職層→社員

この順番で施策(個人面談やワークショップ等)に
取り組みました。

同時に、制度や仕組み整備などのハード面は
ある程度構築できていることを踏まえて、
組織の風土や社員の意識・スキル等のソフト面に
アプローチしながら制度や仕組みを
実態に合わせて再整備、運用も併せて促進しました。

その結果、4か月目から、2部署協働事業による
新規売上が実現し、10カ月目の現時点で
過去最高の利益を生み出したのです。

この結果を踏まえ、社員の皆さんが更に団結し、
互いの多様な視点や考え方を事業運営に取り入れ、
更なる成果を出すために行動されています。

技術系企業に求められるD&Iの真の目的達成の威力を
私も改めて実感している次第です。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■帰属意識が薄い企業で関係の質的向上を図るために
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

特にIT企業でSESを行っている会社は、
どうしてもお客様先常駐型ビジネスの
形態となってしまい、会社への帰属意識が
薄くなってしまいがちだと思います。

このため、関係の質的向上が十分に
図りにくい環境にあると言わざるを得ません。

それを打開するためには、自社の社員同士で
何か1つとなって取り組める“プロジェクト”を
行う仕掛けを意図的に作り出すことが
これまでの経験からも効果的であると考えています。

組織力を向上させながら持続的な業績アップさせることは
経営層・管理職層といった立場にある方の目指すところ
でもあるかと思います。

ぜひ、関係の質的向上等といった組織のソフト面を
醸成する施策について、一度ご検討する機会を
設けていただければ幸いです。


【しなやか組織改革プロジェクト】
技術系企業に特化したD&I推進支援

https://jinjibu.jp/service/detl/14875/

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • マネジメント

◆技術系企業D&I突破口となる次世代リーダー・女性管理職を育成

元NTT女性管理職10年、約500名のSE部門における人事育成担当3年の豊富な現場経験を持つ。これまでのべ5,000人以上の技術系企業のリーダー・管理職育成に携わる。専門は技術系企業に特化したD&I推進コンサルティング。

細木聡子(ホソキアキコ) 株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士

細木聡子
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

「多様性」という名の「価値観ギャップ」をいかに乗り越えるか

後藤 真紀子 (Six Stars Consulting株式会社 研修コーディネーター/キャリアコンサルタント(国家資格))

新入社員を歓迎するように咲きはじめ満開を迎えた桜から新緑へと季節が変わりつつある昨今、皆様の会社に入社された新入社員の方...

2024/04/15 ID:CA-0005287 新入社員が育ちOJTリーダーの自信がつくOJTリーダー育成