無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

しなやか姿勢5原則 3:自分が今できることに全力で取り組む

今回は、「しなやか姿勢の5原則」のうち、

●原則3:まずは自分が今できることに全力で取り組む

について一緒に考えていきたいと思います。


------------------------------
【しなやか姿勢とは】
どのような環境・条件の中でも
柔軟思考で、自らの特性を強みとして最大限発揮して
道を切り開いていこうとする姿勢のこと
------------------------------

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■孤独感を感じがちな技術系企業の女性リーダー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

特に、男性管理職比率8割超といった技術系企業で
働く女性リーダーは、まだまだ組織においては
マイノリティな立場であることは否めません。

そういった中で、新しい視点・新しい働き方を
当事者意識を持って取り組み進めていこうとすると
孤独感にさいなまれることも多くあるのが現状です。

長い期間、男性主体の意思決定を行ってきた
組織において、これまで特に問題もなく、
成果を出してきたのであればなおさら、

「そんなに頑張って変える必要ある?」

と、新たな考えや取り組み自体をなかなか
受け入れづらい環境が残っていることも
往々にしてあるのではないかと思うのです。

そんな反主流の意見に抗うことが多い傾向にある
技術系企業の女性リーダーは、
不安を感じたり、自信喪失するなどして、
最終的には「たった一人で取り組む孤独感」
へと繋がってしまうことも多々あるということは
私自身の経験からも痛感しているところです。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■あきらめず、自分ができる範囲で行動する
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

現在、ある技術系企業の女性活躍推進プロジェクトに
携わり5年目となる企業様において、
全女性社員の皆様おひとりおひとりと1on1ミーティングに
取り組ませていただいている真っ最中です。

その中でも、人一倍熱心に会社全体の
生産性向上を目指して積極的に周囲へ意識調査を
行ったり、独自のシステムを試験的に導入して
業務効率化に取り組んでいる女性がいるのですが、
やはり今とても孤独感を感じていると
打ち明けてくださったのです。

彼女は今まさに、組織全体の業務改善につながる
新規プロジェクトを立ち上げることについて
同じ立場の女性社員に対して広く意見を求めたところ、
賛成が3割に満たなかったことで自信を喪失
している状態でした。

落ち込む彼女に、私はこんな風にお伝えしました。

「3割弱の人たちが賛成していることは
むしろすごいことだと思いますよ!

私自身もよくやっていたのですが、
まずは賛成してくださっている皆さんと一緒に
スモールスタートを切ってみるのも
1つかと思いました。

PDCAを回して、少しずつでも結果を出せば
その姿を見た周囲も意識が変わって、一緒に
行動してくれる仲間も増えるかもしれません」

この話を聞いた女性は、
「あきらめずに、まずは行動あるのみですね!」
と明るい表情でおっしゃってくださったので、
私はほっと胸をなでおろした次第です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■あきらめずに行動することが、D&I推進へつながる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

長期間、主に男性視点で運営されてきた組織に
新しい視点や考え方、働き方を広げていくためには、
マイノリティの立場の人たちの取り組みから生まれる
結果や成果が欠かせません。

特に、技術系企業に特化したD&I推進で
3,000名以上の方と関わっている私は、

「男性管理職8割超の組織のD&I推進のキーパーソンは、
マイノリティの立場の中でも最大多数である女性、
その中でも女性リーダー・女性管理職である」

と、確信しています。

しかし、これまでお伝えした通り、そういった組織では
女性リーダーはまだまだ数も少ないのが実態です。

日常のマネジメント業務の傍らで、

「女性社員のロールモデルとして行動して欲しい」
「ダイバーシティ推進について意識して欲しい」
「次世代女性リーダーを育成して欲しい」

そんな会社からの期待もたった一人で背負っている
といった方も少なくないため、不安や孤独感を
感じやすいのは不可抗力かもしれません。

しかし、あきらめずに取り組まなければ、
D&I推進にはつながらないことも事実だと思います。

どうしてもつらくなった時に思い出していただきたいのが
「しなやか姿勢の5原則」の原則3、

●まずは自分が今できることに全力で取り組む

です。

例え新しい挑戦に対する反発に遭っても、
そこに屈せず、組織のために取り組むべき課題であれば
自分ができる事を全力で、あきらめずに取り組むことが、
結果として、会社全体がより良くなる突破口になるはずです。

そういった意味でも、しなやか姿勢の原則3を持つ
リーダーの存在が、組織のD&Iを進める上では
非常に重要であると私は考えています。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • キャリア開発
  • リーダーシップ
  • マネジメント

◆技術系企業D&I突破口となる次世代リーダー・女性管理職を育成

元NTT女性管理職10年、約500名のSE部門における人事育成担当3年の豊富な現場経験を持ち、技術系企業D&Iの突破口となる女性管理職育成を中心とした「技術系企業ダイバーシティ経営の推進」を専門にサポート。

細木聡子(ホソキアキコ) 株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/中小企業診断士

細木聡子
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

このプロフェッショナルの関連情報

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム